FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

正木檪蔭事績碑
DSC05953.jpg
(東京都足立区・氷川神社)

正木檪蔭事績碑(まさきれきいんじせきひ)

宝暦元年(1751)に千住宿で開塾した「群雀堂(ぐんじゃくどう)」の二代目塾主、正木大助の生涯についての碑である。
父昌房が千住に居住し、地域の子供たちの教育を行うようになった由来を記している。
その末子として宝暦12年(1762)元旦に生まれた大助は幼いころから学問に秀で、12歳にて塾主を継ぎ、母や姉の死や貧苦を乗り越えてますます勉学に力を入れ、これを慕って学ぶものが日に百人余りを越えていたということや、66歳で剃髪した後も、多くの人々の尊敬を受け清白とした生活を送っていた様子などが述べられている。
大助は天保12年(1841)12月、80歳にして死去するが、死去間近には幕府代官中村八太夫が、その評判を聞いて見舞い、大助の死後、老妻は扶持米を支給され、息子建には銀五錠の褒章が与えられたことも記されている。
この事績碑は、塾主三代目を継いだ息子正木建の撰文によるもので、嘉永5年(1852)に建立されたものである。
寺子屋教育の様子を物語る貴重な資料である。
平成2年1月、足立区有形文化財に登録された。

平成7年3月
東京都足立区教育委員会

(説明板より)

正木檪蔭事績碑

スポンサーサイト



史跡 | 15:15:57 | Trackback(0) | Comments(0)
東京・綾瀬~北千住の旅
昨晩は友人に会うため東京泊。
さて、真っ直ぐ家に帰るのはもったいないという“悪い虫”が騒ぎ、「ぶらり旅」をすることにした。
出発地点は綾瀬駅。
ここから歩くことにする。
まずは北上して「東京武道館」に行ってみる。
DSC05949.jpg
(東京武道館)
“武道館”というから由緒ある古い建物かと思ったら大間違い。
なんという近代的なデザインか・・・アララ・・・
何か銅像でも建っていないかと思ったが残念ながら当てが外れた。
続いて常磐線沿いに東京方面に向かう。
いつも電車の窓から見ている景色の場所を歩く。
線路沿いにずっと歩けるのかと思っていたら、そうは問屋は降ろしてくれない。
結構ジグザグに歩かねばならなかった。
約30分後、綾瀬駅と北千住駅の間の“ある場所”に到着。
DSC05950.jpg

この場所は昭和24年7月6日に当時の国鉄の下山定則総裁の轢死体が発見された場所。
拙者が高校を卒業した頃「下山事件」の本を読み、確かこの頃映画の上映もあり映画を見に行った覚えがある。
もう30年近く前のこと。
現場跡には慰霊碑があるという微かな記憶があり、いつか訪れたいと思っているうち30年近くの年月が経ってしまっていた。
やっと念願かなって訪れる。
慰霊碑は、意外にもかなり小さいものが現場から少し離れた線路沿いに建っていた。
感無量なり。
ここから更に北千住駅に向かう。
特急に乗っていると、あっという間に通過するので近いと思っていたのだが・・・
大事なことを忘れていた。
「荒川」という川が横切って流れているのだ!
DSC05951.jpg
(荒川の鉄橋の下)
ゲゲッ!川のことをすっかり忘れておった。
どうすんの~どうすりゃ向こう岸に渡れるの?
DSC05952.jpg

遠くに車が走っている橋が見える。
車が走っているなら人も歩けるのでは?
今日はことさら暑い!とにかく暑い!
そういう中、汗をビッショリかきながらスーツ姿で荒川沿いを歩く姿。
絶対不審だよなぁ~(笑)
いかにも仕事をサボっているサラリーマンにしか見えないよなぁ~
「千住新橋」を無事渡り、北千住駅から地下鉄千代田線で上野駅へ。
上野駅から常磐線で家に帰ったのだが、つい先ほど歩いた所を車窓から見ると感慨深いというか・・・不思議な気持ち。

旅行 | 09:52:23 | Trackback(0) | Comments(1)