FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

天保山砲台跡
DSC04996.jpg
(鹿児島県鹿児島市)

天保山砲台跡
「撃てエー」天保山砲台什長・鎌田市兵衛の合図で号砲が轟き、錦江湾を威圧していたイギリス艦隊との間に戦いが開始されました。
1863年(文久3年)7月2日(太陽暦8月15日)正午に始まった砲撃戦は、薩軍の必死の戦いで、イギリス側にも大きな損害を与えましたが、わずか3時間で城下は壊滅的な打撃をうけ、最新式アームストロング砲の威力を思い知らされたのです。
天保山砲台は、島津家27代藩主斉興(なりおき)が緊張感高まる対外情勢に備えて着手、1850年(嘉永3年)に竣工しました。
さらに、後を継いだ斉彬(なりあきら)も藩の沿岸各所に砲台を築造、大砲を集成館で作らせ、海防にあてたのです。
天保山で行われた城下士全体の連合調練を、斉彬自らが閲兵するほど、熱心に取り組んだと伝えられています。
薩英戦争で海外の先進技術に目覚めた薩摩藩は、その後イギリスへの留学生派遣を行うなど、西洋技術の吸収につとめました。
当時の砲台のうち、この天保山と祇園之洲(ぎおんのす)に砲台跡があります。

(説明板より)

天保山砲台跡



スポンサーサイト



史跡 | 16:22:24 | Trackback(0) | Comments(2)
九州旅行(5)
さぁ、朝だ!
このホテルを予約したのには理由がある。
このホテルの部屋から桜島がよく見えるのだ!
「おい!桜島だぞ!凄いだろう!」
しかし・・・子供達は起きな~い!
DSC04992.jpg
(部屋から見た桜島、時刻は午前6時28分)
あ~あ~この景色を見せてやりたかったのになぁ~
ホテルをチェックアウトしてまもなく甥っ子が忘れ物に気が付いた。
「おい、部屋はちゃんと確認したんだろ?」
「デジタルカメラを机の引き出しの中に入れておいたのを忘れてた!」
何でそういうことをするかなぁ~
大事なものだからということで引き出しの中に入れておいたというのだが・・・
どうもこいつの思考回路は理解できぬ。
急ぎホテルに戻る。
さて、今日は鹿屋の海上自衛隊基地に向かう。
DSC04993.jpg
(フェリー)
鴨池港から垂水港行きのフェリーに乗る。
「どうだ!フェリーだぞぉ~」
しかし・・・子供達は無感動。
ありゃ、またもや作戦失敗!〈笑)
DSC04994.jpg
(フェリーから見た桜島)
「おい、あれが桜島だ!凄いだろう!」
しかし・・・子供達は無感動。
またもや2連発で失敗。
垂水港から鹿屋までバスで移動。
子供達は・・・寝ている!
こいつらぁ~寝てるかゲームをしているかのどちらかしかしてない。
景色を見ろよ!
全く参るなぁ~
DSC04995.jpg
(海上自衛隊鹿屋航空基地史料館)
ここは拙者が来たかった場所だから・・・・
まぁ~勝手に見てくれと子供達のことは放り出す。
ここには以前、東京の「船の科学館」にあった二式大艇が移転されており、また復元された零戦が展示されている。
昼を過ぎたが、近くに食事をする場所が無い。
なんとも不便な場所だ。
テクテクと歩きハンバーガーショップを見つけ、そこで昼食。
タクシーを拾い近隣を観光。
『旧鹿屋航空基地特別攻撃隊戦没者慰霊碑』『神雷特別攻撃隊別杯の地(野里小学校跡)』『垂水海軍航空隊之碑』を廻る。
全て拙者の趣味!〈笑)
子供達にとっては退屈であったろうが・・・・
フェリーで鹿児島に戻り、徒歩で市内観光をしながらホテルに向かう。
『天保山公園』に着く。
「おじちゃ~ん、鬼ごっこしていい?」
又かよぉ~
子供達は公園を見ると走り回りたがる。
それだけの元気があるなら、もうちょっとしっかりと歩いてもらいたいものなのだが・・・〈笑)
近くに坂本龍馬の新婚旅行の像である『坂本龍馬新婚の旅碑』や『調所広郷の像』がある。
チェックインの時間が迫ってきたので、途中でタクシーを拾い照国神社前のホテルに向かう。
今日の御宿では夕食は部屋食。
最後の晩は少し贅沢をしよう!〈笑〉
「今晩の夕食は部屋食だぞ!御膳が出るんだぞ!凄いだろ~」
ホテル料金は子供料金が適用される。
これがいけなかったか・・・
スリッパ、浴衣は幼児用のものが用意されていた!〈笑〉
一応、小学校高学年って言っておいたんだけどなぁ~
さて、お楽しみの部屋食の夕食。
大人と子供ではメニューが違うのだが・・・
ディズニーのマグカップにオレンジジュースが入っていたのには笑うしかない。
さすがに子供達も「何これ~俺たちを馬鹿にしてるのかぁ~日の丸の旗が立っていたら“お子様ランチ”じゃねぇかよ~」
アララ・・・またもや失敗しちゃったかな?〈笑)
まぁ、いいじゃねぇか、どうせやることが子供なんだし・・・
食事も“お子様ランチ”でいいでしょ。
とはいうものの、御膳は品数豊富。文句はあるまい?
おじちゃんの御膳にはエビフライは載ってないけど、お前たちの御膳にはエビフライが載っているんだから・・・文句言うな!〈笑)
風呂は大浴場。
「さぁ~もう寝ろ!」って言っても聞きやしない。
何でこんなに元気なのかねぇ~
いい加減疲れて早々と寝てもいいと思うのだが・・・・

旅行 | 15:08:26 | Trackback(0) | Comments(1)