FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

コンサルタントの依頼を受ける
今日は元同業者の社長さんに呼ばれて会社を訪問する。
拙者の会社と同時期にISO9001:2000を取得したのだが、その後の維持管理に苦労しているという。
そこで、拙者が呼び出された。
ISOを維持管理するコンサルタントをしてもらえないかとの事。
今年で取得3年目。継続審査を受けるという。
そうかぁ~もう3年も経つのかぁ~
拙者のところは取得1年目のサーベイランス後に廃業しちゃったからなぁ~
でも、この時の不適合の指摘は1件。
審査員には「10件ぐらいは指摘件数が出るかと思ったのに・・・」と驚かれた。
そりゃそうだ。ISOの取得は全て拙者一人でやって最短の4ヶ月で取得したんだから・・・・
しかも、楽して継続することばかり考えて作ったので、普段の仕事がそのままISOの要求事項に適合するようにした。
そのため、従業員はISOに関しては殆ど苦労せず、本来の業務に集中させることが出来たのだ。
拙者は、それが本来の形のISOの導入だと思っている。
ISOの定期監査のための書類整備等で本来の業務が阻害されるなんて本末転倒でしょ?

そういう実績を評価され(?)、今回、お声がかかったのです。
さて、どこまで出来るか・・・正直言って自信はないのだが・・・やってみるか!
社長は何とかISOを定着したいと思っている。
しかし、工場長は拙者から指示を出されても従業員が反乱を起こすだろうと、引っ掻き回されることを懸念している。
定着してようと定着してなかろうが、今のままでいいんじゃないかと思っているらしい。
問題の従業員は・・・・全くやる気がないとのことらしい。

でもね。拙者のコンサルタントのやり方はちょっと違うんですよね~
経営者としてISOの導入で苦労した経験があるから、経営者と従業員の温度差はよ~くわかる。
さて、拙者のやり方がこの会社に通用するか・・・
そう思ったら、胸ワクワク!
今日は品質保証の担当者が不在ということなので、工場内の見学と、社長、工場長との面談に終わる。
次回、品質保証部門と会議を開いて・・・どうやるか決めることとする。

社長から「給料は、どうしようか?」と言われたので・・・
「適当に決めて頂戴!」(笑)
だって、金額なんてどうでもいいんだもん!
人の役に立つなら嬉しいしねぇ~
「それじゃ困る」と言われても・・・
「こっちも困る!」(笑)

スポンサーサイト



日記 | 23:40:58 | Trackback(0) | Comments(0)