FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

序列
昨年の暮に『戦車第二師団の会』の会員名簿を作成して会員のみなさんにお送りした。
その名簿には戦車第2師団に戦地で配属になった各種部隊のリストを載せた編成表も挿入したのだが・・・・

今日になって、会員の方からお電話を頂いた。
「私の部隊がリストに載っておらんのだが・・・」
「えっ?そんなはずはないのですが・・・」
電話を切って調べてみたら、ちゃんと載っていたので、改めて拙者からお電話をした。
「ちゃんと、編成表の下の方に載せていますけど・・・」
「えっ?下の方に載っている?あのね・・・・」
「なんでしょう?」
「うちの部隊は方面軍が編成した部隊なんですよ。本来ならば・・・」
ここまで聞けば・・・もうわかる!
「あれれ????」
「でしょ?あんたにはわからんかもしれんが、ちょっと、細かいことを言うようだけど・・・うちの部隊名が○○部隊の下に書いてあるっていうのはねぇ・・・なんだねぇ~・・・これ」
「すみません!申し訳ございません!うっかりしておりました!」

上に書いてあろうと下に書いてあろうと、どうでもいいじゃねぇか・・・なんて思ってはいけません。
軍隊は「序列」が大事なのです。
自分の部隊が格下に扱われるというのは許しがたいこと。

「若いあんたにうるさいことを言っては申し訳ないけど・・・まぁ、わかってもらえたらそれでいいです」という程度で許してもらえたが・・・
これが同世代だったら切腹ものです。

「次回、改訂版発行の時には必ず編成表の序列を直しておきます」とは言ったものの・・・・
それまで、この方には長生きしてもらわねばならぬ。
改訂版発行前に亡くなられたら・・・・どうしよう!
なんというドジを踏んでしまったのか!
大失敗しちゃっった!

スポンサーサイト



日記 | 22:00:47 | Trackback(0) | Comments(0)
陸軍よもやま物語
陸軍よもやま物語―用語で綴るイラスト・エッセイ 陸軍よもやま物語―用語で綴るイラスト・エッセイ
棟田 博 (1993/04)
光人社
この商品の詳細を見る


この本の著者は、歩兵第10連隊におられた方。
兵営や戦場での出来事や、陸軍の専門用語などがたくさん載っており、読んでいて楽しい。
ましてや歩兵第10連隊でのエピソードが語られているのですから・・・
この部隊は祖父の部隊と同じ第10師団(鉄兵団)所属の部隊。
なぜか、懐かしい・・・

惜しむべくは、筆者は昭和63年4月にお亡くなりになっているということ。
もう、こういう話を書いてくれる人は今後はもう出てこないだろう。
そう思うと、なんとも寂しい。

読書 | 17:21:58 | Trackback(0) | Comments(2)