FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

伊58潜帰投せり
伊58潜帰投せり 伊58潜帰投せり
橋本 以行 (2001/01)
学習研究社

この商品の詳細を見る


伊号第58潜水艦の戦歴だけを綴った本かと思ったら、その他の主だった日本海軍潜水艦の活躍や最後の様子などの消息も書かれている。
また回天特別攻撃隊についてもその活躍振りがよく書かれていた。
この本は日本海軍の潜水艦戦史の一つといえよう。

しかし・・・
何が腹が立つって、潜水艦改良の遅れ。
内地にいる“お偉いさん”は、なんだかんだと「出来ない」理由を並べて潜水艦の改善や作戦の改善を遅らせる。
レーダーは試作品で正式採用前だから搭載させないとか・・・
おかげで日本海軍の潜水艦の損害は増すばかり。
前線と後方では、こんなにも温度差があるのか。
これじゃアメリカに勝てっこない。
もう少し早く手を打てば、沈まずに済んだ潜水艦も多かったろうに。
もっと活躍できたろうに・・・・・
本気で戦っていたのかね?偉い人達は・・・・
最前線の将兵だけじゃないか?

今も昔も変わらない・・・・
大きな組織になると“お偉いさん”は本気じゃない。
主任だの課長だの部長だの・・・屁理屈こねてさっぱり動かん!
今も昔も同じだ。
違うのは・・・人の命がかかっていないという事だけ。
頭の中身は同じだ。

スポンサーサイト



読書 | 19:34:56 | Trackback(0) | Comments(0)