FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

運は強いのか弱いのか?
(社)茨城原子力協議会から箱らしきものが入った封書が届いた。
何だろう?
開けてみたら・・・これ。
懸賞
(懸賞品)
シリコンラップ?
同封の手紙を読んでみたら、原子力広報誌のクロスワードパズル当選のお知らせ。
ん?そういえば・・・暇に任せてそんな葉書を送ったような・・・
184名の正解者の中から選ばれたそうな。
それで、賞品として「シリコンラップ」なるものが届けられたのだ。
やった!

12日に騎兵第15連隊将校団の総会に出席するので、同行する母や叔母の分も含めて切符を買いに行く。
ついでに過去に購入して封も開けていない宝くじをかき集めて持参。
帰りに宝くじ売り場で当選金と交換。
全部で4束40枚。当選金は1200円。
つまり、全部「はずれ」!
「残念でしたねぇ~」と売り場の人に言われてしまった!

クロスワードパズルでは当選するのに、宝くじは当たらない。
運が強いのか弱いのか、さっぱりわからん。
それともクロスワードパズルで運を使ってしまったのか?




日記 | 21:03:22 | Trackback(0) | Comments(0)
書類作りの一日
今日は一日中パソコンで書類作りをする。

まずは、マニラ東方高地への慰霊の旅。
この旅程案を作成。
同行する”石川さん”の希望も入れて、また拙者の経験も加えて、出来るだけ体に負担を掛けない内容に・・・といろいろ考えてみる。
何とか作り上げて、いつも利用している旅行社にFAX。
電話で更に詳細を打ち合わせして、とりあえず急ぎ航空券の手配を頼む。

続いて、今まで遅れに遅れていた法人会の史跡探訪ブログに載せる史跡探訪報告書を作成。
写真に撮ってきた石碑の碑文を読んで書くのだが、これが一仕事。
明治に建てられた石碑の碑文は漢文。旧漢字まじりで、しかも判読しづらい文字がいくつもある。
これは一体何という文字なんだろうか・・・頭を抱えながらの作業。
さんざん時間をかけて読んでみたが、結局判読不明の文字がある石碑はボツ!資料として役に立たないようなものはボツ!
これはやむを得ない。
結果的にボツになる石碑のおかげで普段以上に疲れた。
もっと読みやすい石碑を建ててくれ~

日中さんざんパソコンをいじってクタクタだったのだが・・・
夜、”ウメちゃん”の会社へ行ってHPをいじる。
更に新しいコンテンツを増やさねば・・・・
母がまたまた4日間の抗癌治療のため東京へ行っていて留守。
というわけで、夕食に付き合ってもらったのだが、「いつもお世話になっているから」と言って、またまたご馳走になってしまった。
かぶと焼き
(魚のかぶと焼き)
今回は私が好きな「魚のかぶと焼き」に「あら汁」を付けて定食にしてもらうという贅沢な夕食。
支払いは”ウメちゃん”・・・・申し訳なし!
拙者は魚の目玉の周りのトロトロっとしたところが好きなのだが、”ウメちゃん”は反対にその部分が大嫌い。
魚の目玉の部分を口の中でコロコロ転がしているんだから、彼はさぞかし気分が悪かったろうなぁ~ゴメンねぇ~

日記 | 20:20:43 | Trackback(0) | Comments(0)
佃煮
天正8年、徳川家康が関東に下降した時、摂津国西成郡佃村の名主森孫右衛門以下33人を江戸に移住させました。
この人たちが、正保2年に鉄砲州の東の干潟を賜ってここに築島し、郷土の名をとって『佃島』と名付けました。
この佃島に郷土の守護神である住吉神社の分霊を祀り、信者の方々で万人講が興りました。
この時、『田中屋』初代源右衛門が土で造ったかまどで雑魚類を煮て、万人講の皆さんに『佃煮』と称して披露したのが『佃煮』の初めだといわれています。

雑記メモ | 13:42:57 | Trackback(0) | Comments(0)
友人の墓参り
今日は公私の付き合いがあった”木村さん”の墓参りに行く。
彼はISOの審査会社の営業マン。
飛び込み営業で我社に来たのがそもそもの始まり。
グッドタイミングで、ISO9000を取得することにした。
「普通で1年半、頑張っても半年でとれるかどうかですよ」と言われたが、従業員には関与させず私一人でやったせいなのか、前代未聞の4ヶ月で取得した。
「コンサルタントができるんじゃないですか?」とからかわれたのが思い出として残っている。
その後、個人的にも仕事を離れて一緒に酒を飲む仲となったのだが、昨年の10月1日に突然心筋梗塞で亡くなった。
ちょうど私が廃業を決め、毎日取引先との打ち合わせや作り貯めのための増産でバタバタしていた時だ。
「折角ISOを取ったのに~」と言われるだろうなと思い、全てが済んでから報告して事後の相談を兼ねて酒を一緒に飲もうと思っていたのに・・・なんとも残念。

あれからもう1年経つのか・・・なんと早いことか。
命日にはアルバイトがあって行けなかったので今日になってしまった。
申し訳ない。
もう一度一緒に酒を飲みたかったなぁ~

日記 | 22:31:45 | Trackback(0) | Comments(0)
慰霊の旅の打ち合わせ
同じ市内に在住の”石川さん”親子が我家を訪問。
”石川さん”はマニラ東方高地で戦没されたマニラ高射砲司令部付の方の御遺族。
以前から戦没状況の調査をしてきたが、全くと言っていいほど記録や資料が残っていないため満足した報告ができないでいる。
戦死する4ヶ月前に居た陣地の場所までは突き止めたが、そこからどこへ行ったのやら・・・・そこで戦死したのか?
同じ場所に4ヶ月も居たのだろか?
なんとしてもわからない。

今回、今月末にフィリピンへ行こうかとフト思い立ったので、お誘いした結果、今日の打ち合わせとなった。
出来るだけ無駄のないような動きをして3泊4日の行程を計画。
現地に建立されている慰霊碑2箇所で”石川さん”の慰霊をしよう。
戦死4ヶ月前に居た山まで行けたらお連れしたい。
どんな所で戦っていたのかを御遺族に見てもらえたらお亡くなりになった方も喜んでくれるのではないだろうか?
「俺はこういうところで戦っていたんだぞ!」と言いたいに違いないと思う。
家族にも誰にも知られず異国で死んでいくなんて、これでは浮ばれまい?
何とかして霊を慰めてあげなくては・・・
至れり尽くせりとはいかないかもしれないが、ご満足いただけるような旅を計画しなければ・・・う~ん、責任重大だぞ!

日記 | 23:01:44 | Trackback(0) | Comments(0)
機械は苦手
藤原素子さんの後援会会費を振り込みに郵便局に行く。
「この用紙ですと、手数料がかかります」と局員さん。
はい、いいですよ。
「窓口ですと100円かかるんですが、機械だと60円なんで、機械で振り込んだほうがいいと思いますよ」と局員さん。
ゲゲッ!機械を使うの?
ATMっていうの?あの機械・・・苦手なんですよ~。
結局、局員さんに立ち会ってもらって操作。
操作って言っても拙者が操作するんじゃなくて、局員さんがボタンを押して操作してくれたのである。
これじゃ窓口でやるのと変わらないんじゃない?
お手数をおかけしてるんじゃない?
申し訳なし!本当に申し訳ない!
拙者が横で「へぇ~、ほぉ~」って言っている間に送金完了。
自分では何もせず、40円も安くしてもらっちゃった。
本当に申し訳ございませんでした!

日記 | 23:29:19 | Trackback(0) | Comments(0)
水道工事?
今日もまた里美村の現場。
井戸から配管して、これにスプリンクラーを取り付けて花の苗に散水しようという試み。
本気で10万本の苗を育てるならホースで散水していたのでは手間がかかる。
スプリンクラーのほうがいいに決まっているが、なにせ金がない。
設備投資する資金がないそうなので、自分たちで工夫して自作するしかない。
作業の主体は”フクちゃん”
拙者は後輩にもかかわらず「がんばれ~」と応援する程度のお手伝い。
戦力になっているのか邪魔してるのか・・・
”フクちゃん”としては一人で寂しく作業するよりは拙者が加わったほうが楽しいでしょ?
・・・と勝手に解釈していますが・・・どうでしょう?
配管工事
(配管工事)
本管埋設用の溝を掘り、塩ビパイプを繋いで、あ~でもねぇ、こ~でもねぇと言いながら何とか形になったか?
この後、実験的に1本支管を作って、それにホースを繋いで、その先にスプリンクラーを取り付ける。
井戸ポンプ始動!
水漏れなし!
配管大成功!
スプリンクラーは・・・あれ?
水がジョボジョボ・・・何、これ?
配管の中のゴミが詰まったらしい。
分解!
清掃!
これを繰り返し、無事に実験は大成功。
この後は、支管を何本作るかだが・・・
ありゃ~、ここから先はレイアウトが決まってないらしい。
夕方になったので、作業はここまで。
解散!



日記 | 23:52:39 | Trackback(0) | Comments(0)
吉野葛の葛餅
吉野葛は奈良時代より食用にされていたもので、奈良県吉野郡吉野町国栖地方が発祥の地と伝えられている。
くずわふじの葛根より採集したでんぷんを寒晒にして自然乾燥したものが葛粉。
この葛粉を水でゆっくりと溶かし砂糖を加えて焚き、それを固く練ったものが別名「葛練り」とも言われる「葛餅」
その作り方は江戸時代の料理物語にも記されており、当時の茶会に葛餅を用いたという話もあるという。

雑記メモ | 14:51:59 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ