FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

戦没者遺族に手紙を書く
今日は1日中読書。2冊目をやっと読み終える。
夜になって同じ市内在住で戦没者遺族の”石川さん”に手紙を書く。
今年の初めに拙者のHPを見て戦死されたお父様についての調査依頼に自宅まで会いに来てくれた方である。
マニラ東方高地で戦没したらしいのだが、所属部隊も戦死した正確な場所もわからないという。
そこで調べてみたところ静岡県浜松市の高射砲学校を卒業後、フィリピンへ行きマニラ高射砲司令部に配属になって戦死したことまではわかった。
高射砲学校のことや軍隊のことも書いて”報告書”を作成してお送りしたのが今年の春。
お手紙を頂いたが、その後返事を出さぬままに半年が過ぎてしまった。
その後も調べていたのだが、この部隊は戦史から忽然と消えてしまっている。
どこでどうなったのやらわからない。
現地に慰霊に行ってみたいとおっしゃっていたのだが・・・・

なにせ何件も調査の依頼を抱えていると、どうしても誰のものをどこまで調べたのかわからなくなってしまう。
あれよあれよと言う間に半年もご無沙汰してしまった。
こりゃいかん!
今回は関係地図も作って手紙を書く。
もし可能なら現地にもご案内しようと思い旅行の計画も作ってみた。
「戦死したのはこの場所です」とは言えないが、どういう場所で戦っていたのか、その景色を見ていただくことで納得してもらうしかない。
亡くなられた方にも、近くまで御遺族を案内することで納得していただき成仏してもらうしかない。
なんとも残念だ。もう少し範囲を絞れるといいのだが・・・

それにしても手紙を書くというのは拙者にとってはすごく苦痛なのだ。
自筆で書かねば失礼かとは思うのだが、そうするとなかなか筆が進まぬ。何ヶ月かかっても書けない。
やむを得ずパソコンを使って書いてしまうのだが、それでも何時間もかかってしまう。
はぁ~どうしてこう文才がないのだろうか?
サラサラッと手紙が書ける才能が欲しい!

スポンサーサイト



日記 | 23:51:31 | Trackback(0) | Comments(2)