FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

本を読まねば!
さて、今日はよく郵便物が届く日だった。

まず、先日調査依頼をした”近藤さん”からお手紙と資料が届く。
早速、御礼のお電話をするとともに、メールを下さった方に調査の中間報告のメールを送る。

続いて、先日お電話を頂いた三重県の”杉谷さん”から本が届く。
自分の所属した部隊の「全滅の記録」である。
パラパラとめくってみたが、これは凄い!
出版社が「出版しましょうよ~」と言うのも頷けそうだ。
じっくり時間をかけて読まねば!
早速御礼のお電話を入れる。
なんと、この方は若かりし頃、仕事で私の住む町に何度も来たことがあるという。
なんというご縁なのだろうか。
「若い世代に引き継いでもらいたい」ということで本をお送りくださったそうな。
ご指名を頂き感謝!

更に、突然1冊の本が届く。
これまた戦友会の会員の方で、お手紙を読んでみると、私の祖父と昔(たぶん昭和54年頃)フィリピンへの慰霊団で一緒だったという方だった。祖父はこの時1回しかフィリピンには行ったことはないはずだが、この方は17回訪比しているという。
体力の限界を感じ、6年前に行ったのが最後だという。
あの人のお孫さんならば・・・ということで自分が執筆した本をお送りくださったのだそうだ。
東京の”野村さん”83歳。機動砲兵第2連隊の戦友である。
奥様が3年前から寝たきりのため一人で介護をされているそうだ。
そのため、遠出も出来ず戦友会にも出られないとおっしゃる。
いやぁ~83歳で介護をするというのは大変だぁ。
お体を壊さなければ良いのだが・・・

この他に、以前、野砲兵第10連隊の”花岡さん”から送っていただいた「連隊史」が、まだ読み終えていない状態でいる。
更には、今回のミンダナオ島の調査のため自費出版図書館から取り寄せの手続きをした本が近日中に届く予定なのだ。
こりゃ参ったぞ!
次々と本が溜まっていく。
もうパソコンなんかいじっているどころではない。
本を読まねば!

スポンサーサイト



日記 | 23:34:05 | Trackback(0) | Comments(3)