■プロフィール

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
56歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
歯医者さんに行く
今日は友人で歯医者さんの”キタミ先生”の所へ行く。
半年に1回、定期的に歯の手入れをしてもらっているのだ。
虫歯があるかどうかチェックして、歯石を取り除いてもらう。
半年に1回手入れをしてもらっているのに、どうしても歯石はついちゃうんだよねぇ~
先生に歯石を取ってもらうなんて申し訳ないのだが・・・
『脱藩浪士』は歯が命なのだ。


スポンサーサイト
日記 | 22:49:29 | Trackback(0) | Comments(0)
お洗濯!
目覚めてみると、今日は珍しく晴れている。
久しぶりの晴れ!心地よい風も吹いている。
この時を逃してはなるまい。
ベッドのシーツから枕カバーから何でもかんでも洗濯機に放り込んで洗濯!
ベッドのマットもひっくり返して、窓際に立てかけて乾燥!
よし!
・・・と思ったら、洗濯物を干す頃には雲行きが怪しくなってきた。
オイ、オイ、それはないだろう~
普段やらないことをやっちゃったせいなのか?
午後になり晴れ間が戻ってきてくれたので助かった。
今日は洗濯とタンスの中を少し整理する。
何年も着ていない服もあるのだが、これが中々棄てられないのだ。
どうせ着ることはないだろうに・・・処分できないでいる。
それでも、少しは片付いたから、今日は充実した一日だったと言ってよかろう?

日記 | 21:09:51 | Trackback(0) | Comments(0)
久しぶりの仕事
カツ丼

今日は久しぶりに”ヒロさん”のホームページ更新の仕事が入った。
業者が作れば見栄えの良いものが出来るのだろうが、果たして何十万円もかけて効果が出るかどうかわからないものを作るというのはいかがなものか。
そういうわけで、業者の十分の一程度の予算でホームページを作ってあげた。
大事なのは中身なのだが、これまた業者が更新すると1件何千円も取ると言うではないか。
それでは長続きするわけがない。
これまた格安の手間賃でデータの更新作業を請け負うことにした。
ほとんどタダ同然で、これではボランティアじゃないかと人からは笑われているが、それでもいいのだ。
少しでもお役に立ち喜んでいただけるならそれでよい。
その代わりお昼は毎回ご馳走になる。
カツ丼!毎回カツ丼!
私の好物なのだ。これをご馳走してもらうだけで幸せ!

日記 | 18:03:44 | Trackback(0) | Comments(0)
意を汲む?
昨日に続いて河原井さんから葉書が届いた。
「字が思うように書けない」と言っていたが、確かに弱々しい筆跡。
にも拘らず、わざわざ葉書を書いてくれたのだ。
ありがたい!申し訳ない!
しかし・・・その葉書に駅から自宅までの地図が手書きで書かれている。
これは何を意味するのか?
大本営特殊情報部で米軍の暗号解読を担当していた方だけに、これは暗号かもしれないぞ。
常陸の国から京都まで拙者に来てくれと言うのは悪いと思って、地図を書き込んでおくことで「会いに来てくれ」と言っているのじゃあるまいか?
ならば会いに行かねば!
しかし、これが勘違いだったら・・・いい迷惑だろうなぁ~
意を汲むというのはなかなか難しい。
我輩は優秀な暗号解読者になれるかな?


日記 | 00:40:07 | Trackback(0) | Comments(0)
22年ぶりの再会?
先日、東京の銀座で行われた藤原素子さんのシャンソンライブコンサートに行ってきた。
そのコンサートのギタリストの方が私を見て「アメリカで知り合った人に似ている」と藤原さんに言ったそうだ。
帰宅後メールでそのことを知らされたのだが・・・・
確かに22年前にアメリカのシアトルにいたことはある。
しかし・・・・彼のことは記憶にはない。
名前を聞いても何も思い出せない。
顔を見たときに、どこかで会った事があるような気はしたが、気のせいかもしれない。
そのことをメールで彼女に伝えたら・・・
「シアトルにいたなら間違いない」って言っていますとのこと。
ええっ!我輩のことをご存知か!
どこで会ったんだろう?
それにしても、こんな偶然ってあるのだろうか?
22年ぶりの再会か?
次回お会いするのが楽しみだ。
彼は私に関してどんな記憶があるのだろうか?
是非聞いてみたいなぁ~

日記 | 20:30:49 | Trackback(0) | Comments(0)
郵便物が届く
思いがけない人から郵便物が届いた。
中を開けたら京都伏見の昔のタウン誌。
1995年~96年のものが7冊。
送り主は京都伏見に在住で戦時中は大本営特殊情報部員だった河原井さん。
手紙が入っていないので、どういう趣旨でこれを送りくださったのかと色々想像する。
7冊のタウン誌に共通しているのは歴史に関する特集記事が載っていること。
さては・・・これだな!
早速御礼のお電話をする。
初めてお会いした2年前と比べるとかなりお弱りになられた由。
「手紙も書けなくなった・・・」とのこと。
まめにお手紙を下さった方なので、書けないというのが余程辛いらしい。
「お送りくださったのは歴史好きの私を思ってのことでしょう?」と言ったら図星だったらしい。
受話器の向こうから嬉しそうな声が聞こえた。
「こりゃ、伏見に行かねばなりませんね!」
またまた嬉しそうな声。
一度お宅にお邪魔したことがあるがそれ以来お会いしていない。
どうせ『脱藩浪士』の身。時間は自由。
久しぶりに京都へ会いに行こうかな?

日記 | 00:54:25 | Trackback(0) | Comments(0)
慰霊塔
ireihi

<碑文>
太平洋に臨み多賀山地を背にして鮎川の両岸に成沢油縄子諏訪の大字三部落がありその一隅に忠魂碑があった
その碑は旧鮎川村出身の戦没者の霊を慰めるため大正年間建立されたものである
然るにその碑は昭和二十年八月終戦直後の混乱の中で姿を消したのである
爾来二十余年多賀町の一部となっていた鮎川地区はその後日立市と合併し今や発展の中心となりその様相は年と共に変貌しつつある
此の時にあたって旧鮎川村の有志相計り昨年八月戦没者顕彰会を結成し新たに慰霊塔を建立することを決議した
それは多くの人の心に迎えられ多額の浄財もまた寄せられた
事業は順調に進み明治百年の今年茲に荘厳な慰霊塔の建立をみるに至ったのである
此の地区に生を享けた多数の住民に代り西南の役をはじめ日清日露の両役満洲日華等の各事変太平洋戦争と幾多の戦役に従軍し或は又戦災にあうなどして尊い一命を捧げた戦没者は180名に達している
これらの犠牲者又その遺族の事に思いを馳せる時この地に安住する者は平和な郷土に波乱を呼んだその折々の厳しい現実を想起すると共に戦没者の霊に敬虔な祈りを捧げないではいられない
今や世界の平和を願う声は愈強く身命を捧げた犠牲者の悲願であった永遠の平和は人類共通の課題となっている
風光明媚な故山を後に再び帰る事のなかった戦没者の霊を慰めその悲願を察する事は祖国の再建を願う者務めでなければならない
戦没者の誰もが生前訪れたであろう由緒深いここ諏訪梅林の傍にこの慰霊塔が建立された事を機会に戦没者の悲願が人々の胸に甦えるならばその霊も亦安らかであろう
茲に慰霊塔建立の意義を明察してその由来を記して碑文とする
昭和四十三年三月二十日
茨城大学教授 瀬谷義彦 撰文
日立市旧鮎川村地区戦没者顕彰会々長 嶋崎秀俊 謹書

慰霊塔

史跡 | 22:12:51 | Trackback(0) | Comments(0)
玉簾の滝
tamadare


「たまだれ」の滝という。
徳川光圀がここを訪れた時に滝の中に観音菩薩を霊感したという。
隣の玉簾寺は光圀が建立したものだが、何故か境内一帯は撮影禁止。
観光客は立ち入り禁止との表札が建っている。
境内から見る滝が絶好の撮影ポイントと思われるが、そういうことでダメなので、道路脇から撮影。
由来を説明する看板もないので、お勉強にはならないなぁ~
玉簾の滝

史跡 | 20:18:11 | Trackback(0) | Comments(0)
ブログに挑戦
昨年末に実質事業を終了して自主廃業としたが・・・
あっという間に半年が過ぎてしまった。
月日の過ぎる速さには、さすがに驚く。
このままではイカン!
ボケ~っとしていてはイカン!
今日は(社)日立法人会の事務局に遊びに行く。
自主廃業をしたとは言え、まだ社名だけは公式には残しておるのだ。
まだ会員としての籍は残っておるのだ。
(異常だとは思うけど・・・)
そこで『ブログ』の話を聞いた。
試しに挑戦してみるか?どうせ暇だし・・・・
『ブログ』を書くことで少しは充実した日々を送るように心がけるようになるかも・・・・
よ~し、やってみるか!
というわけで、今日から『ブログ』に挑戦する。


日記 | 00:15:43 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。