■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
56歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
支部長と昼食
今日は、我が大学の同窓会の県支部長が、所用で我が町に来るという。
拙者の隣り町なのだが、近くに行くので昼食でもどうかとお誘いを頂いた。
こんな嬉しい話はない!(大喜)

いつも、年に1回の同窓会総会の集まりと、その打ち合わせのための役員会議の時にしかお会いしないのである。
今までプライベートな話など全くと言っていいほどしたことがない。
いつも事務的に役員としての打ち合わせだけである。
特に拙者は、そういう性格なので・・・ついつい事務的になってしまう。

今回、「近くに行くから・・・」と声をかけていただけるとは感激である。
拙者の“存在”を認めていただいている・・・という喜び・・・
こんな嬉しいことはない。

支部長が参加する会合の時間まで、昼食を食べながら、おしゃべり・・・
楽しい時間を過ごす。
事務的に事を処理したがる拙者の性格は、どうも治らない・・・(大笑)
ついつい、今年の同窓会総会の打ち合わせになってしまう。(大笑)
その割には・・・昨年の総会の後に打ち合わせた内容をすっかり忘れてしまっている!(大汗)
え~と・・・今年の同窓会はいつ開催する予定でしたっけ?(苦笑)

こりゃ駄目だ・・・
どこかにメモしたはずなのだが、年が変わり新しい手帳にしたので、昨年の手帳は自宅に置いてきてしまった!(大汗)
「同窓会」専用のメモ帳を作っておくべきだったな・・・反省、反省・・・・

声をかけていただき、引っ張り出していただき感謝、感謝である。
世代を越えた「同窓生」というコミュニケーションは、こうでなくっちゃ!(笑)
支部長のお声がけで、いい時間が過ごせた。

スポンサーサイト
日記 | 20:03:23 | Comments(0)
教育実習の思い出・・・
本棚を整理していたら、懐かしいものが出てきた。(驚)
拙者は大学生時代に母校の中学校へ社会科の“先生”として教育実習に行ったのだが・・・
その時の教え子たちが書いてくれた手紙!(笑)
クリアーファイルに入れたまま本棚に置きっぱなしで・・・30数年・・・・(大笑)
タイムカプセル状態になっていた!(大笑)

当時、拙者は22歳ぐらいだったと思う。
で・・・生徒たちは、中学2年の13歳ぐらい・・・

読み返してみると、面白い・・・
まず異口同音に書いているのが、拙者の第一印象・・・(苦笑)
「怖い先生」というのが圧倒的に多い。(大笑)
「最初に見た時に根暗で怖い先生だなと思いました」などと書いてある・・・(大笑)
参ったなぁ~・・・である。

「教育実習の先生は女の先生が良いなと思ったら男だったのでがっかりした」と書いている生徒もいた・・・(大笑)

彼らの手紙から、教育実習の期間が2週間だったことがわかった。
そんなに短かったっけ?(苦笑)
「2週間でお別れというのは寂しい」とか・・・
「今の担任の先生を追い出して早く担任になってください」とか・・・(笑)
嬉しい言葉が最後に並んでいる。
う~ん・・・うまく最後をまとめたものである。(大笑)
最初に“落として”おいて・・・最後に“持ち上げる”なんぞ・・・大したものである。

女子生徒の中には的確に拙者を分析して、将来、先生になるにあたっての注意事項を書いている生徒もいた。
大した分析である。
とても13歳前後の子供が書いたとは思えない内容なのである!(驚)
この子のほうが先生に向いているような気がする。(笑)

拙者は、どうも授業中に海外旅行の話をしたらしい。
それも、かなり長く・・・・
「海外の話はとても面白く、それで授業が潰れたのが嬉しかった」と書いている子が何人かいた・・・(大笑)
え?授業を潰した?
拙者はキッチリと授業をした記憶しか残っていないのだが・・・(苦笑)
大学の海外研修団員として、アジア各地を訪問した時の話をしたのだと思う。
が・・・授業を潰してしまうほどの長話をしたのか?(大汗)

これらの手紙を読んでいて後悔していることが一つだけある。
彼らの中には、「先生の住所を教えてください」とか「手紙をください」と言って、自分の住所を書いている子が何人もいたのである。
が・・・拙者は、とうとう、住所も教えず、彼らに手紙も出さなかった。
今思うと、悪いことをしたなぁ~と思う。
まさか、30年以上も経ってから手紙を出すわけにもいくまい。(涙)
もう、みんな45歳前後になっているはずである。
いいお父さん、いいお母さんになっているだろう。

「私のことを絶対忘れないでください」と書いている子が何人もいたが・・・・
ゴメン・・・完璧に忘れている・・・(苦笑)
名前を見ても顔が思い出せない・・・(汗)
いや、名前自体覚えていないのである。
改めて自分の記憶力の悪さに嫌気がさす・・・(涙)

あれから30年以上の月日が過ぎている。
町ですれ違っても分からない・・・
何人かの生徒たちとは、どこかですれ違っていると思うが・・・・

「楽しくて面白くて、いい先生だから、早く本当の先生になって戻ってきてください」と最後に書かれているのを読むと、ちょっとツライ・・・
教師ねぇ~
拙者は教師になるべきだったのかなぁ~
自分の人生を振り返ってみて、今更ながら悩む・・・
今頃、そんなことを考えても遅いのだが・・・(苦笑)

日記 | 14:12:35 | Comments(0)
今年の目標!
元旦・・・・
あっという間に正月が来てしまった!(唖然)
どうも1年が過ぎるのが早すぎるような気がする・・・
もしかしたら、知らないうちに地球の回転が速くなっているのではあるまいか?(大笑)

DSCN4040_convert_20170419225517.jpg

今年の玄関の「お飾り」は、これ!
でも、まてよ・・・これ、以前にも同じものを飾ったかも・・・(苦笑)
調べてみたら、過去に同じものは飾っていなかったようである。
どうも、ついついワンパターンに陥る傾向にあるので・・・
少しは行動パターンを変えた方がいいような気がする。

DSCN4043_convert_20170419225548.jpg

で・・・今年の玄関の中の飾りは・・・これ!(笑)
今年は、かなりシンプルにした。(笑)

で・・・・今年の抱負・・・・
う~ん・・・何も思い浮かばない・・・(大汗)
早くも「マンネリ化」してしまったか?

そうだ!今年は身辺整理の年にしよう!(大笑)
いわゆる「終活」というやつである。
1年間、かければ、何とかなるだろう。

日記 | 22:52:59 | Comments(0)
地震だ!
昨晩の午後9時半ごろ、久々に家が大きく揺れた!
地震である!
一瞬、あの「東日本大震災」が頭をよぎった・・・(大汗)
あの時は、日中だったから良かったが、夜は、さすがに怖い・・・
停電になったら、どうしようと真っ先に懐中電灯に手が伸びた。(笑)
あの地震以来、拙者のベッドわきに懐中電灯を常に置いてあるのだ。(笑)

まもなく揺れが収まったが・・・
いやぁ~久々に冷や汗をかいた。

今朝の新聞を見て、「震度5強」とのこと。
震源地は、隣の市・・・
内陸部なので、母の墓があるお寺のすぐ近くだろう。
過去にも、ここが震源地だったことが何度もあったから・・・(笑)
震源地では「震度6弱」で、規模は推定でマグニチュード6.3とのこと。
「東日本大震災」の余震だという。

ん?まだ余震が続いているのか?
何でもかんでも「余震」で片づけられてもねぇ~
「余震」って本当かなぁ~(苦笑)

日記 | 20:05:16 | Comments(0)
入会早々解散?
今日は、戦友の“カワムラさん”のお誘いを受け、「勇会有志会」の会合に出席するために上京する。
「勇会」は仙台の第2師団の戦友会・・・
その戦友会はすでに解散したそうで、その代わり有志が集まって「有志会」として毎月会合を持っていたらしい。
今回集まったのは、従軍経験者3名を含めて10名程度・・・
従軍経験者以外は、みなさん若い人たちである。
特に女性が多い・・・
大学の教員や新聞社の人、など、など・・・・
どうも従軍経験者から経験談を聞いて“活用”している人たちが多いようである。

で・・・拙者は初参加・・・
その席上、従軍経験者から驚きの発言・・・
「この会を解散したい」とのこと。
拙者が顔を出した途端に「解散」とは・・・(唖然)
なんというタイミングか・・・(苦笑)

理由は、「高齢」・・・・
まぁ、仕方がないだろうなぁ~
この会は、従軍経験者から「お話を聞く」が目的のようだから、その従軍経験者が高齢で参加するのが難しいとなれば、言葉は悪いが、「用無し」ということになる。
“若い連中”だけが集まっても意味はないということだろう、あっさりと解散することが決まった。

拙者が事務局をしている会の場合は、「戦没者の慰霊」が目的である。
生還者たちは多かれ少なかれ「生き残った」ということに罪悪感を感じておられていた・・・
「俺たちは死ぬまで戦死した戦友の慰霊をしなければならない」とおっしゃる方々が多かった。
だから、会員相互の親睦より、「戦友の慰霊」に重きを置いてきたようである。
その皆さんも次々とお亡くなりになられたが、その遺志を継いで「慰霊活動」は続ける・・・これが我が会の方針であり、拙者が事務局を引き受けた理由でもある。

会の「目的」が全く違うが、我が会のことなどを参考までにお話しさせていただく。

3月に解散式を行うそうだが、第2師団はガダルカナル島やビルマで戦った歴戦の部隊である。
特にガダルカナル島では壊滅に近い損害を出している。
以前、ガダルカナル島に行ったときに「勇会」の建立した慰霊碑をお参りしたことがある。
戦没者の慰霊やガダルカナル島の慰霊碑などについての話が全く出ないことに、少々違和感を感じたが・・・
「戦没者の慰霊」が目的の会ではないようだから仕方がないか・・・

いずれにせよ、「勇兵団」の名を冠する会が無くなるというのは寂しい・・・

日記 | 23:22:45 | Comments(0)
親父のボケがレベルアップした!(驚)
庭掃除をして家の中に戻ってきたら、親父が「おお!帰って来たか!」と言う。(笑)
庭にいただけなんだけど・・・・(苦笑)
どこにも出掛けていないんですけど・・・(汗)

「さっき電話があってな・・・・」と親父。
「どこから?」
「たぶん役所だと思うんだが、何か打ち合わせがあると言っていたんだよ」
「へぇ~・・・何の打ち合わせだ?」
「それがよくわからなくてな・・・」
「はぁ?」
「だから・・・何の用事かなと思って聞こうとしたら、パッと目が覚めてな・・・」
「なに?目が覚めた?・・・それ、夢をみてたんだろぉ~」
「そうなんだよなぁ~夢なんだなぁ~」
「じゃぁ、それでいいんじゃないの?」
「なにが?いいわけないだろ!どんな打ち合わせなのかわからないのに目が覚めたんだぞ!だから、お前に役所に行って用件を聞いてもらおうと思って探してたんだ」
「はぁ?何だって?」(苦笑)
「だ・か・ら、役所に行って聞いて来てくれって!」
「だって、それ、夢なんでしょ?夢の中のお話でしょ?」
「そうだよ、夢なんだけど・・・どういう用件か知らないんだから・・・マズいだろ?」(怒)
「どうして?」(苦笑)
「あとで大問題にでもなったら大変だろ!」
「ならねぇって!」
「どうして?用件がわからんのに、どうしてそう言えるんだ?・・・お前はわからん奴だなぁ~」(怒)
「だから・・・寝てたんだよね?」
「そう、寝てた!」
「で・・・夢を見てたんだよね?」
「そう、夢を見てた!」
「で・・・電話の夢を見てて、途中で目が覚めちゃったんだよね?」
「そう、途中で目が覚めたから、用件がわからないんだって!」
「夢なんだから問題ないよ」
「どうして?・・・大事な話かもしれねぇだろ?俺は知らねぇぞ、何かあっても・・・」
「大丈夫!俺が全部責任取るから・・・」
「ふ~ん、まぁ、お前が責任取るっていうならいいけどな。俺は年だし、ボケてるから、役所に行っても話がわからんからな」
「でしょ?・・・だから、俺が全責任を取るから、心配しなくていいよ」
「ふ~ん・・・用件がわからないのに?」
「大丈夫だって!」
「役所に確認しなくていいのか?大事な話だったんじゃないか?俺は知らねぇぞ」
「大丈夫!」(苦笑)
「失敗したなぁ~なんで目が覚めたかなぁ~用件を聞いておけばよかったなぁ~」
「・・・・・」(大汗)

ボケているようで、夢を見たことは自覚しているのであるから“まとも”なのであるが・・・(大笑)
半分は“まとも”なのだが、残りの半分が・・・・ねぇ~・・・(大汗)
これ・・・である。(涙)
こういうのを“半ボケ”というのだろうか?
それともボケが進化しているのだろうか?

以前と比べると、かなりハイレベルなボケに進化してしまったような気がする・・・・
こういう親父の相手をするのは大変だ・・・参ったぁ~(大涙)

日記 | 16:03:51 | Comments(0)
「御岩神社」に取材に行く
先日の「広報委員会」の会議で、地元の神社・・・「御岩神社」の話題が出た。
“パワースポット”として有名なのだそうで・・・
ネットでも、よく取り上げられているそうだ。

この神社・・・
ちょっと辺鄙な場所にあるので全然目立たないのであるが・・・(笑)
いつの間にやら“有名”になったらしく、全国から参拝者が訪れているという。
休日には、狭い山道は大渋滞だそうだ。(大汗)

じゃぁ、ちょっと行ってみますか?(笑)
取材をして会報に記事を載せようか・・・ということになった。

法人会事務局の“アサヒさん”と広報委員長の“シミズさん”と委員の“マシコさん”と現地で待ち合わせ。
4人で宮司さんにご案内とご説明をいただきながら境内を歩く。
が・・・・ここは山奥・・・(苦笑)
寒いったらありゃしない!(涙)
体の芯から冷えてしまった・・・・(涙)

DSCN4036_convert_20170407102733.jpg

DSCN4035_convert_20170407102708.jpg

DSCN4032_convert_20170407102636.jpg

この神社・・・
地元では名の知れている神社であるが、実際に行ったことがあるという人は少ないのではなかろうか?
拙者自身も、56年の人生の中で、1回だけしか行ったことがない。(苦笑)
しかも・・・当時の宮司に用事があって社務所に立ち寄っただけである。(笑)
本殿をお参りした記憶がない・・・(大汗)
ということで・・・拙者のような人も多いだろうということで、記事にしてみることにした。

現在では神社とお寺というのは別々となっているが・・・
この神社は神も仏も一緒に祀っていて、それぞれの“お祭り”をきちんとされている。
こういう神社は日本国内でも珍しいのではないだろうか?
もしかして、唯一かも・・・

最近は“パワースポット”として注目を浴びているが・・・
“霊能力者”と呼ばれる方々の間では、昔から知られていた神社だそうだ。
が・・・この“パワースポット”に関しては宮司さんはノーコメント・・・
記事にもしないで欲しいという。
その気持ち・・・わからないでもない・・・

“シミズ委員長”が一生懸命にメモを取っていたので、この取材記事は委員長が書いてくれるものだと安心していたら・・・
最後に「君が書くんだからね!」の一言に愕然・・・
おしゃべりに夢中になって拙者はメモを取っていなかったのである!(大笑)
いやぁ~大変だ・・・責任重大だ・・・(涙)
“書いちゃいけない話”を書かずに、どうやって会員に、この神社を“紹介”しようか・・・(苦笑)
話の“切り口”をどこに持って行くか・・・・
う~ん・・・ここが腕の見せ所?(大笑)

滅茶苦茶寒い中をご案内いただき、宮司さんには感謝、感謝である。
なんとか、いい記事を書かねば・・・(大汗)

日記 | 10:04:31 | Comments(0)
帰国しました!
昨晩、健康も害せず(笑)・・・・

無事に帰国いたしました!

これからが・・・大変・・・(大汗)

年末なので、やることが山積です。(涙)

「旅の疲れを取る」なんていう暇がない・・・(大涙)

こういうのを「自業自得」というらしい・・・(大笑)

日記 | 09:03:29 | Comments(0)
お知らせ
明後日、11月29日から12月3日まで・・・・

台湾に行ってきます!(大笑)

真面目に一生懸命働いている友人たちには申し訳ないのですが・・・

妻の尻に敷かれ、子供に振り回され、馬車馬のようにこき使われている友人たちには本当に申し訳ないのですが・・・(大笑)

ちょっと海外へ行ってきます・・・

今年最後の海外旅行!

本当に申し訳ないと思っているのに、ニヤケてしまうのは何故だろう?(大笑)

では・・・行ってきます!

日記 | 15:37:56 | Comments(0)
大古書市に行く
今日は恒例の「大古書市」に、水戸藩士の“シミズくん”と出かける。
もう、楽しくて仕方がない。(大喜)
古書を見て、買おうかなぁ~どうしようかなぁ~と悩むのが、また楽しい。
あっという間に1時間、2時間と時間が過ぎていく。
そんなに本が好きならば図書館に行けばいいじゃないかと思う人がいるかもしれないが・・・(苦笑)
なぜか、図書館の書架を眺めても、この“興奮”は得られないのである。
どうしてなのかはわからないのだが・・・(苦笑)
だから、本好きと言っても、図書館に行くことはない。
もしかしたら、最初から“借りる”というのがネックになっているのかもしれない。
やっぱり、自分の手元に置きたいのである。
そのためには買わなければならないのだが・・・
「おお!これはいい!貴重な本を見っけ!」(笑)
「いくらだ?・・・・う~ん・・・どうしようかなぁ~買おうか買うまいか・・・」と悩む・・・
で・・・「よしっ!買うぞ!」という、このプロセスがいいのだ。(大笑)
“身銭を切って手に入れる”というのが興奮するのである。(大笑)

で・・・今回も・・・何冊も購入してしまった!(大汗)
前回、前々回に買った本をまだ読み終えず、“積読”状態だというのに・・・(大汗)
やっちゃった!
一生かかっても我が家にある本は読み切れないかも・・・(大汗)
病気だな・・・これ・・・(大笑)
“古書依存症”という病気かも・・・(大笑)

日記 | 21:02:57 | Comments(0)
博物館に行く
今日は水戸藩士の“シミズくん”とドライブ・・・・
那珂市の「歴史民俗資料館」で開催されている特別企画展『戦国大名 佐竹氏の軌跡』を見に行く。(喜)

DSCN3289_convert_20161208205232.jpg DSCN3291_convert_20161208205259.jpg
(那珂市歴史民俗資料館)

この資料館は初めて来た場所・・・・
こういう地方の小さな資料館というのも、意外にも面白かったりするのである。(笑)
特別企画展のほうは・・・パネル展示だけというもので、ちょっと拍子抜けしたが・・・(苦笑)
まぁ、そんなものだろう。

思った以上にタップリと時間をかけて見学する。
う~ん・・・満足!
非常に充実した一日を過ごせた。
車を運転して拙者をここに連れてきてくれた“シミズくん”に感謝!感謝!(大喜)

日記 | 13:52:13 | Comments(0)
渋谷へ行く
ホテルをチェックアウト・・・・
さて・・・真っすぐ帰宅するのも、もったいない気がする・・・(笑)
なにせ、折角、田舎から東京に出て来たんだから・・・(大笑)

で・・・ふと、頭に浮かんだ・・・
そうだ!渋谷に行こう!

来年の1月に、我が法人会の会報を発行するのだが、その原稿を書かねばならないのである。
ちょっとしたコラム記事・・・・
で・・・毎号、連載しているのが「税務署巡り」(大笑)
そうだ!・・・今回は渋谷税務署に行こう!(大笑)

DSCN3283_convert_20161205120015.jpg (渋谷税務署)

この渋谷税務署が建っている場所は、その昔、陸軍の衛戍刑務所があった場所である。
たぶん、多くの方々はそのことは知らないだろう。
昭和11年の2・26事件の首謀者たちは、ここで銃殺刑となった。
その刑場の跡に税務署が建っているのである。
う~ん・・・これを知ったら、ここで働く税務署署員は気味悪がるだろう・・・・
この税務署のすぐ脇に慰霊塔が建っている。

DSCN3288_convert_20161205120053.jpg

観音像(?)が建っていて、そのすぐ脇に、当時の刑務所の赤煉瓦の塀の一部が残っている。
たまたま、ここをお掃除している人がいたので話をしてみた。
拙者と同世代に見えるこの男性・・・・
この慰霊塔を建立して維持していた2・26事件の遺族等の関係者の集まりである「仏心会」の方ではないという。
ただの近所の“おじさん”・・・・(苦笑)
この慰霊塔のところに落ち葉が溜まって雨が降るとドロドロになるのだそうで・・・それを見かねて、自主的に一人でお掃除をしているのだそうだ。
奇特な方もいたもんだ・・・
「仏心会」という組織自体、全く知らないという。
もしかして解散してしまったのかも・・・・(汗)
「汚れたままでは可哀想なので、お掃除をしているだけ」と言う。
隣の税務署の署員は、ここをお掃除しないのか?(唖然)
そんなものか・・・役人というのは・・・

2・26事件の首謀者が処刑される時、拙者の祖父は師団副官として、その準備などの手配をしたという。
処刑後、ご遺体をご遺族に引き渡すのも祖父の仕事だったという。
処刑をする銃殺隊の兵士の為に食事の用意などもしたというが、誰も手を付けず、悲壮な雰囲気・・・見ているのが辛かったと話してくれたことがある。
そりゃそうだろう・・・戦友を撃ち殺す役目だから・・・食事なんか喉を通らなかっただろう・・・
この銃殺隊には、拙者の大学の恩師が、その一人として加わっていた。
同じ士官学校の同期生を撃ったという。
「陸士の同期生というのは実の兄弟以上の関係なんだ」と別の“戦友”が話してくれたことがある。
自分の兄弟を処刑すると考えたら・・・・さぞかし精神的に参っただろう・・・
先生に、この時のことを尋ねることを、ついついためらってしまい・・・(当然だが・・・)
永久に、当時のことを聞くことは出来なくなった・・・
時々、ふと、思い出すことがある・・・
で・・・思い出した時に、ここにお参りに何度か来た。
久しぶりの訪問である。

この話を「渋谷税務署」に絡めて記事を書いてみようと思う。
お参りをして・・・・帰宅する。

日記 | 11:55:19 | Comments(0)
シンポジウムに行く
今日は、シンポジウムを聴講するため上京。
先日、フィリピンに行く直前に初参加した会合の会長さんからご案内をいただいた。
テーマは南シナ海情勢に関するものだそうだ。
で・・・・このシンポジウムの主催者代表は、評論家の“ミヤザキさん”だということを知った。
年に一度くらいだが、海外ツアーでご一緒する先生である。
こりゃ行かねばなるまい・・・(笑)

場所は拓殖大学とのこと・・・
その昔・・・当然、今は違うと思うが・・・
拙者が高校生の当時、亜細亜大学、拓殖大学、国士舘大学は「三バカ右翼大学」と言って、同級生たちは受験をするのを避けていた。(大笑)
拙者はたまたまテレビで亜細亜大学の倉前教授を見て、亜細亜大学に行きたくなって、受験したが・・・(笑)
拙者を可愛がってくれた伯父は、たしか拓殖大学だった・・・
で・・・後になってから、拓殖大学でもよかったかなぁ~などと思ったことがある。
決して亜細亜大学に進んだことを後悔しているわけではない。(大笑)
拓殖大学に進めば伯父と共通の話題が出来て楽しかっただろうと思っただけである。
拓殖大学は、アジアに関する問題について、よく情報を発信していると思う。
こういうシンポジウムにも会場を提供もしているのか・・・
対して我が母校は何をしているのかという気がしないこともない・・・(大汗)
「アジアのことは亜細亜大学に任せろ!」というくらいのことがなぜ言えないのか?
“亜細亜”の名が泣くではないか?
・・・・ということを、同窓会の県支部の総会なんかで、ぶち上げるから、みんなから呆れられる。
しかも・・・学長を目の前にして・・・(大笑)
拙者の中では拓殖大学はライバルなのである。(大笑)
その拓殖大学に初めて足を踏み入れた!(笑)

で・・・・みっけ!(大喜)
桂太郎の銅像!(大喜)

DSCN3273_convert_20161205095856.jpg

銅像を見つけて喜んでいるようでは本末転倒か?(苦笑)
そう、そう、シンポジウムに来たんだっけ!

img180_convert_20161205110425.jpg img181_convert_20161205110507.jpg

会場で、このシンポジウムに誘ってくださった“モテギ”さんにご挨拶したら、拙者の隣の席の方を紹介された。
もと海上自衛隊の将官だった方で、昔の海軍で言えば「海軍少将」クラスだった方である。
「海軍少将」となると・・・駆逐艦隊司令官とか海軍各種学校の校長・教頭クラスに位置するか?
偉い方である・・・(大汗)
で・・・ちょこちょこ雑談をさせていただいた。
大いに勉強になる。

“戦友”の“カワムラさん”にも会えた。(喜)
93歳だが、行動力がすごい・・・普通の年寄りなら外出するのは億劫だろうに・・・(苦笑)
さすがは、情報関係にいた方だ・・・
いくつになっても祷報収集と勉強を欠かさない。
拙者も、こういう年寄りになれたらいいなぁ~と思う・・・(笑)

シンポジウムの講演・・・・
3人の方が講演をされたが、フィリピン下院の院内副総務、ハリー・ロケさんのキャラクターが面白い。
この方は野党の議員さんだが・・・
「先日のドゥテルテ大統領が来日した目的が、皆さんはよくわからなかったと思うので、私から説明します」と言う。(大笑)
野党の議員が大統領の説明の補足をするんだから面白い。(笑)

シンポジウム後、マスコミ対応の記者会見があり、途中まで見ていたが、次の予定があるので途中で退室し、上野駅に向かう。
今晩は、上野で共同通信の元マニラ支局長と食事をするのである。
元支局長と会い、ホルモン焼き屋で懇談・・・久しぶりの再会である。
彼はハリー・ロケ下院議員のことをよく知っていて「野党の議員なんだけど、与党だか野党だかわからない発言をする人だ」と笑っていた。
フィリピン事情で大いに話が盛り上がり楽しい時間を過ごす。

今日は充実した一日が過ごせた・・・
皆さんのおかげである。
感謝、感謝・・・

日記 | 22:58:06 | Comments(0)
記帳に行けない!(大涙)
三笠宮殿下への弔問・・・・
三笠宮邸前に記帳場所が設けられているとのことなので記帳に伺おうかと思ったのだが・・・・
親父に東京へ行きたいと言ったら・・・泣きそうな顔をされて拒否された。(唖然)
三笠宮殿下だぞ!
記帳に伺わなかったら申し訳が立たないだろ!
しかし・・・ダメ・・・・
拙者が留守中、一人で留守番をしていて寂しかったらしい。
で・・・やっと帰宅したかと思ったら東京へ行ってくると言われショックなようだ。
緊張の糸が切れたところだからだろう・・・「もう、どうしていいか、わからない」と泣き言を言う。
参ったなぁ~
これが予科練のなれの果てかよぉ・・・・
情けない・・・・

帰国後、次々と予定が入ってしまい、空いてるのは月曜日だけである。
この日しか記帳に行くチャンスがないというのに・・・・
参ったぁ~
いくら説明しても・・・・ダメ・・・・

拙者は子供の頃から親父にバカにされて来た・・・
「他人のことなど構うな。自分のことだけを考えろ。お前はお人よしだからダメなんだ」とバカだのアホだのと言われて来た。
じゃぁ、自分のことだけを考えればいいんだよねぇ~?(大笑)
親のことなんか考えず、自分のやりたいことをやっていいんだよねぇ~?・・・ということになるのだが・・・
じゃぁ~東京にでかけていいよねぇ?
「俺のことを考えてくれ」と親父は言う。
それ・・・矛盾してるだろ?
「俺はは自分のことしか考えないが、お前は俺のことを考えろ」とはおかしいだろ?(怒)

こんなことなら、帰国した当日に伺えば良かったと思ったが・・・
あの時は雨が降っていたし・・・(苦笑)
半分寝ぼけていて、そういうことに頭が働かなかった・・・(涙)
慰霊祭に行っていたので、黒のネクタイを持っていたから、そのまま、行けたんだけどなぁ~
大失敗である!
まさか親父に反対されるとは思ってもみなかった・・・(涙)

かといって、親父を置いて強引に出かけるというのもできぬ・・・
それが拙者の弱いところである。
世の中には平気で親を見捨てることが出来る奴がいるというのに・・・(苦笑)
そういうことができる奴が羨ましい・・・(苦笑)

殿下が知ったら「そこまでして来なくてもよろしい!」と一喝されるに違いない・・・
絶対、殿下は、そうおっしゃる・・・な・・・
ダメだな・・・親父が納得してくれないなら、親父を置いて行くわけにはいかないな・・・
殿下には申し訳ないが・・・・ご勘弁願うしかない。

あ~あ~・・・落ち込むなぁ~
“子の心、親知らず”である・・・(怒)

日記 | 21:28:52 | Comments(0)
帰国しました!
昨日、無事に帰国しました!

今回は、体調も崩さず絶好調!(大笑)

インドネシアよりフィリピンのほうが拙者には合うみたい。(大笑)

日記 | 00:37:41 | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。