FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

真直ぐ帰宅!(笑)
朝、ホテルをチェックアウト・・・
3人は、この後、磯前神社に立ち寄ってから大洗水族館を見学して東京に帰るという。
拙者は、申し訳ないが、水族館には興味がないので・・・(大笑)
ここでお別れという事にして、皆さんを見送って、昨日とは別のルートで大洗駅に向かう。

031_convert_20200118151942.jpg

途中で見かけた道路の表示・・・
車道の脇にハッキリと二輪車用の表示がされている。
これ、目立っていて、いいなぁ~
非常にわかりやすい。
我が町の車道にも、こういう表示をすればいいのに・・・と思う。

大洗駅から水戸駅に向かい、乗り換え時間に余裕があったので、駅ビル内でちょっとお買い物・・・(笑)
コーヒー飲んで一休みをし・・・無事に乗り換えて帰宅する。
う~ん・・・昨日は、本当に有意義な時間が過ごせた・・・
この再会を取り持ってくれた“ツヅキさん”には感謝、感謝である。(大喜)

スポンサーサイト



日記 | 15:12:30 | Comments(0)
24年ぶりの再会・・・
今日、24年ぶりに材料問屋の営業担当者だった“アサダさん”と24年ぶりの再会をすることになっている!
氏は奥さんと一緒に茨城県の大洗に来るという。
そこで一緒に会おうよ!・・・ということになった。
その間を取り持ったのが、同業者の“ツヅキさん”・・・
いつも、年賀状で、「会いましょう」と言いながら、全然実行できなかった。
氏とは拙者が会社を無事に閉めた時(名目上はまだ存続しているが・・・)、倒産させずにうまく処理したコツを教えてくれと拙者に会いに来てくれた時が最後に会った時なので、10年ぶりかな?
お二人と久しぶりの再会である!

彼ら3人は、東京から車に乗って、途中、観光をしながらやって来て、大洗のホテルに一泊すると言うので、拙者も一緒に泊まることにした。

大洗なら、我が家から車で十分行けるのだが・・・
どうも最近、車の運転に自信がない・・・(苦笑)
車を買い替えたら、どうも運転の勘が冴えないので不安で仕方がないのである。(大汗)
これは加齢のせいか?(大笑)
移動途中で事故でも起こしたら大変なので、電車に乗って行ってみることにした。(笑)

常磐線「水戸駅」から鹿島臨海鉄道大洗鹿島線に乗って大洗に向かう。
生れて初めて乗る電車である。(笑)
常磐線の隣りのホームなのは以前から知っていたが・・・
すんなりと乗り換えることが出来るかと思ったら、そうでもなさそうで・・・(汗)
スイカ・カードが使えそうもないので、一度、水戸駅の改札を出て、改めて切符を買って再び改札を通る。

電車は田舎の田園地帯を走る・・・(大笑)
30分もかからず大洗駅に到着!

005_convert_20200114112309.jpg(大洗駅)

駅からホテルまでは、かなり離れているようである。
タクシーで向かうのもいいが、折角であるから徒歩で散歩がてらホテルに向かう。
見知らぬ街を歩くというのも、また楽しいものである。

途中、「磯浜古墳群」と「磯浜海防陣屋跡」の史跡の説明板を見かけた。
へぇ~こんなところに海防陣屋なんかがあったんだ・・・

009_convert_20200115093210.jpg
(後ろの高台が陣屋跡)

こういう思わぬ出会いがあるから、ぶらぶら歩くのは楽しい・・・(大喜)
40分ほど歩くと、目の前に「大洗磯前神社」の大鳥居が現れた。

010_convert_20200115093615.jpg

このすぐ隣に、今晩宿泊予定の「大洗ホテル」がある。
皆との待ち合わせ時間は5時半ごろとのことなので、1時間弱ほど時間がある。
子供の頃、家族で大洗に来たことが少なくとも1回はあったと思うが、この大洗磯前神社にお参りしたという記憶はない。
当時は子供だったから、仮に神社にお参りに来ていたとしても記憶に残るわけはないか・・・(苦笑)
時間もあるので、ちょっとお参りする事にする。
ダラダラ坂を上って初めて目にしたのが、日本海軍の軽巡洋艦「那珂」の忠魂碑である!(大喜)
軽巡「那珂」は、この大洗の近くを流れる「那珂川」の名を取って命名されたので、それでここに忠魂碑が建っているのだろうと思う。

012_convert_20200115094600.jpg(「軍艦那珂忠魂碑」)

頂上の神社には、ほとんど人がいなかった・・・(苦笑)

020_convert_20200115095244.jpg 026_convert_20200115095312.jpg
(大洗磯前神社)

思ったより小さな神社だったので、正直言って拍子抜け・・・(苦笑)
当然・・・過去に訪れたという記憶は全くない・・・

028_convert_20200115095334.jpg

この社殿の彫り物・・・すばらしいなぁ~(喜)

ここを参拝中、拙者の携帯が鳴った・・・
「どこにいるの?もうチェックインを済ませたよ~」のお電話である。(笑)
あらあら・・・当初の予定より早く到着したらしい。
「目と鼻のところにいます!10分以内に到着します!」(大笑)
急いで丘を降りてホテルに向かう。

029_convert_20200115100209.jpg(大洗ホテル)

24年ぶりの再会は・・・ドキドキである!(大汗)
顔を合わせた瞬間、“アサダさん”から「変わってねぇなぁ~!」と言われた・・・(苦笑)
そんなことないと思うんだけどなぁ~24年も経っているんだからさぁ~(苦笑)
「いやぁ~久しぶり!嬉しいなぁ~!」の連呼・・・
二人とも喜んでくれたのでホッとした・・・
奥さんに初対面のご挨拶をして、早速、夕食会。
ホテル内の食堂でバイキング料理・・・
実は、食事については全く期待していなかったのだが、予想に反して、美味しいのである!(大笑)
うそでしょ?・・・というくらい美味しかったのには驚いた。
期待していなかったなんて、ホテルに失礼千万・・・申し訳なし。
お喋りに花が咲いたが・・・・
昔話もさることながら、話題はいつの間にか、年金と健康の話になってしまう・・・(大笑)
“アサダさん”は拙者より6歳年上で、今年、定年である。
“ツヅキさん”はもっと年上・・・(大笑)
う~ん・・・・我々はいつの間にか、こんな話題をするような歳になったかなぁ~(大笑)

食事を終えて、部屋に戻って酒盛り!(苦笑)
拙者は、あまり酒は飲まないんですけど・・・・(大汗)
「え?・・・そうだっけ?」と言われ・・・
「24年経ったら忘れちゃったんですか?」(大笑)

楽しい時間はあっという間に過ぎる・・・・

日記 | 10:38:47 | Comments(0)
ガスファンヒーター総点検!
以前から気になっていたこと・・・
それは我が家のガスファンヒーターの調子がおかしいということ。(汗)
それも・・・3台!(笑)

そこで、冬が来る前に点検しておいた方がいいと思い、ガス会社から担当者に来てもらった。
まず1台目・・・
点火して15分程度経つと、頭痛がしてくる・・・そして微かにガスの臭いも・・・
で・・・検査してもらったのだが、不完全燃焼もしていないしガス漏れもしていないという。
あれ?・・・・である。(大汗)

次の2台目・・・
設定温度を20℃にしても、どんどん温度が上がって26℃くらいになってしまう。
たぶんセンサーの故障ではないかと思い点検してもらったのだが・・・
これまた異状なし!(唖然)
原因は・・・我が部屋の断熱効果が良すぎるんじゃないかとのこと。(うそぉ~)
古い型なので、設定温度に達すると燃焼が消えるというものではなく、設定温度に達すると、燃焼が最小になってチョロチョロと燃えているのだそうだ。
そのため、どんどん温度が上がってしまうらしい。
下がらないのは部屋の断熱効果が高いから一度部屋が温まると、その温かさが維持されているからだろうという。
ということで問題なし・・・(苦笑)

3台目は点火スイッチの接触不良である。
ボタンを押してもなかなか点火せず、ボタンを押してもなかなか消火しない。
点火しないのは許せるとして、消火できないというのではマズイ・・・
で・・・この担当者がやってみたら・・・何の問題もなく点火も消火もできるのである。(唖然)
拙者もやってみたら、一発点火、一発で消火・・・(唖然)
「いやぁ~何度も押して、やっと点火・・・っていう感じだったんですけど・・・」(苦笑)
「いや、スムーズですねぇ~何の問題もないですよ」と担当者・・・
“狐につままれた”感じである・・・あぜ~ん・・・・
おかしいなぁ~????

結局、3台とも何の問題もなし・・・
わざわざ来ていただいたのに申し訳なし・・・である。

さらに、機械の内部を見た担当者から「いやぁ~綺麗に使っていますねぇ~」と言われたのには驚いた。
本来ならかなり埃が溜まっていたりして汚れているのが普通なのだそうだ。
いや・・・拙者は機械の内部まで掃除したことはありませんが・・・(汗)
しかも、どのヒーターも古いのである。
一番古いのは製造して19年も経っている代物である。(苦笑)
「じゃぁ、こまめにフィルターを掃除しているからですね?」と担当者・・・
「いや・・・そんなに、こまめに掃除なんてしてませんが・・・」(汗)
「じゃぁ、お部屋自体に埃が少ないんですね。よくお部屋を掃除しているからですよ」と担当者・・・
「いやぁ・・・部屋の掃除なんて滅多にしないんですけど・・・」(大汗)

おかしい・・・本当に狐に化かされた気分である。

機器の点検を頼んだのは、今回が初めてである。
にもかかわらず、内部は綺麗だわ、スイッチは新しいものに交換したように調子がいいわ・・・おかしいだろ、これ・・・
あれれ?
もしかして、去年あたりに一度点検整備をしてもらったかな?
いやいや、そういう記憶は拙者にはない・・・(大汗)
それともボケちゃって忘れてる?(大汗)

問題がなくて良かったことは良かったのだが・・・なんとも気味が悪い・・・(大笑)

日記 | 21:42:31 | Comments(0)
従姉たちの昼食を失敬!(大笑)
今日はお盆のお墓参り・・・
車で1時間かけて過疎化した村にある両親のお墓に向かう。(笑)
お墓に着いたら・・・
あら・・・
従姉達がいた!(驚)
偶然にもバッタリ!
ご先祖様のお墓参りと一緒に、我が父母の墓参りもしてくれていたのである。(喜)

で・・・このあと・・・お昼はどうするのかと尋ねられた・・・
拙者は、帰り道、どこかで外食でもして帰宅しようと思っていたのだが・・・
どうせだから、一緒に食べようと誘われた。
それぞれ弁当を用意してきたらしいが、当然、拙者の分はない・・・(苦笑)
いやぁ~迷惑でしょ?
何とかなるって!・・・と言われ、お言葉に甘える。(笑)

従姉達からお弁当を少しづつ分けてもらい・・・(大笑)
楽しい昼食会!
子供の頃から兄弟のように扱ってもらっていた・・・
拙者は“末弟”扱いである。(大笑)
この歳になっても、“末弟”扱いされて、ある意味、嬉しい・・・(大笑)
なんか・・・申し訳ないですねぇ~
・・・と言いながら、遠慮なく皆さんからせしめたお弁当を頂く・・・(大笑)

おしゃべりに花が咲き・・・
楽しい“お盆”となった。
従姉達に感謝、感謝である。
もしかしたら、ご先祖さまや母が仕組んだのかな?
ご先祖様にも感謝、感謝である。(大笑)

日記 | 23:58:31 | Comments(0)
日傘でドアをこじ開けるとは・・・(唖然)
昨日は、某講演会を聴きに上京して一泊・・・
今朝、ホテルをチェックアウトして上野駅に向かう電車に乗っていた時のこと・・・

某駅に到着し・・・発車のチャイムと共に車輛のドアが閉まる寸前に駆け込もうとした女性がいた・・・
どう見ても間に合うタイミングではない。
普通なら目の前でドアがピシャリと閉まってしまい、照れ笑いをしながら踵を返す・・・というタイミングである。
ところが・・・驚いたことに・・・なんと!
この女性・・・持っていた日傘を閉まる寸前のドアに差し込んだのである!(驚)
なんと、この女性・・・差し込んだ日傘を使って閉じかけたドアを、こじ開けて乗り込んできたのである!(驚)
うそだろ~・・・・唖然・・・である。
で・・・無理やり乗り込んできたこの中年女性、平然としているんだから信じられない・・・
恥ずかしいなんて思っていないようである。
つい、マジマジと彼女の顔を見てしまったが・・・(苦笑)

ところが・・・驚いたことに、このドアの周囲にいた人たちが無反応なのである!
それもそのはずで、みんな下を向いてスマホを見ていたのである!(唖然)
目の前の出来事に誰も気が付かないという恐ろしさ・・・(大汗)
これじゃ目の前で誰かが刺殺されても誰も気が付かないかも・・・(大汗)

いやはや・・・東京は恐ろしい所だ・・・(大笑)

日記 | 22:38:51 | Comments(0)
十数年ぶりの飲み会!
今日は青年会議所の“同期会”の飲み会・・・
“同期会”といっても、拙者の同期というわけではない。
平成2年入会組の指導を担当したのが拙者・・・
本来ならば拙者は“来賓”のはずなのだが・・・(大笑)
指導を受けた側が、みんな拙者より年上なので・・・(大汗)
なんだかしらないけど・・・“同期生”扱いとなっているのである。(大笑)

この飲み会・・・十数年ぶりの開催なのである。
いやぁ~お久しぶりです!(大喜)
十数年経っても、仲間として扱っていただけるというのはありがたいことである。

青年会議所は40歳が“定年”である。
40歳になったら“ご卒業”ということになるのだが、拙者は“ご卒業”していない。(笑)
あと1年を残した39歳の時に、当時の執行部に反発して退会したのである。
無責任なチャラい執行部と共に活動するわけにはいかない。
拙者を“理事長”に推す声もあったが、まさかの獅子身中の虫・・・我が親父に邪魔をされて理事長に立候補できなかった。(苦笑)
おかげでチャラい連中が牛耳ることが確定・・・
それに抵抗して退会したので、拙者はOBではない・・・・
にもかかわらず、十数年前の飲み会でもお誘いを受けた。(笑)
「君は中興の祖だからねぇ~外すわけにはいかないよ。途中退会しても卒業したのと変わらないよ」と嬉しいことを言われたことを今でも覚えている。
ビシビシと、しごいたからなぁ~(大笑)
相手が年上だろうと何だろうと構わず・・・(大汗)
生意気な奴だと恨まれて当然だと思うのだが・・・
今でも仲間として扱ってもらえるとは嬉しい限りである。
みんなに感謝、感謝・・・である。

拙者が退会してからの20年間に、この世を去ったメンバーも多い・・・
会社の業績が傾いて、失踪して行方不明というメンバーも何人もいる・・・(大汗)
あの当時、まさかそんなことになるとは・・・と夢にも思っていなかったが・・・
そういう中で、“生き残って”いる仲間たちに会えるのは本当に嬉しい。

一気に30歳代のあの頃に戻ったような錯覚・・・
しかし、話の所々に健康の話、薬の話、脳梗塞で倒れた話等々が出るのである。(苦笑)
やっぱり、俺たちは歳を取っちゃったんだなぁ~(大笑)
次回の話題は何になるだろう?・・・・孫の話か?(大笑)
独身の拙者としては、その話題にはついていけねぇなぁ~(大笑)

楽しい時間を過ごして・・・解散!
いい酒だった・・・

日記 | 23:54:30 | Comments(0)
気持ち悪い夢を見た!(大汗)
昨晩見た夢・・・
あまりの気持ち悪さに目が覚めた・・・

目が覚めたら、詳細を忘れてしまったが・・・(苦笑)
何人かの人間と一緒にミイラを作っているシーンは覚えている。
で・・・次のシーンは・・・
干からびたミイラの肉をちぎって食べているところ・・・(ゲゲッ!)
まさしくビーフジャーキー状態の人肉をみんなで食べているのである。(大汗)
味は甘くておいしい・・・
たぶん、ミイラを作るとき、遺体にたっぷり塗った、あの赤黒い液体のせいだろう。
あの液体が甘いから、こういう味に仕上がったのだろう・・・などと思いながら拙者も“肉”を齧っていた。

一緒にいた日本人が、「これ美味しいですねぇ~何の肉ですか?」と聞いてきた。
彼はミイラの姿を見ていない・・・
現地人から“肉”を手渡されたので、美味しい、美味しいと“肉”を齧っているだけである。
事情を知らない人に、まさか、「人肉です」とは言えまい・・・(大汗)
「直接、自分で現地の人に尋ねてくれ」と言ったのだが、「あなたから聞いてくださいよ」としつこい・・・
「ミイラの肉です」って正直に言ったら、この人は間違いなく、この場で嘔吐するだろうなぁ~
我々は薄暗い洞窟のような狭い場所にいるのである。
ここでゲロを吐かれたら堪らんぞ・・・
参ったなぁ~
と・・・思ったら、気分が悪くなり・・・危うく自分が嘔吐しそうになり目が覚めた!

あ~なんという気持ちの悪い夢を見ちゃったんだろう?(大汗)
う~・・・気持ち悪い・・・

日記 | 22:47:55 | Comments(0)
震源地は三重県だって?
いつもは、ベッドに入れば5分とかからず、すぐに眠ってしまうのだが・・・
昨晩は、なぜか眠れず、ウトウトしながらゴロゴロしていた。

と・・・午前3時半ごろ・・・
ガタガタガタと家が揺れた・・・・地震である!
が・・・いつもと揺れが違う。
揺れが強くなったり弱くなったり・・・しばらくの間続いた・・・
震源地は我が茨城県ではないことは確かだな・・・
結構遠いかもしれないと思ったが、この揺れ方が気になりテレビをつけて確認。

と・・・宮城で震度4と出た・・・・
で・・・震源地は三重県・・・
はぁ?・・・である。
この放送局・・・宮城県と三重県の区別がつかないのだろうか?(汗)

で・・・チャンネルを切り替えて別の放送局の地震速報を確認してみる。
と・・・やっぱり、そこでも宮城で震度4、震源地は三重県の南東沖と出ていた。
そんな馬鹿な・・・(汗)
いくら誤字にしても、三重県はないだろう。(苦笑)
と・・・まもなく日本地図が表示され、三重県の南東沖に震源地を表わす×印が・・・
ありゃ・・・
本当だ・・・震源地は三重県沖だ!
しかも、その×印から北へ真直ぐ向かうと宮城県なのである!(驚)
さらに、驚いたことには、震源地に近い三重県辺りは震度1なのである。
大した揺れではない。
これは、今までにない異常な地震ではなかろうか?
震源の深さは約420キロだというのだから、今まで聞いたこともない深さである。

これほど震源が深いと、全く関係のなさそうな遠いところで大きく揺れるのか?
震源地を真直ぐ北へ辿ると宮城なんだから、同じプレートということになるのだろう。
が・・・茨城県ではなく宮城県で大きな揺れとはどういうことだろう?
宮城は地盤が弱いのだろうか?

我が家の場合、茶の間など1階にいると全くわからないのだが・・・
2階の拙者の部屋にいると、長年の経験で、揺れ方によって震源地のおおよその位置がわかるのである。
茨城県沖、自宅から北の福島の方、茨城県内陸部、自宅から南の千葉県のほう・・・
この4方向は、部屋の揺れ方でわかる。(苦笑)
今まで、全く分からなかったのが、新潟県の中越地方で起こった地震・・・
ガリガリガリ・・・というような音と共に我が家が揺れたので驚いた。
いつもの茨城県沖が震源の地震ならば、いきなり、ドン!ガタガタガタ・・・という揺れである。
が・・・ガリガリガリとは初めて聞いた・・・
テレビの地震速報で確認したら、震源地は新潟県だった。
新潟県で起こった地震が、日本列島の反対側の茨城県まで伝わるのかと驚いた。

今回の揺れは、この時の地震に次ぐ2番目に不思議な揺れの地震だった。

過去のブログ記事を確認してみたら・・・・
今から12年前の2007年7月16日に、京都が震源地で、我が茨城が震度3という地震があったことを書いていた。(大汗)
体感では震度4くらいの揺れだったようである。
震源地が、とんでもなく遠くても我が家が揺れたということは過去にも経験していたんだ・・・(大汗)
今回が初めてというわけではなかったのか・・・
どうも物忘れがヒドイ・・・(苦笑)
まぁ、かように忘れてしまうから、毎日、ビクビクして生きなくていいのかもしれないが・・・(大笑)

日記 | 22:03:54 | Comments(0)
広報委員会の取材
今日は法人会の広報委員会の「取材」活動ということで、市内の某児童公園に向かう。
来月発行の会報用に、1本記事を載せることになっていて、それは、新任の“ヨシノ”広報委員長が書くことになっている。(笑)
この「取材」というのを数年前から取り入れたのは拙者である。(大笑)
広報委員会メンバーが、いつも会議室だけで顔を合わせているというのはいかがなものか・・・
「現地取材」ということで、外に出て活動するのもいいのではないか?
ということで・・・始めた。
当初は、「現地取材」と言っても、実際に原稿を書くのは拙者・・・(苦笑)
他の委員は、原稿を書く・・・となったら怖気づいてしまうので、やむなく“言い出しっぺ”の拙者が原稿を担当した。(涙)
そうなると、俄然、他の方々は元気となる。(大笑)
原稿を書かなくていいのなら気が楽だ・・・(笑)

しかし、毎度、毎度、拙者が書いていたのでは、この広報誌は拙者の個人的な会報になってしまう。(大笑)
で・・・各人に振るようにして、どうしても書けないという場合は、拙者がゴーストライターになることで引き受けてもらう事にした。(笑)

今回は、新任の“ヨシノ”委員長が担当となる。
テーマは・・・「いばらき国体」!(笑)
9月末から10月にかけて、我が茨城県で国体が開催されるので、タイムリーな話題である。
しかし、国体自体について書いても面白くはない。
そういう記事は地元の新聞にいくらでも載っている。
で・・・別の角度から切り込むことにした。
「いばらき国体」のマスコットキャラクター「いばラッキー」の作者であるイラストレーターの「ミウラナオコ」さんを取材することにして、マスコットキャラクターの話を載せながら国体も紹介しようということにした。(笑)
幸いにして“ヨシノ”委員長は、このイラストレーターと顔なじみとのこと。
だから原稿執筆を押し付けたのだが・・・(大笑)
タイミングよく、市内の児童公園の公衆便所に、子供達と一緒に絵を描くというイベントがあると言うので、そこへ出かけて、写真を撮ったりインタビューをしたりして記事を書こうということになった。

集まったのは、事務局長、広報委員会担当副会長に昇格した前広報委員長の“シミズ”さん、新任の広報委員長の“ヨシノ”さん、そしてヒラの広報委員である拙者の4名である。
他の委員は、都合が合わず欠席ということだが、“言い出しっぺ”が拙者なのだから欠席するわけにはいかない・・・(大笑)

014_convert_20200104170635.jpg 017_convert_20200104170731.jpg

我々は「取材」だの「インタビュー」だのは、ド素人である。(大笑)
話をしているうちに、いつの間にか雑談となってしまい・・・
結局、肝心なことを聞くのを忘れたなんていうことが、しばしば起る・・・(大汗)
今回は委員長が原稿を書くわけだし・・・(大笑)
拙者としては、気が楽である。(大笑)
「知らないよぉ~」・・・である。(大笑)

とりあえず、写真を撮ったが、基本的には後姿・・・
特に子供たちを写す時には、顔が分からないように後姿を写すことにしている。
最初に、法人会の会報に写真が載ることをお話はしてあるが、一人一人に許可を得るわけにはいかないので、顔さえ写さねば個人情報の保護にはなるんじゃあるまいか?(笑)
記事の中に、マスコットキャラクターのイラストも掲載することになるので、これは事務局長の方から茨城県の担当部署に使用許可等の手続きを取ってもらう事にしている。
会報発行後に著作権侵害の問題でも出たら、公益社団法人としてはマズイでしょ?(大笑)

ということで・・・特に拙者には役割はない・・・(大喜)
お気楽、お気楽・・・
普段、家の中に閉じこもっていることが多いので、この機会に太陽光線を浴びねば・・・(大笑)
まぁ、そういうこともあって、この「取材」を企画したのだが・・・(大笑)

充実した時間を過ごし帰宅する。(喜)

日記 | 23:53:20 | Comments(0)
会報の原稿を提出する
夏に発行する法人会の会報(夏号)に掲載する連載物のコラム記事をようやく書き上げた。(喜)
このコラム『全国税務署巡り』は、会報に載せる記事が無くて、ページの半分が空欄になった時に始めた“穴埋め”用の小さなコラム記事から始まった。
が・・・今回は、話しのネタがあり過ぎて・・・ついに丸々1ページを占める記事となってしまった。(大汗)
そもそもの目的から、かなり逸脱してしまったが、やむを得ない。(大笑)
文章を簡潔に短くするという能力がない・・・(苦笑)
写真もたくさん載せたいし・・・(笑)

原稿は数日前には書き上げていたが・・・
拙者の場合、どうしても“熟成期間”が必要なのである。(笑)
原稿を書き上げ・・・数日放置する。
で・・・数日後、もう一度読み直して修正をする。
これをやらないと、どうも不安で仕方がないのだ。(苦笑)
“熟成期間”を設けたからと言って、素晴らしい文章に変わるというものでもないのだが・・・(大笑)

印刷物の恐い所は、出来上がったら、もう修正・訂正はきかないというところ・・・
これが怖くて仕方がない・・・
何度見直しても、誤字脱字を見つけられないこともある。(なぜなのかわからないが・・・)
文体は、これでいいのか?
言葉遣いは、これでおかしくはないか?
話の展開は、こういう展開で・・・話のオチは、これでいいか?
前後を入れ替えた方が読みやすいんじゃあるまいか?・・・とか・・・
まぁ、悩む悩む・・・(大涙)

何度も読み直して・・・う~ん・・・これでいいかな・・・と、半分“諦め”気分が出てきたところで完成ということにする!(笑)
で・・・本日、事務局に提出。
お盆休み前には印刷に回さねばならないから、もう手直しはきかねぇぞ~(汗)

このブログをダラダラといつまでも書いているのも、実は、この会報の原稿のためでもある。
とにかく何でもいいから、普段から文章を書いていれば、会報の原稿を書くときに、すんなりと書くことが出来るだろうと思ってのことである。
が・・・その効果が表れているかどうかは、かなり怪しい・・・(大笑)
文章を書く“億劫さ”からは少しは進歩したとは思うが・・・
まだ、満足の域には達していない。(大汗)
そう思うと、新聞記者などは大したものだと本当に思う。

とにかく、なんとかかんとか原稿を書き上げ、一件落着である。(苦笑)
とりあえず、今回も責任が果たせて良かった・・・

日記 | 23:51:51 | Comments(0)
眠れない!(涙)
昨晩・・・
いつものようにベッドにもぐりこみ・・・さぁ、寝ようとしたのだが・・・
なぜか、眠れない・・・(唖然)
いつもなら、ベッドに入って5分も経たぬうちにドッと眠りに落ちるはずなのに・・・・

ベッドの上で、ゴロゴロと寝がえりを打っているうちに、ふと時計を見たら・・・
午前3時半!(驚)
そんなに何時間もゴロゴロしていたのか?
もしかしたら、“寝られない”という夢を見ていて、実際には寝ているのではあるまいか?(苦笑)
これは夢なのか、現実なのか?

再び寝ようとしたが・・・
そのうち新聞配達のバイクの音が聞こえてきた・・・(唖然)
これが聞こえるということは・・・寝ていないな・・・これは現実だな・・・(苦笑)

午前4時・・・・
こんなことなら、読書をしていれば良かったと、思い切って寝るのを諦めて起き出し、読書をすることにした。(笑)
本を読みだしてすぐに、あくびは出るが眠くない・・・(大汗)
おかしい・・・

なんで寝られなくなったのだろう?
思い当たることが全くないのである。
心配事もないし・・・
だいたい、今までなら、心配事があっても、すぐに寝てしまっていたのに・・・
原因不明である。(汗)
こういう“一睡もできない”というのは、今までに十数年に一度くらいやってきたが・・・
う~ん・・・久しぶりである。

で・・・・予想通り・・・
朝食後は、頭がガンガンと痛み、調子が悪くなった・・・(涙)
睡眠不足である・・・(汗)
あ~あ~・・・今日は一日、調子が悪いままで過ごすことになりそうである。
参ったぁ~(大涙)

日記 | 10:44:41 | Comments(0)
『松方コレクション』を鑑賞する
昨日、姪っ子のコンサートを聴くために上京して一泊・・・
今日は上野の国立西洋美術館に行き『松方コレクション』を鑑賞する。(嬉)

img253_convert_20200102143235.jpg

img254_convert_20200102143309.jpg img255_convert_20200102143340.jpg

ところで・・・松方って誰だろう?(苦笑)
知らないで見に行くんだから、拙者もいい加減な人間である。(苦笑)

「松方さん」というのは、神戸の川崎造船所(現在の川崎重工)を率いた松方幸次郎という人だそうだ。
事業を拡大し、大正5年から昭和2年の10年間に、ロンドンやパリで美術品を買い集めたそうだ。
その数、3000点以上に上る・・・
どうも松方さんは日本人のために美術館を作りたいということで買いまくったらしい・・・
その直後の金融恐慌のあおりで事業は破綻し、収集品は散逸したらしい。
さらに作品の一部はロンドンの倉庫が火災に遭ってしまい焼失!
(なんと、もったいないことか・・・)
さらに一部は、第二次世界大戦末期にフランス政府に接収されたが、戦後、これら375点が寄贈返還され、これを基に国立西洋美術館が誕生したらしい。
へぇ~・・・である。

今回展示された作品には、国内外に散逸されたものも含まれているらしいが・・・
モネ、ルノアール、ゴッホ、ゴーガンなど著名な画家の絵が展示される。
拙者個人としては、ルノアールとかモネとかには全く興味がない・・・(苦笑)
あのような淡くてボヤッ~とした絵は好きではないのである。(笑)
印象派の絵より写実葉の絵のほうが好きなのである。
が・・・色々な絵が見られるから、これはこれで面白かった。

大満足をして・・・・帰宅する。(大喜)

日記 | 11:56:08 | Comments(0)
藤井さんがお亡くなりになっていた。(涙)
我が戦友会の会員である藤井さんの娘さんから突然のお電話・・・
直感だが・・・まさか・・・と思ったら案の定・・・
お父さんが6月1日にお亡くなりになっていて、四十九日の法要を終えたので連絡をしたという。(大汗)
6月に亡くなられていたんですか!(驚)
94歳だったという・・・
うちの親父が亡くなった年、喪中のハガキを送ったら、お線香を贈っていただいたので、何も知らず失礼しちゃったなぁ~と思ったのだが・・・
そのあたりを考慮したのだろう。
亡くなった直後に知らせたのでは、大阪まで来ることになったのでは申し訳ないという心遣いらしい・・・
そこで四十九日の法要を終えてから知らせてくれたようである。
申し訳なし・・・である。

藤井さんとは、10年前に一緒にフィリピンのミンダナオ島を旅行した仲だった。
藤井さんは海軍の少年兵だった。
17歳か18歳でフィリピンに派遣され、終戦後20歳になったと言っていた。
ちなみにお兄さんは我が部隊の陸軍の兵士としてルソン島で戦って生還した人・・・
復員後、兄弟そろってフィリピンで戦っていたことを知ったという。(笑)
そのお兄さんは「最後の一兵になるまで慰霊は続けなければならない」と言っていたそうだが、拙者が戦友会に関わる前にお亡くなりになったので、拙者はお会いしたことがない。
が・・・気持ちは同じである。
そういうこともあってか、名古屋で開催した慰霊祭の時に藤井さんから「あんた、フィリピンによく慰霊に行くんだって?今度、行くときについでに連れて行ってくれないかなぁ~」と言われた。
藤井さんは復員後、一度もフィリピンに行っていないという。

それから4年が経ってしまったある日・・・
我が祖父の部下たちの慰霊のためにルソン島に行くことを計画していた時に、突然、4年前のことを思い出した!(大汗)
しまった!・・・あれから4年も経っちゃった!(大汗)
急ぎ、藤井さんに連絡を取り、一緒にフィリピンに行く気があるかどうか確認・・・
ただ、ルソン島とミンダナオ島の両方行くのは日程と予算上、ちょっと無理なので・・・・
ここは藤井さんの「思い出を辿る旅」ということで、ミンダナオ島だけに行くことに急遽、予定を変更した。
「思い立ったが吉日」・・・である。
思い立って1ヶ月後に実行に移した。
あの旅行は、本当に楽しい旅行だった・・・
拙者にとっても、思い出深い「慰霊の旅」となった。

あれから、もう10年も経ってしまったのか・・・
あの時、ドタバタして旅行を実行したが、思い切って実行して本当に良かったと思う。
もしあの時、実行せず、今日を迎えていたら・・・大後悔である!(大汗)

旅行後、一度だけ、大坂のご自宅を訪問して、おしゃべりをしただけで、その後はお会いしていない・・・
今になって思えば、あと1~2回くらい顔を出せばよかったかなぁ~と思うが・・・
キリがないか・・・

藤井さんには、いい思い出をたくさんいただき感謝、感謝である。
ご冥福をお祈りする。

日記 | 22:38:15 | Comments(0)
ガスコンロを購入!(笑)
我が家の台所のガスコンロ・・・・
10年ほど前にガス機器の業者が点検に来た時に、とりあえずの応急処置をしてもらった代物である。(笑)
もう何十年使っているコンロだろう・・・これ・・・(大笑)
軽く20年は使っていると思う・・・(汗)
で・・・10年ぐらい前から点火プラグの調子が悪い・・・
ということで、応急処置をしてもらったのだが、あくまでも応急処置である。
それを10年近くも使い続けていたのである。(大笑)
ついに、どうも点火が怪しくなって来たので・・・
こりゃ、事故でも起こす前に買い替えたほうが良いなと思い、友人の“ウメちゃん”を通して購入した。
彼を通すと、安く手に入るのである。(大笑)

で・・・今回購入したガスコンロ・・・
以前のものは、つまみを回して点火したのであるが、この新しいものは押しボタン式である。
バーナーには温度センサーが付いているから安心だ。
この間、買い替えた車・・・・
中古車なのに、最近の車はボタンを押してエンジンをかけるのだというのには驚いた。
で・・・ガスコンロも押しボタン式である!(大笑)
そのうち「回す」という動きは廃れてしまうのではなかろうか?(大笑)
以前のものはグリルに水を入れて魚を焼いたが・・・
最近のものは、水を張らなくていいのだそうだ。(汗)
大丈夫かい?・・・それで・・・(大汗)

いやはや、歳を取ったせいか・・・新しいものについて行けるかどうか・・・(大汗)

日記 | 11:55:08 | Comments(0)
伯父の墓参り
今日は東京の伯父の墓参りに行く。
伯父の命日に近い日曜日を狙い・・・
一人娘の従妹に「当然、お父さんのお墓参りに行くよね?」とお墓参りを強要する。(大笑)
当然、言った以上、拙者も同行させてもらう事とし、昨日上京して一泊。
我が妹も付き合ってくれると言うので、3人でお墓参りをする。
「一人でお墓参りをするんじゃ寂しいでしょ?」とか何とか言って・・・(大笑)

お墓参り後、昼食を一緒に食べ、さらに喫茶店で雑談して過ごす。
こういうことでもなければ、なかなか従兄妹同士で話をする機会はない。
一人娘を残して旅立った伯父さんも少しは安心してくれるんじゃなかろうかと思う。
充実した時間を過ごし・・・・帰宅する。

日記 | 11:54:18 | Comments(0)
次のページ