FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

納豆が糸を引かない!(驚)
先日スーパーから買ってきた納豆を食べる・・・
3個で1パックになっている納豆である。

3個のうちの一番上の物を取って・・・
箸でかき混ぜたのだが、なぜか全く糸を引かないのである!(驚)
おかしい・・・
いくらかき混ぜても糸を引かない・・・(大汗)
ただの〝煮豆”である・・・(唖然)
発酵していないのか?
それとも、納豆菌を入れるのを忘れたのか?

この納豆を食べるのを諦めて捨てることにした。
煮豆だと思って食べれば食べられないこともないとは思うが・・・(苦笑)
普通なら、糸を引く豆の方が危ないという感じだが、〝納豆”という意識があると、糸を引かないほうが危ないと感じてしまう。
おかしな話なのだが・・・

次の2番目の納豆をかき混ぜてみた。
ほんの少しだけ糸が引いたような気がする・・・という感じ・・・
タレをかけたら、全く糸を引かなくなり、これまた〝煮豆”状態・・・
おい、おい、おい・・・である。(大汗)

で・・・最後に残った3個目・・・
パックの一番下の納豆である。
これをかき混ぜたら、これはいつものように糸を引いた!
感動である!
納豆が糸を引くのは当たり前のことなのだが、妙に感動をしてしまった!(大笑)

ここから想像するに・・・
全自動の流れ作業での製造をしていたと仮定すると・・・・
3個のうち1個には通常通り納豆菌が投入され・・・
次の2個目には、ほんのちょっとだけしか納豆菌が入らず・・・
最後の3個目には全く納豆菌が投入されなかったということではなかろうか?
たぶん、納豆菌の入ったタンクが空になっていたのでは?
で・・・流れ作業で3個で1パックに包装されるときに、この3個が一緒になったのではなかろうか?

ということは・・・この拙者が買った納豆の次のロットは、3個とも〝煮豆”状態となっているかも・・・(大汗)
それが何パック作られたか・・・(大汗)
全自動でダダダダダ・・・と流れていたとすると、かなりの量になるのでは?(汗)
これは明らかな製造ミスによる〝不良品”である。

さて、この〝不良品”を製造会社に教えてあげようかなとも思ったが・・・
パッケージには工場名は記載されていたが、連絡先の電話番号の記載がない!(唖然)
購入したスーパーに持って行ってクレームをつけるのも面倒くさい・・・(笑)
どうせ、もうこの〝不良品”は市場に流れだしているわけだし・・・
今さら、どうこう言ってもねぇ~(苦笑)
健康に影響を与えるような〝不良品”なら話は別だが・・・
納豆のはずが煮豆のまま・・・というだけの話だし・・・(笑)
ということで、クレームを言うのはやめにした。(笑)

しかし、納豆が糸を引かないなんて、初めての経験である。
糸を引くのが当たり前と思っていたが、こういうこともあるんだねぇ~
面白い経験をした。

スポンサーサイト



日記 | 18:28:36 | Comments(0)
97歳からお電話!(大喜)
夕方、突然電話がかかってきた・・・
電話に出たら、“ハナオカさん”だった!(大喜)
先日お送りしたお手紙が届いたそうで・・・
「ありがとう!」とお元気な声が・・・

“ハナオカさん”は、拙者の祖父と同じ師団の兵士で、フィリピンで戦った砲兵だった。
その体験談をビデオ会議システムで行なったことが、読売新聞に掲載されたので、その新聞をお送りした。
で・・・その時の様子を色々とお話しくださった。
2年ほど前には大阪に出て、会場で直接、皆さんに体験談をお話ししたそうだが、このコロナ禍で、会場で話すという事も出来ず、また高齢なので大阪まで行くのも難しくなったとのこと。
そこで、テレビ会議システムの利用という事を勧められたそうだが、やり方がわからない・・・(大笑)
そこは、孫が全部やってくれて、自分は自宅で椅子に座って話すだけ・・・
「いやぁ~楽だったよぉ~」と笑う。

“ハナオカさん”の奈良のご自宅を訪問したのは11年前・・・
それが最後で、その後、お会いしていない・・・(大汗)
あれから、もう11年も経ったのか?(驚)
こういうのを調べるのには、このブログが役に立つ。
なにせ、そのために書いているようなもので・・・
日記帳に書いたのでは、捜すのに苦労するが、このブログならすぐに見つかるから便利・・・
だから日記帳ではなく、このブログに記録を残すようにしているのである。(苦笑)
つまり・・・独り言のようなものなのである。
ところが、何を勘違いしているのか、自分に話しかけられていると勘違いしているのか・・・(苦笑)
拙者の“独り言”にケチをつけて、コメントを書きこむ馬鹿がいるんだから呆れる・・・(大笑)
あんたになんかに話しかけていねぇよ・・・っていうのに・・・(大笑)

もう97歳になっておられたとは・・・月日が過ぎるのは本当に早いものである。(唖然)
11年前にお会いした時・・・
“ハナオカさん”は万歩計を付けて散歩するのを日課としていた。
その記録を毎日ノートに書きこんで、歩数から算出した歩いた距離を日本地図にプロットして、“日本一周”を楽しんでいた。
で・・・今は?・・・とお尋ねしたら・・・
狭心症の持病があるので、外を歩くのは危険とのことで、家の中を歩いているという。
家の中を一周すると22メートルだそうで・・・
それを1日、40回繰り返すのだそうだ。(驚)
「1日に880メートルだから1キロには満たないけどね・・・」と笑う。
相変わらず、数字には細かい・・・
さすがは砲兵・・・2番砲手である。
2番砲手は、砲兵観測所からの諸元を受け取って、即座に計算して照準をつけるのが仕事である。
だから、とにかく数字に強い・・・(笑)
「1カ月に20日以上は歩くから、だいたい1ヶ月に20キロは歩いているかな?」とおっしゃる。
ひぇ~・・・拙者よりも歩いているぞ・・・脱帽である!

商売も、息子さんに代を譲ったので・・・「楽ちん」だと言う・・・
が・・・
「本当はね、楽(らく)じゃなくて、「ら」が抜けて「苦(く)」ばかりなんだ・・・」と本音がチラリ・・・(汗)
ご高齢で外に出かけることも出来ず、家の中でジッとしていなければならない・・・
それが苦しいという。
何もせず、ボーッとしていると良くないので、なんとかせねば・・・というのが“苦痛”なのだそうだ。
「できれば、早くあの世に行きたいんだが・・・自分からそういうことをするわけにはいかないし・・・」とおっしゃる。
いやぁ~辛いだろうなぁ~・・・・
このコロナ禍の中で我慢が出来ず、騒ぎ立てる連中も多いが・・・
やっぱり戦地で極限を体験した人は“出来”が違うなぁ~と思う。
このコロナ禍がなければ、すぐにでも会いに行きたいのだが・・・なんとも残念である!(涙)

やっぱり「歩く」というのは大事なんだろうなぁ~(笑)
張りのある元気なお声・・・11年前と全く変わらない・・・(驚)
「まぁ、そのうち段々と弱ってくるとは思うけど・・・」(苦笑)・・・とおっしゃるが・・・
来年も再来年も、このままお元気でいて欲しい・・・
再会の機会を奪うコロナ禍が憎いなぁ~
というより・・・コロナで騒ぎすぎるマスコミが憎い・・・
そう騒がれたのでは身動きがとれぬ!

「ところで・・・あんた、いくつになりましたか?」とのご質問・・・
「60歳です!」
「いやぁ~若いねぇ~」(大笑)
これには参った・・・(大汗)
たしかに・・・97歳から見たら60歳は・・・かなり若い・・・(大笑)
そう言われちゃうと、グダグダとしていられないな・・・(大汗)

拙者の嫌いな言葉の一つに「勇気をもらいました!」というのがある。
“勇気”って・・・何に対しての“勇気”なのか・・・さっぱりわからぬ。
猫も杓子も、何かといえば「勇気をもらいました!」と言う・・・
最初にこの言葉を使った奴は、かなり言葉の遣い方を知らぬ人間だったのではなかろうか?
正しくは・・・「元気をもらいました!」ではなかろうか?

“ハナオカさん”からお電話を頂き、「元気をもらった!」・・・(大笑)
60歳が97歳から元気をもらうようではマズイのだが・・・(大汗)
なんだろ・・・電話を切った後の・・・ワクワク感・・・
なぜか、やる気が出てきたのである。
暑い、暑いとグダ~とはしていられないな・・・(苦笑)

“ハナオカさん”に大感謝である!

日記 | 21:19:52 | Comments(0)
久しぶりの会議!(大喜)
今日は法人会の理事会・・・
久しぶりの会議である!
前回の理事会は、コロナ禍のおかげで、大事を取って会議の開催をせず・・・
審議事項は送付された書類を見て、書類によって“承認”というやり方を取った。
その次に開催された総会は、一応、会議は開かれたが、委任状を提出することにして拙者は欠席した。
事前の理事会で審議した内容なので、ハッキリ言って“理事”は出席しないほうが“密”は避けられると思ったのだが・・・
意外と人が集まったという・・・(唖然)

今回の理事会は、税務署長以下統括官などの人事異動があったので、新任の方々との初顔合わせとなる。
そのため、会場に集まってもらいたいとのこと。
困ったことに、理事会は委任状による欠席というのは認められていない。
欠席者が増えてしまい、理事の過半数を割ってしまうと、理事会自体が無効となってしまう。
ということで・・・今回は行かねばならぬ。(苦笑)

こう長期間、家に“引きこもって”いると、どうも出かけるのが億劫である。(苦笑)
この暑さの中でスーツに着替えるのも面倒くさい・・・(大笑)
が・・・久々の会議!・・・気分はウキウキなのである。

会場ではマスク着用・・・
〝3密”を避けるため、3人掛けの長テーブルに一人掛け・・・(笑)
久々に皆さんとマスクを通して会話する。
やっぱり、人とおしゃべりするというのは気分がスッキリする・・・(喜)

会長を始め、何人もの方から「久しぶりじゃないの?ずいぶん会っていない気がするんだけど・・・元気だった?」と笑われる。
今まで無欠席だった総会に欠席したせいなのかもしれない・・・(汗)
確かに半年以上、皆さんとはお会いしておりませぬが・・・(苦笑)
「生きてたの?」と驚かれるほどではないと思うが・・・(苦笑)

理事会後、新任の税務署長と統括官の皆さんと名刺交換・・・
が・・・これ・・・意味があるんだろうか?(大汗)
お互いにマスクをしているから顔が分からんのです!(大笑)
一体、誰と名刺交換したのやら・・・
このコロナ禍が収まって、マスクをせずに対面する時になったら、思わず「初めまして」という挨拶をすることになるんじゃあるまいか?(大笑)
「私が名刺を渡したのは、あなたでしたっけ?」っていうことになるんじゃあるまいか?(大笑)
思わずマスクの下で苦笑い・・・



日記 | 21:53:35 | Comments(0)
97歳の戦友に手紙を出す
先日、新聞を読んでいたら・・・
知り合いの“戦友”の記事が載っているのを発見!(驚)
あらら・・・・

記事の主、“ハナオカ”さんは、フィリピンで戦い生還した元砲兵である。
拙者の祖父と同じ師団に所属していた方で、同じ地域で戦っていた方である。
記事は氏が、ビデオ会議システムを使って、自身の戦争体験の講演をやったという記事である。
このコロナ禍のおかげで、ネットを使っての講演となったらしいが・・・
御年、97歳とのこと!(驚)
いやぁ~なんと前向きな・・・

氏と最後にお会いしたのは、今から11年前である。
奈良のご自宅を訪問し、おしゃべりをしたが、ついでに泊まっていけと云われて、御言葉に甘えて急きょ一泊させていただいた。
あれから、もう11年も経つのか?(大汗)
ついこの間のような気がしていたが・・・・

もう97歳になられていたとは・・・
本当に驚きである。
年賀状のやり取りだけは、ずっと続けていたので“御存命”なのは知ってはいたが・・・(苦笑)
寝たきりなのか、入院中なのか・・・健康状態は年賀状からは知ることは難しい。(汗)
まさか、ビデオ会議システムを使って講演会をしたとは・・・(唖然)
かなりお元気なようである。

いやぁ~嬉しいなぁ~(大喜)

筆不精なのだが・・・お手紙と新聞を一緒にお送りすることにした。(笑)
新聞に載ってましたよぉ~新聞を見ましたよぉ~・・・ということで・・・(大笑)

日記 | 17:32:58 | Comments(2)
なぜ缶詰はサバとイワシばかり?
今日は、いつも行くスーパーマーケットとは別のスーパーに買い物に行ってみることにした。(笑)
気分転換である!(大笑)

で・・・
いつも買っているメーカーのものではないものを敢えて探して買うことにしてみた。
折角、別のスーパーに来たのだから、値段は無視してメーカーで決めてみる。
当然、当たりハズレはあるとは思うが・・・(大汗)
ハズレを引いても、それはそれで面白いだろう。(笑)

で・・・
ついでに、“非常食”としての缶詰も買おうかと思ったのだが・・・
う~ん・・・なんだろう・・・
サバの味噌煮、水煮・・・イワシの缶詰ばかりがズラリ・・・(汗)
これはメーカーが違ってもねぇ~
味噌味は味噌味だろうし・・・(苦笑)
何か変わった缶詰を買いたかったのだが、残念ながら購買意欲をそそるようなものは見つからなかった・・・

それにしても、どうして、こうサバ缶やイワシ缶ばかり多いのだろうか?


日記 | 16:25:20 | Comments(0)
「黒板」を知らない?(大汗)
昨晩見た夢・・・(苦笑)

ある予備校の教室に拙者は駆け込んだ・・・(汗)
やっちまったぁ~・・・遅刻である!(大汗)

と・・・教室は受講生で満杯に近いが、所々に空席があったので・・・
「ここに座ってもいいですか?」と隣の学生に声をかけた。
と・・・彼、いわく・・・「座ってもいいですけど・・・意味ないですよ」
ん?何でだ?
「モニターの画面がうまく表示できないので、もう2時間も機械をいじっているんですよ」という。
だから、講義が始まらないのだという。
2時間前?
ということは、拙者は2時間も遅刻したのか?(大汗)

「モニター?・・・黒板を使って講義すればいいんじゃないか?」と言ったら・・・
周囲からどよめきが・・・
「黒板?・・・黒板って何?」
「何言ってんの・・・このオジサン・・・」
周囲の学生の冷ややかな目・・・(大汗)

え?・・・黒板って知らないのか?
「黒板にチョークでササッと書きながら講義すればいいんじゃないのかね?」と拙者・・・
「チョーク?・・・なによ・・・チョークって・・・」と再びどよめきが・・・

教室を見渡したら、壁に特大のモニターがくっ付いているだけ・・・(大汗)
黒板はない・・・ホワイトボードもない・・・(大汗)
あれれ?
教室なのに黒板がないのか?(唖然)
モニター画面は“砂嵐”状態で、映像が表示されていない・・・
音声もダメなようで、大きなヘッドフォンを付けた若い女の子が音響機器を必死でいじっている。(汗)

拙者の発言によるざわめきはまだ続いている。
「黒板」って誰も知らないのか?
死語になっているのか?(大汗)
隣の学生に聞いたら「それ何ですか?」というのだから驚きである。

いつの間にか、この世から「黒板」が消えてしまったようである。
黒板の代わりに巨大なモニター画面になってしまったようである。(唖然)
“時代は変わった”・・・・のか?
恐ろしい・・・

で・・・ここで気が付いた・・・
なんで拙者は予備校に通っているんだろう?(大汗)
たしか・・・拙者は大学を卒業しているはずなのだが・・・(苦笑)
あれ?・・・おかしいぞ・・・

と・・・・ここで、目が覚めた・・・(大汗)

「リモート」という言葉をやたらと聞くようになったせいで、こんな夢を見たのだろうか?(大笑)

日記 | 16:47:20 | Comments(0)
「一言コメント」の案を作成する。(汗)
我が母校の同窓会新聞に全国の支部長の「一言コメント」を掲載するという。
で・・・我が支部長からSOSが・・・(汗)
文章が思い浮かばないので、代筆を頼むとのこと・・・(驚)

大学側からは、いくつかのテーマが出されていて、そのうちの一つか二つを選んで、100字以内でコメントを書いてくれとの指示である。
100字というのは、文章としては案外と短いのである。(涙)
いやぁ~参ったなぁ~
支部長は、拙者が文章を書くのが得意だと思い込んでいるらしいのだが・・・
実は、大の苦手なのである。(涙)

四苦八苦して、文字数を確認しながら、なんとか4つほど案を作成した。
大学への要望、我が支部の現状報告、「同窓会」の将来の展望と提言、大学への提言・・・といった4つのパターンであるが・・・
すべて拙者の私見である。(大笑)
支部長の考えは一つも入っていない・・・(苦笑)
とりあえず、これを叩き台として支部長に示して、支部長のご意見を伺うべく、本日、支部長に郵送する。

何もないところから「書く」というのは結構難しいもので・・・
とにかく「叩き台」というのがあれば、意見も出しやすいだろうし、ちょっと修正をかければ完成するだろうし・・・(苦笑)
さて・・・支部長のご意見は如何・・・
楽しみである。(笑)

日記 | 22:04:39 | Comments(0)
猫と送り火
昨年から、どういうわけか我が家の庭に黒と白の「ぶち猫」が現れるようになった。
首輪をしているので、どうやら、どこかの飼い猫のようである。
この「ぶち猫」・・・・
我が家の塀の上で日向ぼっこをしていたり、庭木の下で涼んでいたりしているが、拙者の姿を見ると、脱兎の如く逃げるのである。

今日はお盆の最終日・・・・
「送り火」を焚くため、玄関から外に出たら・・・
あらら・・・いつもの「ぶち猫」が、ちゃっかり門柱の上に乗っていた。(驚)
いつもなら、脱兎の如く逃げるはずなのだが、なぜか逃げない・・・
この「ぶち猫」を無視して「送り火」を焚く・・・
と・・・「ぶち猫」君・・・
じっと「送り火」を見たまま動かない・・・(笑)

これ・・・
まるで、猫と一緒にお袋と親父を見送っている感じになっちゃうんですけど・・・(大笑)

まぁ・・・いいか・・・
こういう年があってもいいかな・・・
「ぶち猫」君、ご苦労さん!(大笑)
「送り火」にお付き合いいただき感謝!(大笑)

日記 | 21:22:56 | Comments(0)
「喫煙できる小学生・・・」って?(驚)
久しぶりに車を運転してスーパーにお買い物に行く・・・
カーラジオを聞きながらの帰り道・・・

「喫煙できる小学生を募集しています!」とアナウンサー
ん?・・・何だ?
喫煙できる小学生ですと・・・(驚)
そういうことをラジオで言っていいのかね?(唖然)

と・・・
再び・・・「というわけで・・・出演できる小学生を募集しております!ふるってご応募ください」とアナウンサー
あらら・・・(大汗)
なんたることぞ・・・
「しゅつえん」と「きつえん」を聞き違えていた・・・(大汗)

歳のせいなのかなぁ~
確かに「喫煙」って聞こえたんだけどなぁ~(苦笑)
耳鼻科に行ってきたほうがいいのかなぁ~
いや、いや、これはアナウンサーの活舌が悪かったせいではなかろうか?(笑)
そうだ・・・そういうことにしよう・・・(大笑)

日記 | 17:44:30 | Comments(1)
お喋りは大切である!
いつも行くコンビニの店員さん・・・
パートのオバチャンだが、いつも明るい元気な人・・・
オバチャンといっても、明らかに拙者より、かなり年下であるが・・・(大笑)

今回は、冷たい飲み物のペットボトル数本と、昼食のお弁当を購入した。
で・・・お会計・・・
彼女が左手にペットボトルを手にして・・・「温めましょうか?」と尋ねてきた・・(驚)
「え?・・・それは・・・温めたらダメでしょ」
「え?・・・あら、いやだ!お弁当の方ですよ!」(大笑)
「でも、ペットボトルを手にして言われちゃねぇ~・・・それを温めるのかと思っちゃいますよ~」(大笑)
「失礼しました!お弁当です・・・お弁当・・・」(苦笑)

これが、下手に若い女の子だったら、“笑い”では済まないだろう。
「何言ってるんだ、このオヤジ・・・弁当に決まっているだろうが!」とムッとされるだろうなぁ~(大汗)
「コミュニケーション」なんて言っている割にはコミュニケーションが取れていない人が多いのが現代である。
コミュニケーションは、携帯電話でメールやラインをやることだと思っているようにしか思えない。
直接、面と向かって会話を交わすことがコミュニケーションだと思うのだが・・・

そういう点で、こういう突っ込みの会話に、うまく乗ってくれる人というのは有難い。(笑)
冗談話で笑うことができれば最高である。

で・・・会計が済んだが、その直後・・・
「あれ?・・・ちょっと待ってください!」と彼女・・・
もう一度、レジを打ち直すという。
どうもペットボトルの飲み物を1本だけ重複しているのではないかと思うというのである。
で・・・確かに彼女の言う通り、金額が変わった・・・
「すごい!さすが!よく気が付きましたねぇ~」
「なんとなく、ちょっと高いなと思ったんですよ」と彼女は言うが・・・
多分、レジを通しながら、ザックリと暗算をしていたのではあるまいか?
拙者は全然気が付かなかった・・・
1本、百数十円くらのものだから、気が付くわけがない。(苦笑)
全部で1900円ですと言われれば、そんなものかなと思ってしまう・・・(大笑)

ただただ、ボケ~ッとレジを通しているわけじゃないという彼女・・・
かなりレベルが高い人であろう。
だから、拙者のくだらないチョッカイにも対応できるのであろう。
こういう人を“コミュニケーション力のある人”と言うんだろうなぁ~

対して・・・ムッとしたまま返事の一つもしない客の多いこと・・・(汗)
「こんにちは」「お願いします」「ありがとう」ぐらいは口に出してはどうかと思うが・・・
こういうコミュニケーション力のない奴が、もしかしたらSNSなどで誹謗中傷の書き込みなんかをするんじゃあるまいか?
というような・・・明らかに偏見ですが・・・そういうふうに思えてしまうのである。(大汗)
どうみても陰気臭いもんなぁ~(大笑)

午後、水戸藩士の“シミズくん”が我が家にやってきた。
久しぶりにお喋りを楽しむ。
我が大邸宅の・・・大応接間に・・・(大笑)・・・L字型に座っての会話だから“密”は避けているし、“濃厚接触”にもなっていないだろうと思う。
だいたい、男同士での“濃厚接触”は御免こうむりたい!(大笑)
とにかく、お互いに向いている方向が違うから、感染リスクは低かろう。
飲み物を飲むときだけマスクを外し、会話をするときはマスクをして会話をする。
やっぱり、会話というのは大切だな・・・
ストレス発散となる。
コンビニのオバチャンとは、会計時のごく短時間のおしゃべりだが、拙者にとっては、それでもずいぶんストレス発散となる。
“シミズくん”とのおしゃべりは約1時間半もの長時間ゆえ、気分爽快である!(大喜)
今日は、コンビニのオバチャンと“シミズくん”に感謝、感謝である!

日記 | 23:40:51 | Comments(2)
不愉快なババァ・・・
スーパーに買い物に出かけた時のこと・・・
ふと・・・桃が食べたくなった・・・(大笑)
で・・・6個で1000円という桃を買い物かごに入れ、その後、他の買い物もしてレジに並んだ。

で・・・お会計・・・
その時、拙者の後ろに並んでいた見知らぬオバサンが・・・
「へぇ~桃を買ったんだぁ~高いのにねぇ~金持ちだこと・・・」と言ったのである!(驚)
軽い冗談で言っているものと思って振り返りざま・・・
「急に桃が食べたくなったので・・・買っちゃいました」と言ったら・・・・
そのオバサンの目!
マスクをしているので目しか見えないが、“目はモノを言う”というのは本当である・・・
明らかに軽蔑したような目で拙者を見ていたのである!(怒)
このクソババァ・・・(と・・心の中で叫ぶ)(苦笑)

拙者が嫌う“団塊の世代”のババァである。(大汗)
どうして、この世代の人間は嫌味を言わないと気が済まないのかねぇ~
他人に嫌味を言うと気分がいいのかねぇ~?
「あらぁ~金持ちだこと・・・」だと?
これを逆に・・・「あら、おたくは、桃も買えないほど貧乏なんだぁ~特売品しか買えない貧乏人?」と拙者が言ったらどうなるんだろう?(大笑)

SNSなどで、誹謗中傷を書き込む奴がいるが・・・
もしかして、こういうオバサンを母親に持つ人なのかもしれない・・・と、思った。(苦笑)

日記 | 21:42:02 | Comments(1)
大腸がん、無料検診
しばらく前に、市役所から「大腸がんの無料検診のお知らせ」が届いた。
どうやら、今年、60歳になった人に送付したらしい。
しかし・・・我が市も大したものだと思う。
無料で検診してくれるんだから・・・(嬉)

今まで、毎年2回、有料で集団検診を受けてきた・・・
が・・・昨年からは1回に減らすことにした。(苦笑)
経費削減の意味もあるが・・・(大笑)
夏の健康診断は、正直言ってキツイのである。
前日の夜10時から水分をとってはいけないので、真夏は、これがキツイ・・・
これじゃ夜中に熱中症で死んでしまうのではないか?(大笑)
健康診断を受けるために体調を崩したんじゃ本末転倒ではあるまいか?(大汗)

というわけで・・・夏の検診は、辞めることにしたのである。
いつも会う、女性担当者をからかったりするのが出来ないのが残念だが・・・(大笑)

で・・・60歳の人だけの、大腸がんの無料検診・・・
採便だけをして、送り返すだけなら簡単なので、申し込むことにした。(笑)
まぁ、総合的な検診じゃなくても、検査項目の一つくらいは検査しておいた方が良かろう。
来年は、こういう案内は来ないんだろうし・・・(苦笑)

たぶん、大腸がんは大丈夫だと思うんだけど・・・(苦笑)
一応、気休め・・・ということで・・・
これで、もし、大腸がんが見つかった・・・なんてことになったら・・・
じゃぁ、昨年の冬の集団検診はなんだったのだ?高い金を払ったのに・・・ということになる。(大汗)
そうならないことを期待する・・・(大笑)

日記 | 23:32:12 | Comments(0)
98歳への手紙・・・
6月末に、98歳の“ヤスダさん”からお手紙を頂いていたのだが・・・
モタモタしているうちに、あっという間に1ヶ月以上が過ぎてしまった。(大汗)
マズイ・・・非常にマズイ・・・
相手は98歳なのである!(大汗)

こういうところが筆不精の拙者のマズイところで・・・
お返事を出さなくては・・・と思いながらも、なかなか書くことが出来ず・・・
とうとう8月になってしまったのである。
(これも我が胃潰瘍の原因の一つか?)(苦笑)

なにせ、このコロナ禍の騒ぎの中で、外出を控え、自宅に籠っていると、“ご報告”するような話題がないのである!(涙)
いやぁ~参ったなぁ~・・・何を書けばいいんだろう・・・(汗)

“ヤスダ”さんからのお手紙は、年齢が年齢ですから・・・
以前と比べると、益々、“ミミズがのたうち回っている”ような文字でして・・・(大汗)
判読不可能な箇所が随所に・・・(大汗)
というわけで・・・なんと返事を返したらよいものか・・・(涙)

それでも「手紙を書く」という意欲があるんだから大したものだと思う。
普通は、面倒くさくなるだろうに・・・98歳にもなれば・・・
そう考えると、60歳が面倒くさがっているようでは・・・ねぇ~(苦笑)

ようやく、本日、四苦八苦しながら、ようやく手紙を書き上げた。
明日投函するから、当然、着くのは8月7日以降である。
ということで・・・“残暑見舞い”ということになるな・・・

日記 | 23:16:17 | Comments(0)
考えることは皆おなじ・・・・(大笑)
今日、久しぶりにスーパーに買い物に出かけた。
夕方に行くと混むので、敢えて午後2時過ぎに向かう。
こういう自由が利くところがいい・・・(笑)
仕事をしている人は、こういうことができないから大変だろうなぁ~
好むと好まざるとにかかわらず、仕事帰りにスーパーに行かねばならぬ人は大変だ・・・
新型コロナの感染リスクが高まるころに行くのだから・・・(汗)

梅雨明けと同時に毎日が晴天!・・・当然、暑い!
先月は1か月間、晴れ間が滅多になく、肌寒いくらいだったが、一転して猛暑である。
こういう時は・・・・「素麺」でも食べようか・・・
で・・・売り場に行ったら・・・
素麺の特設売り場の棚には素麺が3袋しか残っていなかった!(驚)
たぶん、山のように置いてあっただろうに・・・・
残りは、たったの3袋である!
考えることは皆おなじか・・・(苦笑)
とりあえず・・・1袋だけ買って帰る・・・(大笑)

日記 | 17:43:50 | Comments(0)
古い雑誌に李登輝さんの話が・・・
昨日、台湾の元総統である李登輝氏がお亡くなりになったという。
97歳だったとのこと。
当然、拙者は氏にお会いしたことはない。
が・・・一度だけお会いするチャンスがあったが、なんとなくミーハーぽいのでやめたことがある。
“有名人”に会って、一緒に写真を撮って、それを自慢するという人達と一緒というのもいかがなものか・・・
みっともない・・・という気がしてしまったのである。
今思うと、やっぱりお会いしておけばよかったかなぁ~と思ったりするが・・・(汗)
いや、いや、やめてよかったんだ・・・と、やっぱり思う。

拙者の部屋の本棚に古い『文藝春秋』が鎮座している。
いつのものかと、ふと気になって手に取ってみたら、2007年のものだった。
ということは・・・13年間も本棚に“飾って”いたのか?(大汗)

で・・・ページをペラペラとめくってみたら・・・
(実際にはページが張り付いてしまっていてバリバリとめくったのだが・・・)(大笑)
なんと!
李登輝氏の投稿記事が載っていたのである!(驚)
なんというタイミングだろう・・・

李登輝氏が2007年の6月に日本に来た時におこなわれた講演をもとに加筆修正されたものだという。
この記事の題名は『中国よ、だから私は靖国に行く』・・・・
副題は『亡き兄の参拝にまで屁理屈をいう中国人の腹の底とは』・・・となっている。

李登輝氏はこの年の6月に初めて靖国神社を参拝したという。
なぜならば、兄がここに祀られているからである。
李登輝氏(日本名は岩里政男)は京都帝国大学にいたが、その後、志願して陸軍の高射砲部隊に入隊して台湾の高雄に派遣されている。
氏の兄の李登欽は、日本名を岩里武則といい、台湾での最初の志願兵として海軍陸戦隊の上等機関兵になった。
その兄は昭和20年の春にフィリピンのマニラで戦死・・・
靖国神社に岩里武則として祀られているという。

李登輝氏の父親は県会議員だそうで、95歳でお亡くなりになったというのだから、長生きの家系なのかもしれない。
この兄が生きていれば、自分より政治的に大きな仕事をしたのではないかと氏は言う。
生きていれば、お兄さんが総統になっていたかもしれないなぁ~
だから、戦争はしないほうがいいと拙者は思うのである。
そういう将来のある若者が死んでしまうのだから・・・・
戦争で戦うのは、この先、どうにもならないような還暦を迎えた拙者のような“高齢者”だけが殺し合いをすればいい。(大笑)

この記事では「2007年とその後の世界情勢」として、今後の見通しを述べており、非常に興味深い。
13年もたって振り返ってみると、その“読み”が、結構、“当たっている”もしくは“当たらずとも遠からず”なのである。
「アメリカの衰弱とロシアの拡張」・・・などもなるほどね・・・である。
「中国の経済問題」も同様で、今の香港問題なども、そういうことから、こういうことになったのかもしれない・・・と納得できる、お話なのである。
(直接、香港とは名指しはしていないが・・・)
「外資が減少すると中国は沿岸地域の資金を内陸部に移転することが難しくなる」
(沿岸地域には香港が含まれるのではないか?)
「これまで地方政府の経済行為を効果的に管理することができず、(略)中央政府の政治支配力を強化し、人事の統制によって経済をコントロールしようとするでしょう」
(まさしく、香港の話ではなかろうか?)

さすがは総統になるような方である・・・・すごい・・・

このような古い雑誌を読み直してみると、あれこれ書いている割には全然的外れな話だった、“読み”が大外れだった・・・ということがわかる方や・・・
今では、どこに消えてしまったのやら・・・という方もいたり・・・(大汗)
面白いものである。

買った当時は、たぶん、サラッと読んでしまっていると思うが、こうして改めて読み直してみると、その言葉の重みを感じる・・・
すごい人だったんだなぁ~と改めて思った・・・・
李登輝氏のご冥福をお祈りする・・・

日記 | 21:09:05 | Comments(0)
次のページ