FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

土地が盗まれたのか?(大汗)
午前、NTTの代理店から電話があった。
拙者の所有する土地に電柱が建っているのだが、その土地の使用料を支払うことになっているという。
で・・・調べてみたら、土地の所有者が別の人になっているというのだ!(驚)
昨年、〇〇さんという人が購入したことになっているという。
そんな馬鹿な・・・・(汗)
昨年、親父から相続して、そのままにしている土地である。
当事者の知らぬままに土地が売買されるなんてことがあるのだろうか?(大汗)
普通はあり得ない話だと思うのだが・・・
今の、この時代である・・・ネットを介して何かが起こってもおかしくはないかな?

夕方、担当者が我が家に説明にやってきた。
で・・・・そもそも、この電柱は東京電力の電柱なんですけど・・・・(汗)
当然、東京電力からは土地使用料が振り込まれている。
親父から相続した時に、土地所有者の変更と振込口座の変更の手続きをしてある。

で・・・今回はNTT・・・???
なんでNTTが?
と思ったら、この電柱をNTTも使っているそうで、そのために電柱を支える「支線」というのが張られているのだそうだ。
その支線の土地使用料はNTTが支払わなければならないので、その確認をしているという。
全然、そんなことは気にもしていなかったが・・・・(苦笑)
たったあの程度の「支線」のために使用料を払ってくれるの?(笑)

「この土地なんですけど・・・」と担当者が地図を指し示したが・・・
何かおかしい・・・
こんなに拙者の土地は狭かったか?(苦笑)
「この角の土地ですよね?」と担当者・・・
確かに、角の土地だが・・・こんな形だっけ?・・・しかも狭いし・・・・(汗)

念のため、拙者も自分の資料を用意した・・・
東京電力側から送られてきた地代支払い関係の書類とか役所の土地評価の証明書とか・・・
で・・・気が付いた・・・
番地が違う!
担当者の言う番地と微妙に(苦笑)違うのである。
このあたりの土地は、どうも分筆が繰り返されているのか、細かく区分されていて、やたらと番地が多い。
「これ・・・番地が違いますよ」と言ったのだが・・・
担当者は「いや、調べましたけど、そういう番地はないんですよ。この番地で間違いないんですよ。で・・・これ、他の人に所有権が移っているんですよねぇ~」と言う。
それがおかしいんだよねぇ~
じゃぁ、拙者の土地は盗まれたっていうこと?(唖然)

どうもおかしい・・・
この担当者の雰囲気・・・あやしいのである。
過去に出会ったことのあるオッチョコチョイでチャラい奴の“臭い”がするのである。(苦笑)
こういう“臭い”のする奴の「絶対、間違いありません」というくらい信用できないものはない・・・(大笑)

「法務局で調べて来たんだから間違いないです」
「でも、番地が違いますけど・・・」
「その番地は存在しないんですよ」
「そんなことはないでしょ。東電の資料にも役所の土地評価の書類にも、この番地が記されているんですから」
「でも、そういう番地はないんですよねぇ~」

ちょっと地図を貸してくれ・・・と言って、よくよく見てみたら・・・・
あるじゃないか!
道路が1本違っているではないか!
「あるでしょ!ここに!」(怒)
土地の広さ、形とも拙者の記憶通りのものが・・・
「あれ?」と担当者・・・
「そんな番地はないって・・・ここにあるでしょ!」(怒)
「あれ?・・・本当だ・・・」

本当だ・・・じゃねぇよなぁ~(大汗)
土地が盗まれたのかと心臓が止まる思いだったぞ!(大汗)
やっぱり、この担当者はオッチョコチョイな男だったか・・・(苦笑)

「いやぁ~すみません!」と担当者・・・
「まぁ、こんなに細かく土地が分かれていたんじゃ勘違いを起こすのも無理はないですね」と言ってあげたら・・・
「そうなんですよねぇ~」と担当者・・・
う~ん・・・やっぱり、この男・・・チャラい・・・(苦笑)

とにかく、一件落着である。
土地使用料は、3年に1回、まとめて支払われるので、3年に1回、所有者名と振込口座の確認が行われる。
前回の確認の時は親父が生きていたから、拙者は関与した覚えがない。(苦笑)
東電からの確認書類で、変更なしとの回答をしていたので特に問題はなかったのだろう。
今回は、東電からの確認書類で、所有者名・振込口座変更を回答しておいたので、その情報がNTTに届いて、今回の確認になったのだろうが・・・・
この担当者は、NTTの下請けの更にそのまた下請けの会社の所属だそうで・・・“孫請け”業者である。
だから、こんなお粗末なことが起こるのか?(大汗)

そういえば、政府でも同じようなことをしているような・・・(汗)
どこかの組織に丸投げして・・・それを更に別企業が受けて・・・
その間に手数料を何億円も“抜く”ようである。
う~ん・・・これを“仕事をしている”と言って良いものだろうか?(苦笑)

「いやぁ~助かりましたぁ~」と言って担当者は帰って行ったが・・・
“仕事をした”のは拙者か?(大笑)

スポンサーサイト



日記 | 20:15:11 | Comments(0)
地震があったの?(大汗)
テレビのニュースで、今朝の5時頃に千葉県で震度5の地震があったという。
え?・・・地震があったの?(大汗)
千葉が震源の地震なら、我が家でも揺れたはずだが・・・
全く気が付かなかった・・・(大汗)

よくよく思い返してみると・・・
そういえば、午前5時ごろ、チラリと目が覚めたような気がしないでもない。(苦笑)
が・・・一瞬目が覚めて、すぐに寝てしまったのだろう、記憶がはっきりしない。

その昔、某ホテルに宿泊していた時に、真夜中に火災報知器が鳴り響いたというのに、チラリと目が覚めただけで、再び寝てしまったという“前科”の持ち主である。(笑)
翌朝、ホテルのレストランでは、夜中の火災報知機の誤作動の話で大騒ぎになっていた。
みなさん、部屋から飛び出したそうだ。(汗)
熟睡していたのは、どうやら拙者だけだったらしい…(大汗)

そういう“猛者”(?)だから・・・
少しの揺れぐらいで飛び起きるわけがないか・・・(大笑)

それにしても、千葉で震度5か・・・
マズイなぁ・・・・(汗)

日記 | 10:56:31 | Comments(0)
特別給付金が入金されていた!
今日は、会社の支払い関係のため銀行へ行く。
ついでに自分の個人口座の記帳も・・・
で・・・自分の通帳を確認したら、「特別給付金」の10万円が振り込まれていた。
手続きの書類を郵送してから約2週間で振り込まれている。
おお・・・我が市もなかなかやるではないか!
2週間程度で振り込むとは、大したものだと思う。

自治体によっては、なかなか振り込んでくれないとかと、その遅いことに不満が噴出しているとマスコミが伝えていた。
が・・・自分が住んでいる自治体の人口を考えての発言だろうか?
自分のことばかり考えているような“自己中”が騒いでいる可能性があろう?
それを“一般”の声として全国に発していいものかどうか・・・
もしかしたら、書類に不備があって遅れているかもしれないし・・・・
自治体の規模によっては人員不足で手続きが遅れているのかもしれないし・・・
だいたい、10万円くらいの貯蓄をしていないほうがおかしいんじゃあるまいか?(汗)
10万円が2週間なり3週間なり後に振り込まれるのが待てないというほうが異常だろう?
その人の普段の行ないに問題があるんじゃないか?
万が一のための貯金をしていないことが笑われるべきである。
自業自得だろう。
そんなに騒ぐことでもあるまいに・・・・マスコミは煽るねぇ~

さて・・・この10万円・・・どうしようか・・・(汗)
我が母校から寄附の要請があったら、その時に使おうかな?

拙者は基本的に寄付というのは好きではない。(苦笑)
寄附だの募金だのというと、いつも某大規模組織の名があがるが・・・・
さて、本当に真面目にそのカネが使われているかわかったものではない。
“この手のカネ”は、着服されても証拠がないから摘発されることがない。
カネを扱う各種組織では多かれ少なかれ横領や着服の事件が表面化しているのに、某大規模組織の場合は、そういう不祥事は起こっていない・・・というより表面に出ない・・・(大汗)
かなりの多額のカネを扱っているのに・・・である。
どこかの誰かの懐に入っている可能性は十分あるのではなかろうか?
基本、拙者は「性悪説」なので・・・
極力、そういう組織の寄付や募金の要請には応えないようにしている。(大笑)
しかし・・・大学の場合は話は別である。
キチンと大学新聞に名前と金額が公表されるから、基本的には大丈夫だろう。
それ以上、疑ったらキリがない・・・(大笑)

難しいのは寄附金の額で・・・・
10万円をポンと寄附したら先輩方に何を言われるかわかったものではない。(大汗)
以前、先輩方より多く寄附したら怒られた・・・(たぶん冗談半分だったのだろうが・・・)(大笑)

が・・・懲りずに・・・(苦笑)
母校から要請があった時の為だけに“保管”することにする。
コロナ禍は第二派、第三派が来るだろうから、その時に必要になるかもしれないし・・・(大汗)
その後、何もなかったら・・・・そのまま貯金かな?(大笑)

日記 | 17:06:19 | Comments(0)
「型式別掛け金」って?
自動車共済の更新時期が来たので、本日、商工会議所へ行って手続きをする。
この自動車共済は、わが市の商工会議所が事務委託を受けてやっているのである。

で・・・
しばらく前に、甥っ子が運転免許を取得した。
東京から遊びに来たついでに練習がてら拙者の“高級乗用車”(大笑)を運転してみたいと言っていた・・・
まぁ、それはべつに良かろうと思っていたが・・・
まてよ・・・(汗)
そういえば、「運転者年齢条件」を付けていたことを思い出し、確認したら・・・・やっぱり・・・
年齢条件を「35歳以上」にしていたのである。
そりゃそうだ・・・運転するのは我が家には拙者一人しかいないんだから・・・(大笑)
さて・・・「35歳以上」となっている場合、万が一、甥っ子が拙者の車を運転して事故を起こした時には、何の補償もされないのではあるまいか?(大汗)
この年齢条件を外した場合の保険料の試算を担当者に出してもらったら・・・・
驚いたことに、いままでの保険料の2倍になるのだそうだ。(唖然)
ということは・・・「35歳以上」に限定したことで、かなり保険料が値引きされていたというわけだ。(笑)

担当者が「年に一度か二度しか来ない甥っ子さんのために2倍の保険料を払うというのは・・・ちょっと・・・ねぇ~」と苦笑い。
ごもっともである!(大笑)
経費を削減せねばならぬというのに、逆に2倍では・・・ねぇ~(大笑)
というわけで・・・甥っ子に拙者の車を運転させるのは“禁止”ということにする。(大笑)

さて・・・担当者から「共済制度改定」の説明が・・・
自動車の「型式別掛金区分」が改訂されたのだそうだ。
はぁ・・・それ・・・なに?(苦笑)
説明によれば・・・
自動車の型式によっても掛け金が違うのだそうだ。(驚)
そんなことは気にもしていなかった・・・・(大汗)
分かりやすく簡単にいえば、若い人に人気のあるスポーツカーみたいな車の場合は事故を起こす可能性が高いので掛け金が高いのだそうである。(唖然)
過去の事故事例から、どういう車が事故が多かったかというデータを基に弾き出されているらしい。
ということは・・・高齢者ドライバーに人気のある車種も、事故事例が多ければ掛け金が高くなるということになる。
(代表的な車種を教えてもらったが、差しさわりがあるだろうから、ここには書かないが・・・)(大笑)

う~ん・・・車種なんて気にもしないで買っちゃったぞ・・・(大汗)
ということは・・・・
世間でもあまり人気がなくて、誰も見向きもしないような車で、しかも販売台数が少なければ、掛け金は安くなるってことかな?(苦笑)
あまりにも人気がなくて販売台数が少ない車種ならば、事故を起こす確率も少ないでしょ?(笑)
と言ったら・・・・「え~・・・そんな車に乗りたいんですか?」と担当者に笑われた・・・(大笑)
う~ん・・・だよねぇ・・・である。(大笑)

日記 | 17:05:23 | Comments(0)
やっと「アベノマスク」が届いた!
本日、やっと、通称「アベノマスク」が我が家の郵便受けに届いた!
日中に郵便物が届いていたのだが、夕方に再び郵便局のバイクが我が家の前に止まった。
日に一度だけの配達のはずだが・・・
何だろうと思って行ってみたら、郵便受けに「アベノマスク」が入っていた。
これを届けるためだけに、わざわざ来たのか?
いやぁ~申し訳ないなぁ~

世間では、かなり不評のマスクで、多くの国民から嘲笑されているが・・・
もしかしたら、マスコミが煽っていることも不評の原因ではなかろうか?
安倍首相を批判するのは勝手ですが・・・(笑)
「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」・・・というのはいかがなものか・・・(大汗)

このマスク・・・ありがたく頂戴しておく。
いつか必要な時が来るかもしれないので、それまで保管しておこうと思う。

現在使用しているマスクは、親父の介護の時に使っていたもので箱単位で購入していたものである。
親父が死んだ時に、介護に使っていた色々な用品は、もう使うこともなかろうと思い、お世話になった介護職員や介護施設にドサッとプレゼントしたのである。
が・・・うっかりマスクを渡すのを忘れて押し入れに突っ込んだままでいた・・・(汗)
で・・・2年後に、これが役に立った・・・(大笑)
わざわざ買いに行く必要もなく、箱単位で持っていたので、残りの枚数を気にする必要もなく済んでいる。
マスク不足になっても、そのうちマスクが出回るようになるだろうから、それまでの期間持ちこたえればいいと気分的にも楽な日々を送らせてもらった。(笑)
今回の布製の「アベノマスク」も、いつか役に立つ時が来るかもしれぬ。
(ちょっと大きさが小さい気がしないでもないが・・・)(大笑)

このマスクには何の罪もないのだが・・・
小馬鹿にして嘲り、まるで汚物を扱うような態度をとる連中の心根が理解できぬ。
イデオロギーの問題というより、育ちが悪いんだろうなぁ~(苦笑)
感謝の念がないというのは、いかがなものか・・・
そのうち・・・バチが当たるんじゃあるまいか?(苦笑)

日記 | 23:33:48 | Comments(0)
気が緩んでいないか?(大汗)
散歩をしていたら、20歳そこそこのサラリーマンらしき青年とすれ違った・・・
彼はマスクをしていない。
拙者がマスクをしているから、それはそれで構わないが・・・
なんと!
ゲホゲホと咳をしながら歩いているのである!(驚)
風邪をひいているのかもしれないが・・・
そう思いっきり咳をされたのでは、こちらがマスクをしているとはいえ、いい気分ではない・・・
つい、すれ違いざまに彼のことを睨んでしまったが・・・
相手は平然として、そのまま去って行った・・・(唖然)
気にも留めていない様子である。

この時期に何を考えているのか?
・・・・と言いたくなったが、たぶん、何も考えていないのだろう。(苦笑)
何も考えていない人間に何かを言っても無駄である。
咳をしていないなら、マスクをしていなくても、まだ許せるが・・・
咳をしているのにマスクをしないとはねぇ~
たぶん、この青年・・・育ちが悪いんだろうな・・・
親がキチンと躾けなかったのだろう。
可哀想に・・・
親の責任である。

ここ数日、急に気温が上がったこともあるのだろうが・・・
マスクをしなくなった人が増えてきた。
大丈夫だろうか?(大汗)
本人が感染して苦しんで死んでも、自業自得だから構わないが・・・
他人にうつしたら・・・とは思わないのだろうか?
過度に神経質になる必要もないだろうが、マスクぐらいはしておいたほうが良いと思うが・・・

新型コロナも基本的には風邪やインフルエンザと同じようなものだと思う。
しかし・・・
風邪やインフルエンザを誰かからうつされても、うつしても誰も気にしない。
それで騒ぎ立てる人を見たことがない。
風邪薬やワクチンがあるからなのだろう。
しかし、風邪が引き金となって死に至っている人もいるはずである。
「風邪は万病の元」というではないか・・・
年間、何人が風邪のせいで死んでいるのだろう?
そのデータは公表されていないようである。
それでも、“普通”の風邪にはみなさん無関心である。
ところが、この新型コロナはワクチンがないのであるから困ったものである。
風邪と同じ感覚ではマズイと思うのだが・・・
頼りになるのは自分の免疫力のみである。
ということは・・・免疫力の弱い人間は死んでもいいと思ってマスクをしていないということにならないか?(汗)
自分は免疫力が強いからマスクなんて関係ない・・・というのはマズイ気がしますが・・・

テレビもコロナ、コロナで、さすがに聞き飽きてきた・・・
そのうち、童話の「オオカミ少年」のようなことになるんじゃあるまいか?
東京都の感染者のニュースでは、やたらと「ホストクラブ」で感染が起こっていると言っている。
不思議である・・・
なんで「ホストクラブ」だけなんだろう?・・・しかも新宿の・・・(汗)
銀座のクラブや六本木のキャバクラや渋谷の居酒屋では感染者は出ていないのか?(苦笑)
おかしい・・・どうも報道が信用できない・・・
となると・・・やっぱりマスクぐらいはして自己防衛をしておいたほうがいいということになる。
気を緩めるわけにはいかないと思う・・・

日記 | 23:03:45 | Comments(0)
自分の笑い声で目が覚めた!(大笑)
今朝、思いっきり自分の笑い声で夢から覚めた・・・(大笑)

この時に見ていた夢・・・・
場所は今は亡き母の実家である。
母の実家は過疎化したした村にある築270年くらいの農家である。
囲炉裏を囲んで親戚が集まっておしゃべりをしている・・・
驚いたことに、今年の1月に他界した母の姉も、その中にいる。(驚)
拙者は何故か土間にいて犬の頭をなでている。
と・・・ここで拙者が大笑いして・・・目が覚めた・・・(驚)

自分の笑い声で夢から覚めたというのは、久々の出来事である。
何十年ぶりだろう?

ところで・・・なんで拙者は大声で笑ったんだろう?(苦笑)
その理由が分からない・・・・(大笑)
なんとも気分が悪いなぁ~・・・・これ・・・(大汗)

日記 | 22:23:18 | Comments(0)
お粗末なアンケート
しばらく前・・・国立がん研究センターからアンケート用紙が郵送されてきた。
その書類によれば、「がん」などの病気で亡くなった患者の遺族に対して郵送したそうで・・・・
厚生労働省の委託事業なのだそうだ。
ご丁寧にもボールペンまで同封されていた。

で・・・アンケートの内容を見て呆れた・・・
アンケート用紙には通し番号が振られている。
たぶん、この番号で管理されているのだろう。
「がん」で亡くなったのは拙者の母であるが、亡くなった“患者”についての具体的なことは何も書いていないし、書き込む欄もない。
亡くなった“患者”の続柄も死亡年月日も死因も書く必要がないということは、すでに把握していますということなのだろうか?
唯一尋ねられているのは、「死亡時のおおよその年齢」だけである。
それはそれで構わないのだが・・・

拙者の母は13年前に癌でこの世を去っている。
13年も前のことなのである!
にもかかわらず、設問がお粗末・・・

「お亡くなりになる前の1週間の状況について」
これには「痛み」「吐き気」「便秘」「食欲不振」「不眠」「息切れ」等々5段階で“評価”することになっている。
13年前の死ぬ1週間前に母が便秘だったかどうか、覚えているわけがあるまい?

亡くなる前の1ヵ月間の状況として、「療養生活について患者さまはどのように感じていたでしょうか?」
これも「痛みが少なく過ごせた」「人に迷惑をかけてつらいと感じていた」「人生をまっとうしたと感じていた」等々20項目に対して8段階で“評価”することになっている。
知らないよぉ~死んだ人がどう思っていたなんて・・・
13年も前のことですよ!
13年も経ったら記憶も薄れるし、思い出は美化されている可能性もあるでしょ?
これじゃ、意味ないんじゃないかなぁ~
亡くなって1~2年以内なら、こういう設問はわからないでもないが・・・

アンケートの質問は45個あるが、その大半は、まぁまぁ妥当かなという質問である。
が・・・死んだ人の体調や、どう思っていたのか、医者とはどういう打ち合わせをしていたのか・・・などは死んだ本人に聞いてくれといいたくなる質問である。

45個の質問のうち8個は遺族本人(アンケート記入者)に対するものである。
当時の世帯年収やら、当時かかった医療費の額などの質問もある。
さて・・・13年前だからなぁ~・・・・
医療費は総額いくらかかったんだろう?
覚えていないし、領収書等はすでに廃棄しているから・・・わからない。

これでは正しい回答は出来ないので、アンケートは無視することにした。
が・・・・恐るべし!
先日“督促状”が封書で届いたのである!
アンケートに協力できないのなら「協力しない」にチェックマークをして、その理由を書いて返送してくれという。
アンケートに協力しなくても不利益は蒙らないとは書いてはいるが・・・・
督促するとはねぇ~
その郵送料だけで何千万、何億円使っているんだろう?
厚労省がやることがわからない・・・

拙者は基本的にアンケートには答えないことにしている。(苦笑)
経産省の景気に関するアンケートなどは定期的に何度か会社に送られてきていたことがあるが・・・
マスコミが「不景気だ!不景気だ!」と騒いでいるのに「景気が良い」というところに丸印はつけられないだろう。(大笑)
みんなが不景気だと言っているんだから不景気なんだろうなぁ~ということになる。
気分の問題なのだ・・・
「景気がいい」なんて答えたら「さぞかし儲かっているんだろう」と言われかねないから・・・(苦笑)
ここは、「不景気だと思う」に丸印をつけたほうが無難ということになる。
そういうデータを集めてどうするんだろう?

「アンケート」で、どこまで実態を把握できるか、甚だ疑問なのである。
不正確、間違ったデータに基づいて政策を立てたのではマズいでしょ?(苦笑)
ということで、いつも“協力しない”のである。

今回は督促を受けた以上、しかたがない・・・「協力しない」ということで返送する。

日記 | 12:18:26 | Comments(0)
山本五十六が夢に出てきた!
昨晩・・・というか今朝、見た夢・・・
連合艦隊司令長官の山本五十六が突然、夢に出てきた!(驚)
真っ白い夏用の軍服を着ていて・・・
拙者に何か色々説明をしてくれているのだが・・・
拙者は「はい!」と答えながら、「はい、長官!」と言ったほうが良いのか悩んでいた。
今が何時なのかががわからない・・・
司令長官に就任しているのかどうか・・・
司令長官に就任していないのに「長官!」と言ったら失礼だろうし・・・
何て呼んだらいいんだろう?
まさか「山本さん」と呼ぶわけにもいくまい・・・(大笑)
え~と・・・なんてお呼びしたらいいのかなぁ~と思って、一瞬、目をそらした隙に、忽然と姿が消えていた!
あっ!・・・と思った瞬間、目が覚めた!(苦笑)
それにしても・・・何で山本五十六が突然夢に現れたのだろう?
思い当たる節がない・・・
残念なのは、話の内容が、全く記憶にないこと・・・(涙)
う~ん・・・気になる・・・
なんの話しだったのだろう?(大汗)

日記 | 10:03:38 | Comments(0)
なぜか最近、地震が多い・・・(大汗)
昨日は北海道で震度4の地震が起こったが・・・・
今朝は我が茨城県で震度4の地震が起こった。(大汗)
その後、まもなく鹿児島で地震が・・・(大汗)

北かと思えば今度は南と、なんともせわしいことである。
う~ん・・・そろそろかぁ~?
危ないような気がするなぁ~
日本列島内陸部の長野県でも地震が起こっているし・・・
こうなると、日本全国、どこで大地震が起こってもおかしくはない。

東京オリンピックは来年に延期になったが・・・
ちょうど危ないんじゃないかなぁ~
今度は地震が原因となって、中止になるかも・・・(大汗)

そういう中で、今のところ、まったく地震が起こらない東海・関西方面とか日本海側・・・・
いきなり大きいのが来るかも・・・(大汗)


日記 | 23:22:23 | Comments(0)
葉書が落ちていたって?
今日、いつも利用している近所のコンビニへ行ったら・・・
店長の奥さんから声を掛けられた・・・
「店の前の側溝の所に白い紙が落ちていた」言う。
何の話かと思ったら・・・「葉書」だという。
はぁ・・・それが何か?(汗)

「あなたの名前が書いてあったので・・・」と言う。
え?・・・何だろう?
差し出された紙を見て驚いた!
これは、先日、ポストに投函したはずの法人会総会の出欠葉書ではないか!
何で・・・ここに?

コンビニの駐車場脇の郵便ポストに入れたはずなのだが・・・
その近くの側溝に落ちていたという。
2日ばかり無視していたが、気になって取り上げてみたら、拙者が差し出した葉書だったという。
この2日の間に雨が降ったので、葉書はヨレヨレ状態・・・(唖然)
しかし、インクは滲んでいなかった・・・

確実にポストの中に入れたはずなのに・・・なんで落ちていたんだろう?
わからん・・・不思議である。

再び改めて、この葉書をポストに投函し、念のため法人会事務局に電話を入れる。
なにせ、今日が締切日なのである!(涙)
で・・・出欠通知は「欠席」に丸印をつけ、委任状として署名捺印している。
これが届かないとマズイわけで・・・(大汗)

事務局長に「明日、ヨレヨレの汚い葉書が届くと思いますが・・・」(大笑)
と・・・いきさつを説明・・・
郵便ポストの投入口はカバーのスプリングが結構堅いので、薄い葉書などは投入口に挟まってしまい、ポストの奥に落ちないことがある。
というわけで・・・わざわざ、しっかりと奥まで手を突っ込んで投函したのだが・・・
なぜか、外に落ちていた・・・と説明したところ・・・
「もしかして、左手に葉書を持ったまま右手をポストに突っ込んだんじゃないですか?」(苦笑)と事務局長・・・
あ・の・な・・・俺はそこまでボケてはいないわ!(怒)

しかし・・・不思議だ・・・
何で落ちていたんだろう?

で・・・総会の出欠状況を確認したら、約40名から出席の通知が届いているという。(唖然)
今回は、新型コロナウイルスの関係で、恒例の記念講演会も総会後の懇親会も中止である。
ということで・・・議案の審議のみ・・・
事前の理事会は開催せず、郵送された議案書を自宅で見て、承認の捺印を押した書類の返送という形での理事会だった。
拙者も既に「承認」の書類を送っているし・・・
議案書にも目を通しているから、わざわざ、総会に行くこともなかろう。
間違って感染なんかしたくないし・・・
他の人も同じ考えかと思ったら、全くの予想外である。
40人も出席ということは、理事会並みの出席数ではないか!
たぶん、みんな、顔を合わせてコロナ騒ぎの話をしたいんだろうなぁ~(苦笑)
それは感染リスクが高いと思うが・・・(汗)
わが市は、いつまで経っても陽性感染者は1名のまま・・・(大汗)
人口が17~18万人くらいいると思うのだが、いつまで経っても1人というのは解せない・・・(苦笑)
まさか、みなさんは、この公式発表を真に受けて「大丈夫だろう」なんて思っているのではあるまいな?(苦笑)

日記 | 12:10:53 | Comments(0)
くるみ饅頭を食べる
久しぶりにスーパーに買い物に行く・・・
たまには甘いものでも食べようかなと思い・・・
折角だから、今まで手を出さなかったものに手を出してみるかと思い立ち・・・
「くるみ饅頭」というのを1個買ってみた。(笑)

帰宅して、原材料や添加物を表示しているシールをよくよく見てみたら・・・
「一部に、くるみを使用してます」とある・・・(唖然)
いや、いや、くるみを使用していなかったらおかしいでしょ?
「くるみ饅頭」なんだから・・・
と・・・独りでツッコミを入れる。(大笑)

それにしても「一部」とは、どういうことだ?
「くるみ饅頭」なのに・・・(汗)
食べてみたら・・・中味は白あんの饅頭・・・
饅頭の上に、くるみがポチっと1個乗っているだけだった・・・(汗)
饅頭の中には、くるみは入っていなかった・・・
あ~確かに「一部」だ・・・(大笑)
嘘偽りはなかった・・・(大笑)

日記 | 15:26:11 | Comments(0)
更年期障害か?(大汗)
昨日、半年ぶりに、体調がかなり崩れた。(大汗)
突然、全身の血の気が引き・・・
手足にサァ~ッと水が流れるような感覚・・・
心臓がバクバクして・・・
胃はムカムカ・・・
目まいがして頭はクラクラ・・・

参ったなぁ~・・・これ・・・(大汗)
血圧かな?
・・・と、思ったが、血圧を下げる薬は毎日飲んでいるんだから、半年前とは違うはずなんだけどなぁ~
1時間ほどジッとしていたら、なんとか正常に戻ってくれたから助かった。

で・・・今日、“トシちゃん”の会社へ支払いに行く。
この調子で体調不良で入院・・・なんてことになったら、支払いできなくなるからねぇ~(苦笑)
少しでも体調の良い時に支払いをしておかねば・・・(苦笑)

“トシちゃん”の事務所で事務を執っている“トシちゃん”のお姉さんとおしゃべり・・・
彼女は拙者より1学年上だが、同い年という人・・・
まぁ、簡単に言うと・・・オッサンとオバチャンの世間話・・・(大笑)
昨日の体調不良の話をしたら・・・
「それ、更年期障害じゃないの?男の人にも更年期障害があるってよ!」と言う・・・
ゲゲッ!
たしかに・・・そう言われると・・・そんな気がしてきた・・・(苦笑)
ガタがきてもおかしくない歳だしなぁ~
自分の体調をコントロールできなくなっているんだから・・・
う~ん・・・更年期障害かも・・・(大汗)
あらら・・・である。(苦笑)

日記 | 16:49:11 | Comments(0)
驚異の郵便配達!(驚)
午後一番、別府の“ヤスダさん”から突然お電話がかかってきた!
「先ほど、お手紙が届きました!」とお元気な声・・・
え?・・・・先ほど届いたって?(驚)

“ヤスダさん”への手紙は昨日の午前11時頃に郵便局から出したものである。
突然、転院することになったと言ってはいたが・・・・
この新型コロナ感染症の騒ぎの中で、そうそう簡単に転院するのは難しいだろうと思っていたので、勝手に1週間ぐらいは転院しないでそのまま病院にいるのではないかと普通郵便で送っていたのである。

今までの経験から言うと、通常、茨城から九州の大分には早くて2日、遅くとも3日くらいかかる。
が・・・なんと24時間で届いたのか!
速達で出したわけでもないのに…
信じられない速さである。

“ヤスダさん”の話では、明日、転院することが決まったという。
「ギリギリ間に合いました!もし明日届いたら私はもういないから、私の手元には届かなかったですよ!このタイミングは、やっぱり何か縁があるんですよね?」と大興奮・・・(大笑)
よくよく考えて見れば、個人病院の院長先生が急死したのだから、病院はすぐに閉鎖ということになるだろうから、入院患者を1週間も置いておくわけはないか・・・
何で速達ではなく普通郵便で送っちゃったのだろう?(大汗)
にもかかわらず・・・24時間で届くとはねぇ~
とても信じられないのである。
これは神様のおかげだろうか?
人知を超えた何かのおかげだろうか?

98歳の“ヤスダさん”は大興奮・・・
意気消沈しているかと心配していたが、お元気そうなのでよかった。
結果的には、いいタイミングだった・・・ということかな?

それにしても、不思議で仕方がない・・・・・この速さ・・・・
いずれにせよ、郵便局に感謝、感謝、大感謝・・・である。

日記 | 15:48:10 | Comments(0)
98歳となったのに・・・(唖然)
大分の別府に住んでいる“ヤスダさん”からお手紙が届いた。
で・・・手紙を読んでみたらビックリ!
今日、98歳の誕生日を迎えたのだが・・・
なんと!入院先の院長先生が急死されたのだそうで・・・
病院を出て行かねばならなくなり、どこへ移されるかわからないと書いてあるのである。(驚)

そんなバカな・・・・
本当だろうか?(汗)
以前も、当時入院していた病院が「倒産した」ので出て行かねばならなくなったと言われたことがあったが・・・
調べてみたら“倒産”はしておらず、病院はそのまま維持されていた。
ただ“移動”することは確かで、今度の病院に転院することになったわけだが・・・
こんどは「院長先生が死亡」なのか?(大汗)

何かの勘違いではなかろうか?(汗)
こう言っては失礼だが、98歳だからなぁ~(苦笑)
非常に親切な病院なので、この病院を“終の棲家”にして、ここで人生を終えるつもりだと、いつもおっしゃっておられたが・・・
え?・・・出て行かなくちゃならないの?(大汗)

いずれにせよ、98歳のお祝いと励ましのお手紙を差し上げねばなるまい。

日記 | 22:16:23 | Comments(0)
次のページ