FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

連日、暴風!(大汗)
このところ、よく風が吹く・・・
昨日は、午後から暴風・突風が吹くし、今日は夜になって暴風・突風が吹く。
昔は、こんなにちょくちょく風が吹いただろうか?
「春一番」は、当然、あったが、今年に入って、少なくとも1週間に1回は暴風が吹いている。
う~ん・・・・自然環境がおかしくなっているんじゃあるまいか?
今年は、大きな自然災害が起こるような気がしてならない。(大汗)

スポンサーサイト



日記 | 21:03:02
アンパンを送ってくれって?(大汗)
先日、大分県別府の病院にいる“ヤスダさん”からお手紙が届いた。
久しぶりのお手紙である。
が・・・・内容を見て唖然・・・・

転んで骨折をして手術をしたらしいことは、先日、東京在住の娘さんとお電話で話をしたときに聞いてはいたが・・・
「怪我をして歩けないので買物に行けない。アンパン7個と飴と煎餅を送ってほしい。代金は東京の娘に請求してほしい」と書いてある・・・(大汗)
98歳のおばあちゃんだからなぁ~(汗)
どこまでが、本気なのかがわからない。(大汗)

で・・・本日、病院へ電話をしてみた。
看護師さんに様子を尋ねる電話なのだが、受付の職員の手違いで、かなり待たされた挙句、“ヤスダさん”ご本人に電話が回されてしまった。(苦笑)
「アンパン!アンパン送って!それと、飴と煎餅も!コロナで会えないから送ってちょうだい!それでいいから!」
いやいや、それじゃ話が分からない・・・
すぐ近くに看護師さんがいるのだろうから、看護師に替わるよう何度も言ってようやく看護師さんと話が出来た。
拙者が確認したかったのは、勝手に食べ物を差し入れて大丈夫かどうか・・・ということなのである。
病院の方針というのもあるだろうし・・・
アンパン食べ過ぎて病院食を食べなかったら余計なことをしたことになるから迷惑をかけることになる。(汗)

看護師さんの話では、アンパンだろうと飴だろうと、欲しいものは買い与えているという。
なかなか、こういう話は難しいもので・・・・(汗)
まるで病院を責めているように受け止められては困るわけで・・・(大汗)
だいたい、拙者は家族でもない赤の他人なんだし・・・(大笑)
入院患者を粗末に扱っているんじゃないか・・・なんては思ってもいませんし・・・
アンパンでは「日持ち」しないだろうから・・・
とにかく、日持ちする何か甘いお菓子と煎餅を送れば、本人は安心するだろうから・・・ということで、送らせていただくことで看護師さんの承諾を頂く。

で・・・買物だが・・・(汗)
軽い脳梗塞を起こしたばかりなので、いくらなんでも車の運転はやめたほうが良いだろう・・・(苦笑)
で・・・水戸藩士の“シミズくん”に応援を頼む。
と・・・夕方、奥さんの運転でサポートに来てくれた。(大汗)
いやはや・・・申し訳なし・・・・
ご夫婦でサポートしてくれるとは・・・本当に申し訳ない・・・

お菓子屋さんで“ヤスダさん”へのお菓子を買って宅配便で送ってもらう手配をし・・・
その次に、スーパーに連れて行ってもらって、食料品の買い出しをする。(笑)
いやぁ~“シミズくん”ご夫妻のおかげで大助かりである。
感謝、感謝である!

日記 | 17:00:39
梅が咲いた!(大喜)
我が家の梅の木の梅の花が咲いた!(大喜)
3年ほど前・・・・
「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」という言葉が、ふと頭に浮かんだ・・・
よく母が言っていた言葉である。
ということで・・・そうだ!梅の木を切ろう!・・・・と思い立ち・・・
思い切り剪定してみたのである!(大笑)
切る時期が悪かったのか、切り過ぎたのか・・・(大汗)
なにせ、何の知識もないままに切ったのだから、まぁ、うまくいくわけはない・・・(大笑)

翌年・・・まったく花が咲かなかった!
一輪もである!(大汗)
ゲゲゲッ・・・・花芽を全部切っちゃったか?(大汗)

そして、昨年・・・
やっと3輪ほどが咲いた!(大汗)
それでも、咲いてくれたのだからありがたいものである。

今まで庭師に剪定を任せていたので、花が咲いて当たり前・・・
あまり興味もなく、あ~咲いたねぇ~・・・であるが・・・
自分で剪定をしてみると、この花が咲いた時の喜びは格別である!(大喜)
たった3輪であっても・・・である。

そして、今年!
やったぞ!・・・続々と蕾が膨らんで、次々と花が咲いた!(大喜)

009_convert_20210228164952.jpg

いやぁ~嬉しいねぇ~
あとは、どの枝を残して、どの枝を切るのか・・・・である。(汗)
形を整えるなんて出来ないし・・・(大笑)
剪定に関して本やネットで調べても、どの枝を切るのかわからない・・・(大笑)
現場で、教えてもらわないとわかりそうもないが、拙者は庭師になろうというわけではないし・・・(大笑)
他人の庭木では失敗は許されないが、自分の庭木だしねぇ~
失敗したら、失敗したで、切り倒しちゃえばいいわけで・・・(大笑)
形より、この花が咲いた時の感動ですよ!・・・これがいい!
運動がてら庭木をいじって・・・で・・・偶然にも上手くいったら一石二鳥の大感激である。(大笑)
う~ん、今年は久々に梅の花が観られて良かったぁ~

日記 | 16:26:26
やっぱり脳梗塞!(大汗)
先週の11日から、どうも言葉が出づらい違和感がある。
舌の付け根が腫れているような感じ・・・
どうも、ろれつが回らない違和感がある。
しかも、右手がうまく動かない・・・(汗)
毎日、コロナ対策の一つとして日記を付けているのだが、その日記がうまく書けないのである。(唖然)
文字は小さくなるわ、手が勝手に震えてマトモな文字にならなかったり・・・(汗)
それでも、一時的なものだろうと放置していた。

で・・・昨日・・・
たまたま水戸藩士の“シミズくん”から電話があり、その時に「声の様子がおかしい」と指摘された。
声の調子というより、ろれつが回っていない感じなのですけど・・・・(大汗)
「たしかに、ろれつが少し回っていない」と指摘された。(唖然)
すぐに病院へ行くことを勧められたが・・・・
基本的に拙者は病院が嫌いなのである。(笑)
完全に半身が麻痺でもしているというなら、急いで救急車を呼ぶが・・・
少しろれつが回らないとか、手がうまく動かないという程度なら、この土砂降りの中、病院へ行くのは面倒だ。(苦笑)
夕方、先輩の“ウメちゃん”からも安否確認の電話をもらい、「やっぱり、ろれつが回っていないぞ!」と指摘された。(汗)
二人に言われたのでは、間違いないな・・・
とにかく、明日、病院へ行くからということで納得していただく・・・(苦笑)

今日、とりあえず、今まで通っている某個人病院へ連絡をする。
ここでは血圧を下げる薬と、血中コレステロールを下げる薬を1年以上処方してもらっている。
一応、症状を伝えて、診てもらった上で、判断をしてもらおうとしたのは、この病院が私の「かかりつけ医」と思っていたからである。
しかし、この考えはどうも間違っていたようだ・・・
こちらが「かかりつけ医」と思っていても、相手の医者はそうとは思っていなかったようである。
看護師を通して話をしたところ、医者からの伝言は「他の病院へ行ってくれ」とのこと・・・(唖然)
患者の顔も見ず?・・・電話で直接話して、どのくらいろれつが回らないのかの確認もせず?
「他へ行ってくれ」とは・・・ねぇ~(唖然)
血圧の薬を処方していたのにねぇ~・・・その状況確認もしないとはねぇ~
で・・・紹介状などを書いてもらえるかと尋ねたら・・・
これも医者からの伝言と言うことで、それを書いていたら時間がかかるから、直接、病院へ行った方が早いですから、そうしなさい・・・とのこと。(唖然)
紹介状も書いてくれないなら、この病院には、まちがいなく「かかりつけ医」の認識はないわけだ・・・
よく「かかりつけ医」、「ホームドクター」を通して、大病院へ・・・云々という話を聞くが・・・
医者の方にその気がないとなったら何の意味もない。
具合が悪くても、紹介状がないということで何時間も待合室で待たされることになる。
それが嫌なら、大したことでなくとも、大げさに騒いで救急車を呼ぶしかない。

どうも迷惑なようだから、「先生によろしくお伝えください」と言って電話を切ったが・・・・
二度とこの病院の厄介にはなる気はない・・・

水戸藩士の“シミズくん”が拙者を病院まで連れて行ってくれると、車で迎えに来てくれた。
いやぁ~ありがたい!
とりあえず市内で著名な脳外科の病院に問い合わせておいたが、「受付順でMRIの検査をします」とのこと・・・(汗)
受付順となると・・・・3~4時間、待たされるのは覚悟しなければならないな・・・(苦笑)
さて、どうするか・・・・
と・・・途中で思い出した・・・
以前、親父の認知症の検査をした脳外科の個人病院があったな・・・
いきなりだが、そこに立ち寄ってみよう・・・(汗)

事前に何の連絡もなく“飛び込む”のは、このコロナ禍の中、避けた方がいいのだが・・・
移動途中に思い出したんだから仕方がない・・・(汗)
いきなりの受診だったが、まったく問題なく、体温を測って手を消毒しただけで、受診となった。
で・・・それほど待つこともなく、MRIの検査・・・(驚)
で・・・診察・・・
MRIの画像にハッキリ脳梗塞の跡が映っていた。
脳幹という部分に、ポチッと白く映っている・・・(唖然)
手足のしびれについて尋ねられたが、「しびれ」というよりは「怠い」という感じである。
あらゆる神経の通る所に梗塞が起こっているが、その割には酷くない・・・
普段、血圧を下げる薬と、血中コレステロールを減らす薬を飲んでいたお陰だろう。
大事に至らなかった・・・
「言語の方に少しダメージが出ただけのようですね」ということで、そのうち、ろれつが回らないのも改善されるという。
一応、再発予防のため、血液をサラサラにする薬を処方された。
検査と診察を含め、なんと1時間程度で病院を出る!(驚)
あらら・・・まさか、こんなに早く診てもらえるとは・・・途中で“飛び込み”をして正解だった・・・(喜)

2週間後、ちょうど薬が切れる時に再診察と血液検査・・・とのこと。

とりあえず、脳梗塞だった・・・ということがわかって良かった。

帰りに、スーパーで“お買い物”・・・・(笑)
水戸藩士の“シミズくん”が、荷物を持ってくれたりと、いやはや、申し訳なし!
大助かりである!
感謝、感謝・・・である。

夜には“ウメちゃん”が様子を見に来てくれた・・・
「先週、会ったときは何でもなかったのにねぇ~」と驚かれる。
何が原因で脳梗塞を起こしたのかは、まったくわからない・・・
突然・・・あれっ?・・・である。
「遊びに出かけられないストレスからか?」(大笑)
う~ん・・・一理あると思うなぁ~・・・・コロナ禍のせいかも・・・(苦笑)

日記 | 13:42:39
地震だ!
今晩、11時過ぎに、いきなり家が揺れ始めた!(大汗)

午後8時前に山梨県で震度3の地震があった。
珍しく内陸部だな・・・ちょっとマズイかなと思っていた・・・(大汗)
1月27日には、北海道で震度4の地震があった。
震源地が南に降りてこないで欲しいなぁ~と思っていたが・・・
まさか、こんなに早く大きな地震が来るとは思っていなかった。
東日本大震災に次ぐ揺れだが、揺れ始めがあの時の揺れと同じ・・・
ならば・・・震源地は福島沖あたりだろうと思ったら・・・当たった。

宮城、福島で震度6強だそうである。
震源地は福島沖、マグニチュード7.1らしい。

念のため、家が揺れる中、ストーブを消す。
一応、自動で消えることになっているらしいが・・・信用できないので・・・(大笑)
結構大きな揺れだったが、被害は・・・・
積み重ねた本や書類が崩れたのと、本棚に飾ってある祖父の軍隊時代の写真が倒れて落ちたくらい・・・(苦笑)

すぐに東京の妹から安否確認の電話・・・
続いて姪っ子からも電話がくる。
いやはや、心配かけて申し訳なし。
(・・・と言っても、拙者の責任じゃないんだけど・・・)(大笑)

念のため、懐中電灯を持って、家の周辺の異状の確認をする。
明日の朝になって、我が家の塀が倒れていたのに気が付きました・・・では洒落にならない。(大笑)
で・・・外壁、塀等に異状なし!

その後も断続的に余震とみられる地震で家がガタガタと揺れる。(大汗)
幸いにも、ガス、電気、水道などのライフラインが切れなかったので良かった。
これで停電して真っ暗、ガスファンヒーターも稼働しないとなったら最悪である。(大汗)
あとは・・・ひずみが茨城沖に溜まって、数日後に直下型の地震が起こったら万事休すである。(大汗)
今回の被害程度では済まないだろう。
震源地が茨城県沖に来ないことを祈るのみ・・・である。

日記 | 23:38:03
会費は現金書留で・・・(笑)
我が戦友会の某会員の娘さんからお電話をいただいた。
お電話で話をするのは初めてである。
会員ご本人はご高齢なので、本人の指示で結婚して別の場所に住んでいる娘さん宛に年会費の振替用紙を送ったのだが、その振替用紙をどこかに失くしてしまったようだとのこと。
会費は現金書留で送ってもいいですかとの問い合わせだった。
こちらとしては、会費が頂けるなら振込だろうと書留だろうと何でもいいんですが・・・(大笑)

この娘さんが視覚障碍者であるということは、会員さんから伺っていたが・・・
初めて会話を交わしたら、そのお元気で明るい声には驚いた。
なんて明るい人なのだろう。

健常者のくせに、グダグダと愚痴と不満しか言えない人に、この人の爪の垢を煎じて飲ませたいものだ。(大汗)

日記 | 20:28:08
北海道で震度4!
午後2時ごろ、北海道で震度4の地震があったらしい・・・
昨日は、我が茨城県で震度3の地震があった。
震源地は我が町付近・・・ドン!・・・と直下型の揺れだったが、いつものように震度3である。(苦笑)
どうも地震計が設置されている場所が関係しているのだろう。
震度計が地盤のしっかりしているところに設置されているんじゃあるまいか?(苦笑)
噂によると、我が町には地震計が3か所設置されているという。
問題は、その場所だよな・・・(笑)
体感では震度3強という感じだが・・・我が家が建っている地盤にもよるからなぁ~(笑)
一方的に地震計を批判するわけにもいかぬか・・・(汗)

それにしても、我が茨城で地震が起こった後に、まもなく北海道で地震が起こるというパターン・・・
このパターンは過去に何回も起こっているような気がするんですけど・・・(大汗)
北海道の次は、東北・宮城県沖か、再び茨城か・・・飛び越して千葉県か・・・
いずれにしても、次は震源地が南下するというパターンが多いような気がする。(大汗)

さて・・・どうなりますか・・・(苦笑)

日記 | 16:40:46
花屋のオバサンとおしゃべり
昨日、妹から電話がかかってきた。
「ん?・・・何事?」
「今日はお父さんの命日だから電話したんだけど・・・」と妹・・・
ありゃ~忘れていた!(大汗)
そうか・・・1月25日は親父の命日だったのか!(苦笑)
毎月、墓参りをしているので、特に「命日」というのが意識から消え去っている。
惰性で墓参りをしていると言えば、言えるかも・・・(大笑)

というわけで・・・仏壇のお花を新しいものに替えてあげようかな・・・と・・・
今、供えている花は、まだ枯れていないが・・・(笑)
命日から1日過ぎてしまったが、新しい花にしてやるか・・・ちょっともったいないけど・・・(苦笑)
ということで・・・今日、いつもの花屋に花を買いに出かける。

いつものように、花屋のオバサンとおしゃべり・・・(笑)
話題は正月のお花の話となった。
コロナ禍のせいなのか、お客が激減して暇だという。(汗)
昨年末、いつも正月用の花を買いにくるお客が何人も来なかったり・・・
来ても、いつもより買う花が少なかったり・・・だったという。
例年通り、いつもと変わらなかったのは、お客さんの中では拙者一人だけだったという。(唖然)

え?・・・ウソ・・・(大汗)
こういう時だからこそ、いつもと変わらないようにすべきじゃないか?
・・・というのが拙者の考えなのだが・・・
そういう人は、いないのか?
拙者一人が“変り者”?(大笑)

拙者は例年通り、仏壇に花を供えて、元旦が誕生日だった亡き母のために花瓶にさした花束を仏壇脇に供えて・・・
玄関にも、ド~ンと新年を迎える花束を花瓶にさして飾るのが例年の“行事”・・・
確かに、今年はコロナ禍で誰も我が家には来ないけど・・・(汗)
だからといって、玄関に花を飾るのをやめるというのもねぇ~
どうも、そういうのは気分が悪い・・・
誰が来ても来なくても、いつものように玄関には花を飾りたい。
新年を迎えるんだから・・・
へぇ~そういう考えを持つ人はいないの?(唖然)
「そう、うちのお客さんの中では、あなただけですよ。そういう人は・・・」とオバサンに笑われた。(苦笑)

日記 | 22:28:20
今度は右足をぶつけた!(涙)
今日、部屋から出る時、家具に足をぶつけた!
しかも、今回は右足である!
何たることぞ・・・・(大涙)
先日は左足をぶつけ、ようやく痛みが無くなったと思ったら、今度は右足かよ!(怒)
どうなっているんだ?・・・拙者の足は・・・
しかも、今回は小指ではなく、薬指である!
先日、なんで小指ばかりぶつけるのかと文句を言ったせいなのだろうか?(苦笑)
薬指がズキンズキンと痛む・・・

夜、風呂に入るときに靴下を脱いだら・・・
なんと!
右足の薬指が紫色に変色していた!(驚)
あららら・・・
触ってみたが激痛は走らないから、多分、骨折はしていないようである。
ならば・・・まぁ、いいかぁ~(苦笑)
内出血をして紫色に変色しただけだろう。(苦笑)

それにしても、バチが当るような悪いことは何もしていないはずなんだけどなぁ~(大笑)

日記 | 16:39:46
お年玉切手シート!(喜)
年賀はがきの当選番号が発表されたので、郵便局に引き換えに行く。(笑)
当ったのは・・・3等の「お年玉切手シート」が4枚!(大笑)
200枚も年賀状が届いているのに、当ったのはたった4枚だけである!(苦笑)

こりゃ、どうしたわけか・・・・(笑)
というわけで・・・以前から、お年玉番号の下2桁の分布状況を調べている。(大笑)
無駄な努力とはわかってはいるが・・・(大笑)

今年の当選番号は「50」「58」「60」の3つである。
当ったのは「50」が3枚、「58」が0枚、「60」が1枚である。
「00」から「99」までを調べてみると・・・
1枚も来ていないのが「02」「11」「15」「21」「29」「36」「58」「70」「79」「85」「92」と、結構ある。
ここに当ると、1枚も当らないということになる。(大汗)
過去に1回だけ、300枚も届いていたのに3つの番号、全部外れていたということがあった。(涙)
奇跡的な確率である・・・(大笑)
今回一番多かった番号は「35」と「97」で、それぞれ6枚!
次が「33」「44」「95」「99」の、それぞれ5枚!
このあたりの番号が当選してくれたら、かなりの枚数が貰えたんだけどなぁ~(大笑)

これらの分布に何か法則のようなものがないかと思っているのだが、残念ながら、そういうものが見つからない。(笑)
「00」から「99」までの間に、いくつかの“山”が出来ることがある。
一番多い「35」6枚の2つ前の「33」は5枚である。
今年は「95」が5枚、「97」が6枚、「99」が5枚!
一つおきに多数の当選だが、その間の「96」と「98」はそれぞれ1枚・・・(苦笑)
だが、法則という感じではない。(汗)

無駄なことをやっているが・・・(大笑)・・・結構、これ、楽しいのである。(大笑)

日記 | 14:00:21
疑心暗鬼・・・
明日は母の祥月命日だが、どうも雨が降るらしい・・・
というわけで、予定を1日繰り上げて本日、墓参りに行くこととし、花を買いにいつもの花屋さんに行く。

で・・・いつものようにオバサンと雑談・・・
話題は新型コロナ禍の話である。(笑)
ここにきて、ようやく我が町の感染者数が増え始めた。(苦笑)
だいたい、人口が17万人もいる町で、感染者が何か月も10人しかいないなんていうのは異常である。
それでは新型コロナは感染力がかなり弱いということになるではないか?(笑)
ようやく感染者が100人近くになってきたが、まだまだ少ないのでは?
17万人のうち、1万人、2万人の感染者が出てもおかしくはないと思うが・・・
感染力が強いのであれば・・・(汗)
これはデータを故意に隠しているのではあるまいか?
どうも信用できない・・・という意見が結構多い・・・

地元紙には、毎日、県内各地の感染者が公表されているのだが・・・
我が町の場合、ようやく職業が「会社員」という感染者が出始めた。
だいたい、大手企業の大工場がいくつも建っている町である。
勤めている社員も多いはずなのに、感染者に「会社員」というのが、ここ1年近くいなかったことが異常である。

ところが、拙者が当たり前だと思っていた「会社員」の公表に多くの人が疑心暗鬼となっているという。(唖然)
いったい、どこの会社の「会社員」なのか、どこの工場に勤めている奴なのか・・・と・・・
当然、勤務先名の公表はしていないから、逆に噂が飛び交って、いろんな会社名が噂されていると花屋のオバサン・・・(大汗)
おい、おい、・・・名前を出された会社はいい迷惑だろう。(汗)
なんで、そうパニックを起こすのかねぇ~(汗)
ここ最近は「自営業」という感染者も増えてきている。
「自営業」って、どんな仕事なのか、飲食店なのか、ラーメン屋なのか?
そういえば・・・・あそこのラーメン屋、定休日でもないのに閉まっていたよな。あそこじゃないのか?
と・・・これまた噂が飛び交っているとのこと・・・

「何を信じていいのやら・・・」と花屋のオバサン・・・
みんなが疑心暗鬼に陥っている。(大汗)

昔、陸軍の統率法に「知らしむべからず、寄らしむべし」というのがあった。
兵たちに詳しく教えてやる必要などはない、黙って命令に従わせればいい・・・ということである。
今も昔も変わっていない・・・
が・・・一方的に、政府や自治体や大手企業を責めるわけにもいかないだろう。
詳しい情報を教えると、ことさら騒ぎ立ててしまう国民のほうにも問題がある。
要は、個々人の資質の問題である。
こりゃ、永遠のテーマかも・・・(苦笑)

日記 | 11:21:09
足の小指をぶつける!(涙)
一昨日、夢の中にお笑いコンビの「カミナリ」が出てきた。(笑)
我が茨城県出身のお笑いコンビである。

夢の中で・・・
ステージ上で、いつも左側に立っている坊主頭の「まなぶ君」が、左足を引きずりながら商店街らしき場所を歩いている。(汗)
あらら・・・足を怪我してるんじゃないか?(大汗)
ちょうど拙者の右隣りに、相方の「たくみ君」がいたので「彼、ケガしてるんじゃないの?大丈夫かね?」と尋ねたら・・・
「いやぁ~大丈夫ですよぉ~、あいつはいつも、ああなんですよぉ~」と言う。
え?いつも足を引きずって歩いていたっけ?(唖然)
というところで・・・目が覚めた・・・

今日、なんたることか、部屋を出る時、左足を思いっきり家具にぶつけてしまった!
しかも、左足の小指である!(大泣)
痛いのなんのって・・・(大涙)
なんで、小指をぶつけるかなぁ~
いつものように部屋から出ていくっていうだけなのに・・・(怒)

で・・・左足を引きずりながら家の中を移動・・・
と・・・一昨日に見た夢を思い出した!(唖然)
ゲゲッ・・・「まなぶ君」とまるっきり同じではないか?(大汗)

こういうのを正夢っていうのか?(汗)
それとも予知夢か?(大汗)
それにしても、なんで小指をぶつけるんだろう?
親指をぶつけるということは、まず無い・・・(苦笑)
ぶつける時は何故か小指なのである。
不思議である・・・

日記 | 16:13:46
全然対策になっていないと思いますが・・・
今日は、後輩の“オダクラくん”と夕食を食べに出かける。
彼と会うのは何年ぶりだろう?(苦笑)
新年を迎え、どうしているかなぁ~と思って電話をしたら、夕食を食べに出かける話となった。
拙者としても、久しぶりの外食である!(喜)

前回の外食では、ファミレスに行ったが、感染対策が全くなされていなかったので、ここには行きたくない。
で・・・別の大手ファミレスに行ってみることにした。
ここにはずいぶん昔に行ったきり・・・少なくとも15年ぐらいは行っていない・・・(苦笑)
で・・・行ってみたら・・・唖然・・・である。
店の入口に消毒液のボトルが置いてあるだけ・・・
しかも、手を消毒してくれとも、検温をしますとも何も言われず席に案内され、慌てて手を消毒・・・
案内された席は、他の客で密集しているど真ん中の席である。(唖然)
店の一角に客を集中させて座らせて、完全に“密”状態である。(大汗)
なんでこんなことをするのかねぇ~?
店内の他の席はガラガラだというのに・・・
前回行ったファミレスと全く同じである。(汗)
しかも、スープバーなどはご自身で・・・とには呆れた・・・
まだスープバーやサラダバーをやってるの?

かなり神経質になりながら食事をすることとなる。
食べ物を口に運んで・・・・マスクをしてから、おしゃべりをする。
まぁ~面倒くさい・・・(苦笑)
が・・・感染リスクを下げるためにはやむを得ない。
どんな対策をしても、100%感染を防ぐことは無理だろう。
リスクを下げるしかないのだが・・・
なんで、ファミレスというのは何の対策もしないのかね?(唖然)

店に文句を言うと“クレーマー”と思われてしまうだろうから言いづらいし・・・
言われる女の子は、たぶんアルバイトの子だろうからかわいそうだし・・・
店側も東京の本部の指示が無ければ勝手に何かをするというわけにもいかないのだろうから店長に言っても無駄だろうし・・・

こんな消毒液1本のみという、お粗末な“感染防止策”をやっているようでは、飲食店が政府や行政から営業自粛や営業時間の短縮を求められても仕方がないかも・・・(大汗)

基本的に、マスクをしていれば感染するリスクを下げることが出来るとすると・・・
マスクを外した時が感染リスクが高まるということになるわけで・・・
そうなると、一番危ないのは食事をするとき・・・ということになる。
しかし、店内が感染予防策をキチンとしていれば、ごく普通に外食・飲食ができるはずだから・・・
国や行政が言う、何も営業時間を短縮するなんていう、アホらしい対策をする必要はない。
8時間営業を2時間や3時間に短縮したところで、対策をしていない店では感染リスクは高いままではあるまいか?
拙者などが気にするのは、店員から感染することではなく、隣の席に座っている他の客から感染することを恐れるのである。
なぜ、このことがわからないのだろう?

感染リスクの高い店をネットに公開すると、営業妨害になるだろうから・・・
以前より、「グルメサイト」というのがあり、星5つとか3つとか、その星の数で店を評価するシステムがある。
こういう「グルメサイト」を流用して、感染の危険性が高いと思われる店には星1つとか、対策がよく出来ていて感染リスクが低いと思われる店には星5つとか、客が評価をしたらどうだろう?
そうすれば、星の数欲しさ、高評価を得るために感染予防対策を本気でやるようになるんじゃないか?
いつまでも星1つというお店は、潰れたとしても自業自得というものだろう。
そういう店にまで、営業自粛による協力金を支払う必要はあるまい?
真面目に対策して評価も高い店は、いつも通りに営業していただき・・・
そうじゃない店は、客足が遠のき、閑古鳥が鳴いて潰れる・・・
それでいいんじゃないか?(大汗)

感染対策がお粗末だということは口コミで広がるだろうから、このファミレスも、そのうちドンドン客足が遠のくだろう。
当然、拙者は、この大手ファミレスには、コロナ禍の騒ぎが収まるまでは二度と行く気はない。(苦笑)

日記 | 20:38:18
グッドタイミング!
スーパーに買物に出かけようと家を出る時・・・
いや、まてよ・・・水を一杯飲んでから出かけるか・・・と台所に立ち寄った。
と・・・水を飲み終わった瞬間、電話が鳴った。
誰だろうと思い、電話に出てみたら、福島県在住の“マツオさん”である!(驚)
拙者が送った年賀状に対するお礼の電話だそうだ・・・(笑)
「いやぁ~遅くなっちゃって、申し訳ない!」を連発される。
今年、90歳くらいになるんじゃなかろうか?
グッドタイミングである!(笑)
台所に立ち寄らず、まっすぐ出かけていたら電話に出ることが出来なかった・・・(笑)

“マツオさん”は海軍の予科練(飛行予科練習生)出身で、我が親父より2期くらい後輩だったと思う。
一度だけ、一緒にミッドウェイ島にご一緒したことがある。
ミッドウェイ島は、かの有名な「ミッドウェイ海戦」の舞台となった島である。
ハワイから米軍関係者のチャーターした飛行機で島に渡った。

当初から“マツオさん”は拙者を「先輩!先輩!」と呼ぶので、冗談だと思っていたら、さにあらず・・・(大笑)
本気で拙者を“先輩”だと思っていたらしい。(大笑)
それじゃ、拙者は親父と同じ年齢になってしまうではないか!(大汗)

人というのは話してみないとわからないもので・・・
“マツオさん”は戦後は医療関係の仕事をしていたという。
で・・・我が町の病院などでも仕事をしていたそうで、我が家の近所の病院の院長先生の名前がポンポン出てくる。(驚)
(すでに院長先生たちは皆さん鬼籍に入ってしまっているが・・・)
ちょうど、拙者が生まれた頃の話である。
「私はその病院のすぐ近くに住んでいるんですよ!」ということで、仲良くなったのである。(笑)

“マツオさん”は「いやぁ~会いたいねぇ~」を連発・・・
あの時、一緒だった予科練関係者は皆さん鬼籍に入られてしまい、現在、お元気なのは“マツオさん”くらいしかいないだろう。
「懐かしいねぇ~ミッドウェイ!」と“マツオさん”・・・・
年齢からして、もうご一緒に旅行をすることは無理だろう。
拙者も久しぶりに会いたいが・・・このコロナ禍では・・・ねぇ~・・・(大汗)
早く、終息してくれないかなぁ~
この騒ぎが恨めしい・・・


日記 | 20:37:31
今年は手帳は必要ない(笑)
例年、年末には手帳を購入するのだが・・・
昨年末は、とうとう手帳を買わなかった。(笑)

昨年の手帳はほとんど使っていない。
唯一、使ったのは歯科医院の予約の時だけである。(汗)
その程度の予定なら手帳に書き込まなくても頭の中に記憶できる。(笑)

多分、今年も、このコロナ騒ぎは続くだろう。
それぞれが、何らかの思惑を持って騒ぎ立てるから、少なくとも夏までは落ち着かないだろう。
ということは・・・半年くらいは何の予定も入らないわけで・・・(大笑)
せいぜい予定が入ったとしても月に1つか2つくらいかな?

ということで・・・手帳代がもったいないから・・・(笑)・・・買わなかった。

日記 | 17:24:44
次のページ