FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
58歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
足が怠い・・・・
朝起きたら、右腰の筋を痛めたようで・・・・痛い・・・・
寝相が悪かったのだろうか?

ところが、そのうち徐々にではあるが右足に違和感が・・・・(汗)
夜になったら、右足が怠くて怠くてどうしようもない。
ん?脳梗塞か?(大汗)
下半身に障害が出るなら両足に異常があっていいと思うが、左足は全く問題ない。
じゃぁ、右半身に・・・ということなら右手に障害が起こっていいはずだが、右手に問題は発生していない。
右足だけとは、どういうことだ?(大汗)
しかも、膝の裏と踝(くるぶし)あたりが特に怠くて、“痺れ”もしくは“痛み”と表現してもいいくらいである。
参ったなぁ~
明日から4日間、旅行をするんだけどなぁ~(大汗)

58歳で、こんな調子では先が思いやられる・・・・(苦笑)
参ったなぁ~

スポンサーサイト
日記 | 22:58:28 | Comments(0)
久しぶりに国立博物館に行く
昨日、友人の“ウメちゃん”は、大学院の同窓会出席のため上京・・・・
拙者は、大学同窓会の役員会に出席のため水戸市に向かった。
で・・・ついでなので・・・役員会後に、そのまま上京・・・(大笑)
東京に一泊して、夜、“ウメちゃん”と合流・・・・

今日は、二人で久しぶりに国立博物館に行くこととなる。
ちょうど『京都大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ』展というのが開催されていたのである。
“ウメちゃん”は、なぜか仏像が好きなのである。(苦笑)
で・・・拙者は、あまり仏像には興味がない・・・(苦笑)
が・・・これも何かの縁である。
一人では絶対行くことはないから、“ウメちゃん”に付き合って見に行くことにした。

014_convert_20190329163344.jpg

平成館の前庭の池のところに森鴎外の写真が・・・・
何だろうとおもって見てみたら、「森鴎外総長室跡」と書いてある。
池のところに、次のような説明文が書いてあった。


平成館及び前庭の一帯は、明治15年(1882)に博物館が上野に移転してから、展示棟に付属する事務棟の建物が多く建てられました。
この付近には帝室博物館を統括する総長の居室があり、森林太郎(鴎外)は大正6年(1917)から大正11年に死去するまで、総長としてここで執務しました。



このすぐ近くに銅像が・・・・
誰の銅像かと思ったら初代館長の町田久成という人の銅像だった。

021_convert_20190329163420.jpg


初代館長 町田久成
薩摩藩の名族に生まれ、幕末に藩命を受けて欧州に留学。
維新後は文化行政を担い、博物館の初代館長として上野博物館の建設や博覧会開催に尽力した。
辞官後、出家して園城寺子院の住職となり、「石谷」と号した。
当館庭園にその事跡を偲んだ「町田石谷君碑」がある。
(説明板より)


博物館の館長を辞めた後、坊さんになるなんて変わっている人だ・・・・(笑)
いったい、彼に何が起こったのやら・・・・

こういうものが前庭にあるとは知らなかった・・・・
と、思ったのだが、そもそも平成館に来たことがあったっけ?・・・である。(大笑)
他の建物には行ったことがあるような・・・・どうも、記憶が曖昧である。
相変わらず、ボケ症状大全開である。(苦笑)

銅像好きの拙者にとっては、町田久成像を見ただけで満足・・・(大笑)
うん、“ウメちゃん”に付き合って来て良かったかも・・・
銅像は好きだが、仏像はそれほど好きではないというのもおかしな話で・・・
同じ「像」なのにねぇ~(大笑)

特別展の仏像・・・・
予想以上に素晴らしい仏像だった。(喜)
これは見て良かったと大満足して帰途につく。

日記 | 16:29:48 | Comments(0)
インドネシアでM7.5!
インドネシアのスラウェシ島の中部で、28日に大きな地震があったらしい。
それも立て続けに2回起こったらしく、1回目はマグニチュード6.1の地震で、その3時間後にはマグニチュード7.5の地震が起こったらしい。(唖然)
この地震で、スラウエシ州の州都「パル」では、津波の高さが3メートルにも達したという。
報道によれば、400人ちかい死者が出ているという。

普段から、やたらと地震について気にしているせいか、ここ数年、インドネシアでの地震発生が多いような気がしてならない。(汗)
以前から、結構頻発していたのに、気が付かなかったのかもしれないが・・・
なんか最近、多いような気がするんだよなぁ~

このスラウェシ島というのは、あまり聞き慣れない名前だが・・・
たしか、戦時中はハルマヘラ島と呼ばれていた島だと思う。
ここには日本軍の兵站があり、ニューギニア方面の戦地への物資の中継地点になっていたと記憶している。
「兵站病院」もあり、傷病兵は、ここでは手に負えないというときにはフィリピンのマニラなどにあった「陸軍病院」へ送られ、それでも戦線復帰不可能となった場合などには内地の「衛戍病院」などへ送られていた。
また陸軍の航空部隊なども駐屯していて、二式複座戦闘機「屠龍」などが船団護衛などで活躍していたと記憶している。
そういう意味では、日本とも縁ある島である。

今回の災害では、日本政府は特に救援活動に力を入れてもらいたいなぁ~と思う。
その昔、お世話になった島だし・・・ご迷惑もおかけしただろう島だから・・・・
ただ、そういう歴史を知らない官僚や政治家では、無理かなぁ~(苦笑)

日記 | 21:33:10 | Comments(0)
女子駅伝の応援、中止となる
今日は、千葉県印西市で、大学女子駅伝の関東地区予選会が開催される。
我が母校も、初めてこの大会に出場するのだそうだ。
今まで女子陸上部で駅伝の選手がいなかったのだが、ようやく育ってくれてチームを作ることが出来たそうだ。(笑)
この初参加チームの中に我が茨城県出身の学生がいるという。
そういうことなら、是非、応援すべきじゃないか?(笑)
拙者は駅伝には全く興味はないのだが・・・(笑)
初出場で、しかも、茨城県出身の学生も走るなら・・・応援してやるべきだろ?

我が大学のOB会茨城県支部では、現役学生の応援など、いまだかつてやったことはない。
が・・・我々卒業生が現役学生たちの活動を応援するのは当然ではあるまいか?
それでこそOBというものであろう?(大笑)
ただただ、俺はOBだぞ・・・とふんぞり返ってもねぇ~(苦笑)
支部長も前向きな方なので、支部長と副支部長である拙者の意見が合えば、即、決定となる。(大笑)
他の役員さんは、唖然としながら、後から追従してくれる・・・(大笑)

今回の開催場所は、茨城県じゃないけど、すぐ隣の千葉だし・・・
初出場だし・・・
茨城県出身の選手もいるし・・・
やるしかないな!(大笑)

当日の応援の仕切りは千葉県支部が行う。
我々茨城県支部は、その指示に従って、コースのどこかで大学の幟旗を持って応援ということになる。
そして、その姿を拙者が写真に撮って、これをもって我が支部の活動報告として総会で報告する予定・・・
これが拙者の“たくらみ”なのだが・・・(大笑)

前日から、やる気満々でいたが、なんと!台風24号が接近中!(驚)
さて、さて、どうなるか・・・・決行するのか延期するのか・・・情報が入ってこない。(大汗)
ようやく連絡が入ったのは夕方遅くになってからである。(汗)
応援は中止!(涙)
始発の特急に乗らねば間に合わないので、すでに乗車券・特急指定券は購入済み。
慌てて払い戻しのため駅に向かう。
先月末から我が駅の窓口業務は午後5時までと短縮されてしまった。
今までは午後9時までやっていたのに・・・・
サービス低下だよな・・・JR東日本さん・・・(怒)
仕方がないので、隣りの大きな駅まで行って払い戻し・・・(涙)

で・・・本日・・・・
予選会は台風接近の中、強行されたらしい。
ただ、遅くなると、交通機関が止まってしまうということで、終了と共に即解散して帰途についたという。(笑)
表彰式等の式典はキャンセルとなったらしい。
情報によると、参加校26校中、我が大学は17位だったらしい。
上位8位までが予選通過らしいから、残念ながら予選落ちではあるが・・・
初出場のわりには上出来ではなかろうか?
よく頑張った!
偉い!

来年に期待して・・・来年こそは現地で応援してあげたいと思う。

日記 | 20:23:49 | Comments(0)
チェコ・フェスティバル!
img239_convert_20190317191138.jpg

今日から3日間、東京の原宿で「チェコフェスティバル」というイベントが開催される。
このイベントの中に「チェコ民謡コンサート」というミニコンサートがあり、チェコの歌姫こと“エヴァちゃん”が歌を歌うのだが、ピアノの伴奏を我が妹が務めることになっているとのこと。
じゃぁ~見に行ってあげようということで上京する。(笑)

この間は、静岡県の三島で偶然、チェコの画家のミュシャの絵に出会ったし、その後、長野県松本ではチェコのお城展に出会ったし・・・・
今回のチェコフェスティバルも、これも“何かの縁”というものであろう。(笑)

妹の出演まで時間があったので、会場をブラブラしてチェコの観光資料などを集める。
なんか・・・いい建物があるなぁ~・・・行ってみたいなぁ~・・・である。

012_convert_20190317192435.jpg
左端が“エヴァちゃん”、真ん中が司会の女の子、右端が我が妹・・・(笑)
この司会をしていたチェコの女の子の日本語の上手さには驚いた。
下手な日本人より上手である。(汗)

013_convert_20190317192500.jpg(チェコ民謡コンサート)

30分程度のミニコンサートが終わり・・・
続いて「モラヴィア音楽コンサート」が始まった。

010_convert_20190317200818.jpg

「モラヴィア」というのは、チェコの一地方の名前らしい。
この演奏家たちは、「ストラージュニチャン」という名前の「ツィンバロンバンド」というグループ・・・
で・・・この「ツィンバロン」というのは楽器の名前だそうである。
この楽器・・・写真の真中に写っている箱みたいな楽器が、それなのだが、どうもピアノの元祖みたいらしい。
かといって、ピアノと同じような音色というわけではない。
この音色が良いんだなぁ~
こう言っては失礼だが、見ていると拙者でも演奏できるんじゃなかろうかと思うような楽器である。
実際は、難しいんだろうけど・・・(苦笑)
こういう楽器は見たことも、音色を聴いたこともないが、ハンガリーの楽器らしい。
で・・・東欧なんかに広く分布している楽器だそうで、それでチェコの楽器(民族楽器?)にもなっているようである。
この演奏を聴けて、今回、ここに来てよかったと大満足!(笑)

その後、「チェコの文化を知ろう!」のプレゼンテーションなどを聞く。
一つ一つのイベントが30分以内なので、ちょうどよい・・・
あまり長いと飽きちゃうからねぇ~(汗)

我が妹の出演時間にギリギリ間に合って駆け付けた従姉・・・・
酒が好きなのである・・・(大笑)
会場では、お酒の販売もしているので、二人でウロウロ・・・・
チェコは「ビール大国」だそうで・・・(大笑)
ビールが美味しいらしい。
(ワインも美味しいと妹が言っていたが・・・)
4種類のビールの試飲が低価格でできるというので、それを頼んでみた。
「試飲」というから、ほんのちょっとかなと思ったら、かなりの量である!(驚)
拙者は缶ビール1本も開けられぬほどビールに弱いのに・・・
イメージとしては、缶ビール4本を飲まされる感じ・・・(実際には、それほどの量ではないだろうが・・・)
4種類、それぞれ、美味しいビールであったが・・・
やっちゃった!・・・・完璧に酔っぱらっちゃった!(大汗)

ちょうど、拙者のところに、“エヴァちゃん”と我が妹がやって来て・・・
妹に「やだぁ~お兄ちゃん!真っ赤な顔して!なに、それ~!」とバカにされてしまった・・・(涙)
仕方ないジャン・・・・酔っぱらっちゃったんだから・・・ヘラヘラ、ニタニタ・・・である。
“エヴァちゃん”に三島と松本での話をしたかったが、酔っぱらっていたせいで、話すのを忘れた!(大失敗!)

その後、会場を出て近くの喫茶店で従姉と一緒に酔い覚ましのコーヒーを飲んで帰宅する。
う~ん・・・充実した時間が過ごせた!
チェコに感謝、感謝・・・(喜)

日記 | 23:21:18 | Comments(0)
認知症になったかも・・・(大汗)
その昔の取引先の葬儀に参列する。
で・・・お焼香を終えたら・・・
「おおっ!いやぁ~お久しぶりです!お元気でしたか!わざわざありがとうございましたぁ~」と声を掛けられた・・・(汗)
が・・・さて?・・・どちら様?(汗)
と思ったら・・・喪主だった!(大汗)
う~ん・・・記憶がない!(大汗)
この人が社長だっけ?(苦笑)
以前、会ったことがあったっけ?・・・である。

取引先の社長だから、当然、会っているはずなのに、全く記憶がないのである!(唖然)
さらに、この会社の専務からも親しく声を掛けられたのだが・・・
これまた、記憶がない!(大汗)
これほど、親しく声をかけてくださるんだから、取引していた頃も親しく話をしていたんだろうと思うのだが・・・
頭の中は“真っ白”・・・何の思い出もない・・・(大汗)
適当に当たり障りのない挨拶をして、その場を去ったが・・・

こんなにスパッと記憶が抜けているって、あり得るだろうか?(大汗)
マズいなぁ~・・・私はもしかしたらボケちゃっているのではあるまいか?

日記 | 23:51:38 | Comments(0)
警察官友の会に入会する
先日の法人会理事会の後、某会社の会長さんに声を掛けられた。(汗)
拙者は、理事会の席で、結構キツイ質問をしたり意見を言うので、この方に煙たがられており・・・
毎回、理事会の前に「今日はお手柔らかに頼むよぉ~」と嫌味を言われてきたのだが・・・(苦笑)

今回は、なぜか理事会が終わってから声をかけてきた・・・・
「今度、警察官友の会の式典があるんだよなぁ~」
「へぇ~そうなんですか」と拙者・・・
「今年、創立45周年ということで式典をやるから・・・そういうわけだから、よろしくなっ!」
「はぁ?・・・・私は会員じゃないですけど・・・」(苦笑)
「だから、よろしく・・・って言ってるだろ」
「意味が分かりませんが・・・」(大汗)
「入れって言ってるの!分かった?よろしくなっ!」

単なる雑談かと思ったら、まさかの勧誘???(苦笑)
この人の強引なやり方には、ちょっと反発したくなる・・・(大笑)

「いやぁ~残念だなぁ~申込書、持ってないですよね?ないですよね?いやぁ~残念・・・」(笑)
「いや、カバンの中にあるはずだ・・・ちょっと待っていてくれ」
間もなくして戻って来て申込書を差し出されてしまった。
やられたぁ~(苦笑)
しかも、もう、正会員のところに印が付けられていて、会費の金額まで記入されていた!(唖然)
よく見たら、賛助会員の方が会費が半額以下で安いのに・・・(涙)

「で・・・・この組織って、どんな組織なんですか?」
「ん?・・・まぁ、そんなことより、とにかく、45周年の式典!よろしくなっ!」と言って去って行った・・・(唖然)
もしかして、本人も分かっていないんじゃなかろうか?(苦笑)

というわけで・・・入会する羽目になり、本日、警察署に行く・・・(大笑)
警察署へ行って担当者に申込書を渡そうとしたら・・・
受付は商工会議所だという。(唖然)
なんで?・・・・
担当者の話では、業務の一切を商工会議所に委託しているのだそうだ。(唖然)
「だって、申込用紙に警察署に提出のことって書いてありますけど・・・」と言ったら・・・
「あれれ!これ、昔の申込書です!今の用紙は提出場所は商工会議所って書いてあるんですよぉ~すみません!」
担当の警察官は平身低頭・・・(苦笑)
「申し訳ございません」の連発である。
いや、いや、そんなに謝らなくてもいいんですけど・・・(苦笑)
悪いのは・・・あのオヤジである!(笑)
何年も前の古い入会申込用紙を持ち歩いていたのである!(汗)
決して「おまわりさん」のせいではない・・・(笑)

仕方がない・・・
「どうぞお気をつけて!」と男性警察官と女性警察官の二人の「おまわりさん」に見送られて商工会議所に向かう。(大笑)

商工会議所で、担当者に入会申込用紙を渡す。
一応、会議所の中でも、拙者の顔と名前は知れ渡っているようで・・・(苦笑)
「これはこれは、どうもどうも、いつもお世話になっておりますぅ~えっ!入会して頂けるのですか!いやぁ~これは申し訳ございません、ありがとうございますぅ~」とバカに丁寧な応対・・・
え?・・・この組織って、どんな組織?(苦笑)

事のいきさつを話し、警察署に行っちゃったよ~参ったよぉ~という話をしたら・・・
こちらも平身低頭・・・(苦笑)
いや、いや、拙者は怒っていませんけど・・・え?そんなに恐いかなぁ~俺・・・(大汗)
なんでみんな、ビビッているんだろ?(苦笑)

日記 | 21:26:29 | Comments(0)
腕立て伏せをしてみたら・・・(涙)
ふと・・・突然・・・腕立て伏せをしてみたくなった・・・(大笑)
なんで、そう思ったのかは自分でもわからない・・・(汗)

で・・・やってみたら・・・(大汗)
なんと、10回も出来ないのである!(驚)
嘘でしょ!(唖然)
やたら重いのである・・・我が体が・・・
2本の腕では支えるのが大変・・・(大笑)

おかしい・・・
昔は、10回なんていうことはなかったのになぁ~
アメリカンフットボールの部活練習で、まさか腕立て伏せは10回しかしなかった・・・なんてことはなかったはず。
少なくとも20~30回はやっていたと思うけど・・・
あれれ?・・・・
どうも自分の中では20才の頃の記憶で止まってしまっているような気がする。

これかぁ~・・・・これだな・・・
「俺が若かったころはなぁ~・・・・」と口に出てくるようになったら、かなり歳を取った証拠である!(大笑)

腕立て伏せ30回なんて、なんていうことはなかったんだぞぉ~・・・である。
ありゃりゃ・・・参ったなぁ~
10回も出来ないとは・・・・(涙)
いつの間にか歳を取っちゃったんだなぁ~
ショックである。

自分では20歳の頃と全然変わっていないと思っていたんだけどなぁ~(大笑)
これから、少しづつやるか・・・腕立て伏せ・・・(苦笑)
ボチボチと・・・
もう「年寄り」だから、急にやると体を壊しちゃうからねぇ~(大笑)

日記 | 21:21:48 | Comments(0)
バート・レイノルズさん亡くなる
6日にハリウッドの映画俳優のバート・レイノルズさんが亡くなったそうだ。
口髭を生やした「タフガイ」というイメージの人だった・・・
最近、見かけないなぁ~とは思っていたが、もう80歳を過ぎていたのか・・・(汗)
82歳でお亡くなりになったそうである。

「キャノンボール」という映画は好きだったが、あれは1981年、拙者が大学生の時の映画・・・・
道理でバート・レイノルズさんも歳を取っているわけだ・・・(苦笑)

バート・レイノルズさんというと、いつも大学の先輩を思い出す。
アメリカンフットボール部の主将で、口髭を生やしていて、顔も体格も、バート・レイノルズさんに似ていた。
バート・レイノルズさんも大学時代はアメフトの選手だった。
そういうこともあって、どうもイメージが重なっていたのかもしれないし・・・・
女性関係も派手だったので、そういうことでもイメージが重なっていたのかも・・・(苦笑)
この主将が試合中に脳震盪を起こしてグラウンドから担ぎ出されると、控え選手である拙者が主将のポジションに入ることになっていた。
大学1年生の新人選手が、4年生の主将のポジションに「代理」として入るんだから・・・
当然、相手から狙われる・・・
あれは恐怖だった・・・(大笑)
日大のアメフトみたいな酷いことはなかったが、それでも審判に見つからないような反則技はいくらでも食らったものである。

ひさしぶりに主将を思い出したが・・・今、どうされているんだろう?
お元気だろうか?

日記 | 18:27:04 | Comments(0)
北海道で震度7!(驚)
今日の午前3時ごろに北海道で震度7の地震があったらしい。(大汗)
今日の新聞で、昨日、我が町で地震があったことを知ったばかりで、今度は北海道ですか!(驚)
テレビでも盛んに報道している。
マグニチュードは推定で6.7らしい。

いやぁ~こりゃ、熊本の大地震に次ぐ大地震?大震災?
交通機関がストップしてしまうのはわかるが、どうも北海道全域が停電になっているようである。(大汗)
こりゃキツイ・・・

それにしても、過去に何度も大きな地震が起きているのだから、事前の対策というか覚悟というか・・・そういうものは出来ていなかったのだろうか?
大騒ぎになっているようだが・・・今までの大きな地震は「他人事」と思っていたのだろうか?(汗)

いつも、こういう災害が起こるたびに、お亡くなりになられた方々を思うのだが・・・
この地震さえなかったら・・・とか、台風がこなければ・・・死なずに長生きできただろうにと思ってしまうのである。
今回の地震でも犠牲者が出てしまったようだが、可哀想だよなぁ~と思う・・・

日記 | 23:15:33 | Comments(0)
なんと幸せな・・・
昨日の午前5時過ぎに地震があったらしい・・・
「らしい」・・・というのは、拙者は全く気が付かなかったのである。(大笑)
なにか、明け方に一度、目が覚めたような気がしないでもないが・・・
寝ぼけていたのか、よく覚えていない・・・(笑)
一瞬、目が覚めたが、何で目が覚めたのか分からず、そのまま再び寝てしまったのだと思う。(汗)

その昔、某ホテルに宿泊した時、夜中に火災報知器が作動して宿泊者がみんな部屋から飛び出したというのに、拙者一人だけ、そのまま朝まで寝ていたことがあった。(大笑)
一度、目が覚め、何かベルが鳴っているなぁ~とは思っていたのだが、そのまま再び寝てしまったのである!(大笑)
まぁ、火災報知機の誤作動だったらしいから大事には至らなかったが・・・
本当の火災だったら、あの時に拙者はこの世を去っていたに違いない・・・(大汗)

絶対、拙者は「災害に弱い男」だと思う・・・(大笑)
火災が起きても、そのまま寝ているうちに焼死するタイプである。
地震が起きても、そのまま寝ていて瓦礫の下敷きになって圧死するタイプである。(笑)
ある意味・・・何も知らずに死ねるから幸せかも・・・(大笑)
下手に目が覚めて恐怖の中、オロオロするよりはいいかも・・・(大笑)

で・・・
今日、新聞を見て、昨日、地震があったことを知ったのである。
へぇ~・・・震度4だったの?・・・である。
小さな振動は日常茶飯事なのだが、震度4は久々ではあるまいか?(苦笑)

それにしても・・・全然気が付かなかったとはねぇ~
“知らぬが仏”・・・・我ながら、なんと幸せな男だろうと思う・・・(大笑)

日記 | 22:57:40 | Comments(0)
関空が浸水!(唖然)
昨日、徳島に上陸した台風21号・・・・
その後、神戸市付近に再上陸して日本海へ抜けていった。
このため、関西地方を中心に台風の被害が発生したのだが・・・

関西空港では、高潮で滑走路が水没し、広範囲に浸水したため空港は閉鎖されたという。
拙者は関西空港に行ったことがないので、見たことはないのだが・・・
確か、海の中に造られた空港だと思うんですが・・・
周囲は海で・・・水に囲まれていると思うのですが・・・
高潮で浸水?
そういうことは想定して造らなかったのだろうか?

滑走路と駐機場では最大50センチの浸水だったという。(大汗)
それって、かなりの深さではあるまいか?
もしかして、浸水の原因は高潮じゃなくて地盤沈下かも・・・(苦笑)

さらに、陸地と空港をつなぐ連絡橋にタンカーが衝突して橋が壊れたとか・・・(唖然)
おかげで約3千人が空港に取り残されたらしい。(大汗)
この連絡橋だけでつながっているというのは、ある意味、非常に良いことで・・・(笑)
この橋を通行止めにすれば、海外からの怪しい病原菌保菌者を足止めする事が出来るわけだから、病原菌の拡散防止としては、羽田空港なんかよりダントツに良いし・・・・
万が一の犯罪者、テロリストの検挙にも役に立つかもしれない。
が・・・そういうことではなく、台風の被害による足止めでは堪ったものじゃないよなぁ~

しかし、これで、日本に混乱を招こうとする連中には、どの程度の被害を与えると、どういう結果になるかという情報を与える結果となったような気がする。
治安上、マズイかも・・・・(大汗)

停泊中のタンカーが強風で流されて端にぶつかるとは想定できなかったのか?
万が一の操舵ミスによる衝突に対する対策は何も取られていなかったのか?
う~ん・・・これではテロがやり易いなぁ~(苦笑)
船をわざと橋にぶつければ、空港はマヒするのだから、簡単だ・・・・(大汗)

地球温暖化とか、異常気象とか、ゲリラ豪雨とか・・・よく騒いでいるが・・・
その割には対策は全く取っていないのだろうか?
騒ぐだけ?(苦笑)
浸水も衝突も、起こるべくして起こったということかな?

日記 | 22:29:57 | Comments(0)
プルーム・テックを購入する
いつも行くコンビニの店長に「プルーム・テック」というものを勧められた。(苦笑)
電子タバコの一種らしい・・・
そういう“新しいもの”には、どうも手が伸ばせないという「超保守派」の拙者である・・・
う~ん・・・どうしようかなぁ~と迷っていたら、貸してくれるという。(笑)
充電器を含む一式と試供品のカートリッジ数本・・・
気が済むまで吸ってくれと言われたが・・・(大笑)
なんだか、赤ん坊が「おしゃぶり」を与えられたような・・・・そういう気分である。(苦笑)



で・・・・結局、買うことになった・・・(大笑)

日記 | 00:07:21 | Comments(0)
友人の写真展を見に行く
東京で友人の“コニシくん”が写真の個展を開いているので、その写真を見に上京する。
場所は渋谷区神宮前・・・
最寄り駅は銀座線の表参道駅である。

以前にも、表参道駅には行ったことがあるはずだが・・・・
地上に出て・・・早くも迷子である。(大笑)

まぁ~綺麗な女の子がたくさん闊歩している。
目の保養、目の保養・・・と、キョロキョロしていたから迷子になっちゃったのかも。(大笑)
それにしてもファッションモデルのような人がウロウロしているが・・・
スカウトでもしてもらいたくて“徘徊”しているようにしか見えないのは気のせいか?(大笑)

早めに着いたので、近くの喫茶店で時間調整をして展示会場に向かう。
その途中・・・
たまたま1本の標柱が目に入った。
近づいてみたら「徳富蘆花住居跡」と書いてあった。

003_convert_20190213142318.jpg 002_convert_20190213142241.jpg

こういうところに史跡があったとはねぇ~
思わず嬉しくなってしまった。

約束した時間より少し早いが会場である「ピクトリコ」に到着。

006_convert_20190213142957.jpg

入口を入って見たら、なにやらお店という雰囲気・・・
あれ?・・・本当にここ?
店員さんに尋ねたら、このお店は高品質なインクジェット用紙を販売するお店で、奥の方にレンタル・ギャラリーがあるという。
はぁ、そういうことね・・・(汗)

奥のギャラリーに行ったら、受付にモデル級の美人の女の子がいた。
で・・・「“コニシくん”と待ち合わせしているんだけど・・・」と言ったら「まもなく来ます」とのこと。
「どうぞ自由に見てください」というので、展示写真を見学・・・
写真撮影もOKとのことだったので、写真も撮らせてもらった。(笑)

007_convert_20190213145844.jpg 008_convert_20190213145914.jpg

そのうちに受付の女の子が帰ってしまい、まもなくして“コニシくん”がやってきた。
「よぉ!久しぶり!」(笑)・・・である。

彼とは5年ぶりの再会かな?(苦笑)
前回の個展が大阪で開催されたので、大阪まで見に行ったのが最後である。(笑)

近くの洒落たお店で軽く食事をしながら酒を飲む・・・・

「うちの娘に会った?」と“コニシくん”
「娘?・・・いや・・・」
「受付をしていたはずなんだけど・・・」
「えっ!あの美人さん、お前の娘なの?」
「あれ?・・・自己紹介しなかったんだぁ~駄目だなぁ~あいつ・・・」
「へぇ~・・・あんなに大きな子供がいたんだぁ~」(大笑)

「受付のバイトに雇ったんだよ」(笑)
「バイト?・・・お父さんからバイト代を巻き上げるのか?」
「そうなんだよぉ~・・・ちゃっかりしてるだろ?」(笑)
「いやぁ~大したもんだぁ~しっかりしてるねぇ~」(大笑)
娘はバイトを掛け持ちしてしていて、時間になったからと急いで次のバイト先に向かったらしい。(笑)
「もしかして、親父より稼いでいるんじゃないか?」(大笑)

彼と初めて会ったのは米国のシアトル・・・
彼は短期留学だったので1ヶ月くらいで帰国した。
その1ヶ月間、必ずしもいつも一緒にいたわけではない。
必要に応じて行動を共にするという関係だったので、1ヶ月の間で会ったのは4~5回くらいではあるまいか?
クラスも違ったから、滅多に顔を合わすこともなかったような気がする。
あれから34年も経つ・・・・(唖然)
そういう浅い付き合いなのに、34年間も付き合いが続くとは不思議である。

あれから34年も経ったんだぁ~
それじゃ、あのくらいの大きな子供がいてもおかしくはないか・・・(大笑)
自分では、あの頃から全然歳を取っていないつもりなのだが・・・(大笑)

何だかんだと、2時間ほど大いにおしゃべりを楽しむ。

日記 | 13:51:55 | Comments(0)
行きつけの床屋を替える
今回から、「行きつけの床屋」を替えることにした。
幼稚園児の頃から通い続けてきた近所の床屋ではある。
“浮気”をしたのは、この58年の人生の中で5回だけである。(苦笑)
1回目は小学2年生の時・・・
友人が通う床屋に無理やり誘われて、仕方なく“お付き合い”で、その床屋に行った・・・(苦笑)
2回目と3回目は大学生の時・・・
東京から帰省できず、やむなく大学内にある床屋に行った。
美人の女の子が担当で・・・あまりにも緊張してしまい4年間で2回だけしか行かなかった。(大笑)
あとは無理して帰省して行きつけの床屋に行ったのである。
今思えば、なんというもったいないことをしたことかと後悔・・・(大笑)
4回目はアメリカに6か月間居た時・・・
さすがに半年も居たら髪の毛は伸び放題でどうしようもない状態となり、やむなく床屋へ行った。
が・・・髪型をどう英語で伝えればいいのかなど、さんざん苦労をした。
相手が言っていることがよくわからなかったが、何でもかんでも「イエス」と答えた割にはまともに仕上がった。(大笑)
一緒に行った日本人の友人は、とんでもない髪型になってしまい大笑い。
男なのに「オカッパ頭」になってしまったのである!(大笑)
彼がべそをかいていたことを鮮明に覚えている。(大笑)
最後の5回目は、社会人になって東京に出張した時・・・
髪が伸びていたため寝癖が直らず、急きょ宿泊先のホテル内の床屋さんで髪を切ってもらった。(苦笑)

わが58年の人生の中で他店で髪を切ったのは、この5回だけである。
我が親父は、他店では髪を切ったことはないから・・・親父も50年以上の付き合いであることは間違いない。
その親父が亡くなる前、髪が伸びていたので、東京から妹が来た時に合わせて、二人がかりで親父を床屋に連れて行って、親父の頭をサッパリしてもらった。
で・・・まもなくして、親父は他界・・・
ちょうどいいタイミングで髪を切っていたので、見苦しい姿を晒さずに済んだ。

行きつけの床屋は、我が家の眼と鼻の先という近さである。
親父が死んだ時に、一番に知らせに行って、いいタイミングで髪を切ってもらったので、すっきりした死に顔で助かったとお礼を述べた。
問題は、ここからである。
50年以上、先代からの付き合いのある親父が死んだのに線香をあげに来なかったのである!(唖然)
目と鼻の先に住んでいながら・・・
今まで、この床屋から一方的に頼まれた町内の公的なことも、この床屋の私的なことも手伝ってきてあげたのに・・・
仕事が忙しいのなら仕方がないが、お店は定休日・・・
たまたま妹が用事のため外出したら我が家のすぐ近くでウォーキング中の床屋の店主と遭った・・・
挨拶を交わした後、我が家の方へ歩いて行ったので、お参りに立ち寄ってくれるのだろうと妹は思ったらしい。
が・・・我が家の前を素通りしたようだ・・・(唖然)
外出先から戻った妹から「床屋さん来た?」と言われて、ことの次第を知った。
普通、あり得ないだろう?
家の前を素通りするかぁ?
線香をあげるつもりがないなら、家の前を通らずコースを変更するんじゃないかねぇ~
50年以上の付き合いで、すぐ近所にいて、亡くなる直前にも会っていて、私的な頼み事も聞いてあげていたのに・・・
この仕打ちですか?(怒)
死人にはもう用はない・・・ということですか?(怒)

ということで・・・
この床屋に義理立てをする必要はもうあるまい。
心が狭いと言われようとも、この態度には腹が立つ。
親父が死んでから、どこか他の床屋はないものかと、町内を散歩しながら探したら、少し遠いが、よさそうな床屋を見つけたので・・・
今回から行きつけの床屋を替えることにしたのである。(大笑)
拙者の髪もスッキリしたが、、拙者ののモヤモヤ、ムカムカもスッキリ解消した!(大喜)

日記 | 13:50:06 | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。