■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「共謀罪」法が成立
犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新たに設けた改正組織犯罪処罰法が可決して成立した。
今までの我が国の刑法では、犯罪実行後に処罰するということが原則だったという。
それを犯罪実行前に処罰するということになるのだから、刑法の大変革ということになるかもしれない。

これに対し、野党側は、かなり反発していたようだが・・・
その解釈が、かなりの「拡大解釈」のような気がしないでもない。
「内心の自由の侵害」などと言い出しているようである。
つまり、心の中で思っただけでも逮捕されて処罰されるのではないかということのようだ。
極端な話のような気がしますが・・・(苦笑)

テロ行為に対して、この「準備罪」は有効であると思う。
野党は自分たちが政権を取った時に、この「準備罪」がなかったら、テロ対策の時に不便ではないかと思うのだが・・・
野党は政権を取ろうという気はないから、こういう反対の仕方をするのだろうか?(苦笑)

共謀罪法は、277の犯罪に適用されるそうで、対象をテロ組織と暴力団などの「組織犯罪集団」と規定しているという。
構成員が2人以上で犯罪を計画し、そのうちの1人でも現場の下見や資金調達などの「準備行為」をした場合、その計画に同意した全員が処罰されるのだそうだ。
それなら、何の問題もないと思うのだが・・・

国民の安全を守るため・・・というのが与党の言い分で・・・
基本的人権の侵害だ・・・というのが野党の言い分だそうだが・・・
何でもかんでも「基本的人権」を持ち出せばいいというものではないと思うが・・・
「テロリストにも基本的人権はあるのだから、テロリストの基本的人権を尊重して、テロ事件が起こって、犠牲者が出てからテロリストを逮捕して処罰すべきだ!」と野党は、正しく、かつ分かりやすく言うべきではなかろうか?(大笑)
(そう言ったら国民は誰も賛同しないかもしれないけど・・・)(苦笑)

問題は、捜査機関による法の乱用や悪用である。
これは、人間がやることだから避けるのは難しいと思う。
自分の好みの女性をテロリストの一員ということにして、その女性の情報を集め、処罰するぞと恐喝して男女の関係を要求するという捜査員が出てこないとも限らない。(大笑)
この法の乱用や悪用に対しては、罰則の強化で対処するしかないと思うのだが、日本の処罰というのは甘い気がする。

例えば、一般人が放火事件を起こした場合と、消防士や消防団員が起こした場合では大きく処罰に差を設けるべきではなかろうか?
例えば、一般人が懲役5年なら、職務上(立場上)やってはいけない人がやっちゃった場合は、その10倍の懲役50年にするとか・・・・(笑)
そのくらいの重罪を適用してもいいのではなかろうか?
それじゃ「法の下での平等」に反するか?
私が野党だったら、法を乱用した場合の処罰の厳罰化のほうに力を入れて要求するけどなぁ~
何でもかんでも10倍!
通常なら1年ぐらいの刑でも、自動的に10倍となって、懲役10年!
悪質な乱用の場合は仮釈放なしの終身刑!(一生刑務所から出られないとか・・・)
となれば・・・かなり、法の乱用の抑止力になるんじゃなかろうかという気がするんだけど・・・・

犯罪犠牲者が出てからでは遅いと思うんですけどねぇ~
「この法案に反対するというのは、テロリストを利する行為ではないか?大規模テロが起きた場合、この法律が存在していなかったために阻止できなかったと明らかになった時に、野党は責任を取ってくれますね?」とでも与党は言うべきではなかろうか?(大笑)
リスクの大きさからいうと、やっぱり「準備罪」は無いよりはあった方がいいと思うなぁ~

スポンサーサイト
エッセイ | 17:36:28 | Comments(0)
退位特例法が成立
天皇陛下の退位を実現する特例法が可決成立したという。
ようやくですか?・・・・と言いたいくらいだが・・・

皇室典範では、皇位継承は「天皇が崩じた時」とされているそうで、生前に退位するというのは、江戸時代後期の光格天皇以来、約200年ぶりのことだそうだ。

それにしても、今頃になってようやく生前退位を認めるとは・・・今まで何をしていたのかという気がしてならない。
その昔・・・戦前は、天皇は「神様」だったんでしょ?
神様は死ぬことはないから、死ぬまで仕事をされるのは当然という考えだったんでしょ?
しかし、戦後、天皇陛下は「人間宣言」をされたわけで・・・
この時点で天皇陛下は「神様」から「人間」になったのだから、当然、天皇陛下の「基本的人権」というのは尊重されるべきだったのではなかろうか?
「死ぬまで働かせる」というのは基本的人権の侵害ではあるまいか?
それを戦後半世紀以上も続けていたというのは異常である。
昭和天皇が崩御した段階で、天皇の生前退位、我々一般人に当てはめると「定年退職」ということになりますが、誰もそのことを考えなかったのだろうか?
「ワンマン社長」と揶揄されるオーナー経営者ですら、ある程度の年齢に達すると、息子に社長の座を譲り、「会長職」に収まるというのに・・・・

ようやく「生前退位」が認められたと思ったら、今回限りの「特例」だそうだ。
どうしても「神格化」したいらしい・・・・
これは「明治の元勲」と呼ばれた連中の悪意の継承か?
「神様」として崇め奉るが、体力の限界、精神力の限界を理由に辞めるなんていう、おまえの気持ちなど聞く耳は持たない、死ぬまで働け・・・というのは天皇陛下に対する「虐待」ではなかろうか?
今回だけは認めてやるが、後継者の皇太子徳仁親王(浩宮)には認めないというのも、いかがなものか・・・
天皇陛下には「人権」はないのか?
もし、天皇陛下が「過労死」した場合、誰が責任を取るんだろう?

天皇陛下の地位は「国民の総意に基づく」と憲法で規定されている。
このため、国民の総意で選ばれたものが、自己都合で勝手に辞めるなんて許さないということなのかもしれないが・・・
「この方を天皇陛下にしてよろしいでしょうか?」なんて国民の意見を聞いたことがあっただろうか?
意見も聞かず「国民の総意」というのはおかしくないか?
皇太子が後継者というのは当然・・・ということで、国民に賛否を問うてはいないように思えるのですが・・・
そうなると「国民の総意」を確認しないというのは「憲法違反」ではなかろうか?
世襲制なら世襲制として明確にすべきではなかろうか?
そういう意味でも憲法改正は検討の余地ありである。

「天皇の地位」に関しても、どうも言っていることとやっていることに、かなりのズレがあるような気がしますが・・・
自分たちには「人権」を認めろ、天皇には「人権」は認めない・・・は、正しいか?
「人権擁護団体」と称する連中は、なんで黙っているんだろう。
国民の「象徴」が「人権無視」されて「死ぬまで働かされる」というのはマズイんじゃないか?

天皇は国民に心を寄せるが、国民は天皇に心を寄せない・・・というのでは天皇陛下が可哀想である。
ようやく・・・・・と思ったら、一代限りの特例法ではねぇ~
ガッカリである・・・・国会議員は何を考えているのやら・・・・

エッセイ | 17:34:38 | Comments(0)
不法就労者、全国ワースト1位!
茨城県内で昨年1年間に摘発された不法就労者は2,038人・・・・
2年連続で全国最多となったという!
相変わらず、何をやっても全国ワースト1位の茨城県!(笑)
さすがである!(大笑)

不法就労者の職業は、摘発された全体の7割が農業従事者だという。
“農業県”の茨城では農業の人手不足が深刻ということなのだろうが・・・
以前、茨城の農家から逃げ出した中国人女性と会ったことがある。(苦笑)
彼女の話では、労働条件が過酷だったという。
早朝の真っ暗なうちから真夜中まで働きづめだったという。
しかも、給料は安い・・・
業者にピンハネされていたらしい・・・
で・・・休日に、わずかな小遣いをもらう程度だったそうで・・・
それに耐えきれず“脱走”したという。
当然、“脱走”後は、不法就労者として都会の中に隠れて生活をしている。
日本にやって来たときは“合法就労者”だったのだろうが・・・
こういう労働基準法違反が明確なコキ使い方をする農家にも問題があるのではなかろうか?
茨城県の恥だから、こういう農家は厳罰に処するべきではなかろうか?
こういう農家が不法就労者を助長しているのではなかろうか?

不法就労者の国籍は、思った通り中国人が最も多く716人だったという。
続いてタイ、インドネシア、ベトナムと続く。
「安い労働力」・・・ということなのだろうが、実際に雇うほうは安いカネを払っていないかもしれない。
中間搾取する斡旋業者に問題があるのかもしれない。
そうだとしたら、不法就労者を取り締まる以上に、ピンハネ業者を取り締まるべきかもしれない。

もぐりの斡旋業をしていた中国人女性を知っている・・・
この人は日本人と結婚して合法的に日本に在住していたが、中国からの不法就労者の斡旋をしていたらしい。
警察に摘発されたのちは、姿を見ないから・・・・中国に帰ったのかもしれない。
彼ら「合法居住外国人」の中には、カネの為なら違法行為をやる連中もいる。
カネを稼ぐのが目的で日本にやって来て、日本人との結婚もカネ稼ぎの手段の一つなのだから当然だろう。
日本人が“甘い”と言われるのも当然かもしれない。

茨城県が不法就労者全国ワースト1位というのは、別の視点で見ると大いに褒めるべきことかもしれない。
このデータは「摘発件数」なのである。
つまり、茨城県警は、まじめに一生懸命仕事をした結果、これだけの不法就労者を摘発したと言えるのではなかろうか?
だから「数字が上がった」わけで・・・・
摘発を怠けている、他の都道府県警では摘発件数が上がらないからワースト順位には載らないのではなかろうか?(笑)
茨城県だけにやたらと不法就労外国人が集まっているわけではあるまい?
どこの都道府県にも、こういう外国人はたくさんいるはずで、摘発されないから目立たないだけではなかろうか?
3年前は東京都がワースト1位だったはずだが・・・急に不法就労外国人がいなくなったわけではあるまい?(苦笑)

「ワースト1位」という汚名返上ため摘発はしないようにしよう・・・なんていう本末転倒な事だけは茨城県警には避けていただきたいものである。
大いにワースト1位の座を守っていただきたいものである。
がんばれ!茨城県警!・・・と言いたい!(笑)

エッセイ | 22:28:54 | Comments(0)
格安旅行社の破綻
「てるみくらぶ」という格安旅行社が破産した。
報道によれば、このため、約3万6千人の旅行契約者が影響を受けるというが、実際に影響を受ける利用者数は約9万人になるという。
なんだか、よくわからない話だが・・・(苦笑)
これだけの“お客さん”がいて破産するというのだから、かなりいい加減な経営をしていたのではなかろうか?
すでに旅行代金を支払った人は、破産のおかげで旅行には行けないわ、カネは戻ってこないわ・・・だろうし・・・
すでに旅行している人は、現地で路頭に迷うこととなるだろう。
これは「ひどい話だ」ということになるのだろうが・・・
もしかしたら、会社だけを一方的には責められないかも・・・
「お客さん」の方にも問題があったのではなかろうか?

何にでも「適正価格」というものがあるはずである。
「安ければいい」というものではあるまい?
少しでも安い方がいいというのは“人情”だが・・・
いくらなんでも、これはおかしい・・・とは思わないのだろうか?
そういう“常識”を最近の人は持ち合わせていないのだろうか?
「ババ抜き」の“ババ”を誰が引くのか・・・(笑)
自分が利用するときは、まだ大丈夫・・・と思っているのだろうか?
あまりにも価格の安すぎるパックツアーなんて、絶対危ないと思うんですけど・・・(笑)

というわけで・・・私はこの旅行社を利用したことがない。
最初から候補から除外している。(苦笑)
まぁ、私の旅行の目的や内容が、ある意味、特殊だから、こういう旅行社では対応できないだろうと思っているからだが・・・(大笑)

「お客様は神様です」という言葉があるが、本気で信じている人がいたら、ちょっと危ない・・・(大笑)
“客”の中には、我がまま、非常識な連中も多い。
そういう“客”のニーズに応えていたら資金繰りにも苦労することになるだろう。
1泊5千円程度のビジネスホテルに高級ホテル並みのことを要求し、ホテルのサイトに文句のコメントを書き込むバカも多い。(汗)
こういう「文句を書き込む」奴にまともな奴はいない。
この旅行社が、こういう連中の顔色を窺って価格を決めていたとしたら、そりゃ、破産もするだろう。

その昔・・・
我が社が製造していた部品の単価値下げの要求が取引先からあった。
常識外れの値下げ額である。
どう逆立ちしたって無理・・・「適正価格」を下回っている。
唯一の方法は、材料の質を落とすこと・・・(大汗)
安い材料は、当然、品質も不安定である。
だから安いわけなのだが・・・(苦笑)
問題は、拙者が作っている部品は車のエンジンに使用される部品なのである。
絶対品質を落とすわけにはいかない。
お客さんはローンを組んで何百万円もする車を買うのである。
そのエンジンの品質を落とすわけには行かない。
エンジンの耐久性に問題が生じるのである。
担当者は「納車するときに問題がなければそれでいい」と暗に低品質の材料を使用することを要求してきた。
この要求に逆らえば、今後、仕事が回ってこなくなることは明らかである。
いわゆる・・・・“干される”ということになる。
が・・・ローンを払い終わっていないのに車のエンジンがおかしくなってもいいのだろうか?
納車する時さえ良ければ、1年後、2年後はどうなってもいいのだろうか?
大企業さんは“政治力”でなんとでも誤魔化せると思っていたようだが・・・
“製造業”のプライドが許さない。
というわけで・・・要求を断り・・・干され・・・・廃業することにした。
いいかげんな物を作るくらいなら、商売をやめた方がいい・・・

どうして、この旅行社の社長は、そういう判断が出来なかったのだろう?
無理をした結果、多くの人に迷惑をかけることになったのである。
もっと早い段階で手が打てたはずである。
大企業から「安売り」を強要されたわけではあるまい?
価格でしか判断しない馬鹿な客の顔色を窺い過ぎた結果ではなかろうか?
価格は自分たちで決められたはずである。
放漫経営でもしないかぎり、破産せずに十分やって行けたはずだと思うのだが・・・

経営者も悪いが、客にも問題があるのではあるまいか?
私は、どちらにも同情する気は起らない・・・

エッセイ | 21:03:22 | Comments(0)
水戸市民はメロン好き?
昨年1年間の茨城県水戸市民のメロンの購入額が全国1位だったという。(笑)
しかも・・・5年連続!(唖然)
メロンの購入金額は全国平均の3.7倍だそうである。
水戸市民は、そんなにメロンを食べるのか?(笑)
水戸市民は、そんなにメロンが好きなのか?(笑)

いや、いや、もしかしたら自分で食べるのではなく、“お遣い物”として誰かに贈っているのではなかろうか?
茨城にはメロンくらいしか贈るものがないとか・・・(大笑)
そうなると・・・水戸市民は自分ではメロンを食べていないから、「メロン好き」とは言えないかも・・・(大笑)

エッセイ | 20:03:09 | Comments(0)
トランプ大統領は道徳的な人かも(苦笑)
トランプ氏がアメリカ合衆国の大統領になりますが・・・(もうなったかな?)(笑)
彼の暴言が顰蹙を買っていて、「反トランプ」という人が多いのだとか・・・・
これは、たぶん、彼の言動が“道徳的ではない”ということからきているのではないかと思うのです。

が・・・・
自動車王で有名なヘンリー・フォード氏は、「経済的に正しいことは、道徳的にも正しい。よい経済とよい道徳とは決して矛盾していない」と言っていたそうです。
つまり・・・・
カネを儲けたということは、経済的に正しくても、道徳的には良くないということではなく、すべての事業家が商売繁盛してカネを儲けるということは、そのことそのものが道徳的にも正しい・・・・ということなのだそうで、これをモットーにしていたそうです。

え?・・・・と、驚いてしまいますが・・・(苦笑)
かの有名な、フォード氏が言うなら正しかろうと容認すると・・・
トランプ氏は、一生懸命働いて大金持ちになったわけですから、金持ちになったのは悪いことではなく、大金持ちになったこと自体は道徳的にも正しいということになるわけで・・・
そうなると・・・
まさしくトランプ氏は非常に“道徳的な人物”だということになるわけです。

ちょっと違和感を感じますが・・・・(苦笑)

金持ちになるのは、「道徳的ではない」というわけではない・・・ということ・・・
極論でいうと、「道徳的な人物」であるということと・・・
大統領になろうという、その「金持ち」の言動が「道徳的か?」というのは比較にはならないかもしれませんが・・・(苦笑)
本人は自分のことを「道徳的ではない」とは思っていないのではなかろうか?

もしかしたら、トランプ氏はフォード氏の、この言葉を座右の銘にでもしているのではあるまいか?(笑)
いくらなんでも、フォードさんも「功利主義」過ぎっぽいという気がしないでもないですが・・・
これは米国の国民性なのだろうか?

私の友人に、「働けど働けど全然儲からない」と言っている人がいるのですが・・・(大笑)
「金持ち」になれないということは・・・彼は道徳的にも問題があるということになりますね?(大笑)
儲からない・・・もしくは儲けることができないということは・・・
彼は「非道徳的」ということになるのではあるまいか?
今度彼に会ったら、「非道徳的な奴!」もしくは「不道徳的な奴!」と言ってやろうかな?(大笑)

エッセイ | 22:48:39 | Comments(0)
慰安婦少女像が建てられたら・・・
韓国の釜山(プサン)にある日本総領事館の前の歩道に、地元の“市民団体”と称する団体が従軍慰安婦被害を象徴する「少女像」を設置したという。
韓国人は、あっちにも、こっちにも、国内にも海外にも、この像を建てている。
で・・・今回は釜山・・・・(苦笑)

どうせ日本が抗議しても撤去はしないだろうから、抗議するだけ無駄かもしれない。(苦笑)
ならば・・・こちらも、同じように銅像を建てさせていただいたらどうだろう?
「少女像」の隣に・・・・
女衒(ぜげん)に娘を売り飛ばした両親の像・・・とか・・・(苦笑)

この「少女像」・・・・
誰がデザインしたのか、誰の作なのかは知らないけど・・・
ちょっと「可愛くない」のである。
もう少し“美人”の“美少女”の像がいいと思うのだが・・・・(大笑)
どうして、あんな顔にしちゃったのかなぁ~・・・と見るたびに思うのである。
(美的センスは個々人違うとは思いますが・・・)

で・・・日本側で、もっといい“美少女”の像を建ててあげたらいいのではなかろうか?
「親孝行の少女像」!
「この少女は、日本の軍人専用の売春婦となって家族のためにお金を稼いだ親孝行な娘です」・・・とかって説明を入れるのってどうだろう?

ギャーギャーと抗議するより、このほうがいいと思うんだけど・・・
ダメか?

エッセイ | 21:32:17 | Comments(0)
パプア沖で地震!
12月17日の夜・・・
パプアニューギニアでマグニチュード7.9の地震があったそうだ。
震源地は、ニューブリテン島のココポの東方132.8kmの地点だそうだ。
ココポと聞いてもピンとこないが、あの「ラバウル海軍航空隊」のラバウルと聞けば、わかる人もいるかもしれない。
ラバウルにはダブルブル山という活火山がある。
戦時中の日本名は「花吹山」・・・・
戦時中も活動をしていた火山である。
7年前に現地を訪れた時も噴煙が空高く上り、火山弾が飛び、大量の灰が降り、危うく帰りの飛行機が飛ばないかもしれないという“危機”に見舞われたことがある。(苦笑)
この火山は、1994年に大噴火を起こし、ラバウルの町や空港が火山灰に埋もれて潰滅し、新市街地はココポに移った。
その2年後の1996年にパプアニューギニアで大きな地震が起こっている。
その6年後の2002年にも大地震・・・
94年の噴火から12年後、02年の地震から4年後の2006年にも花吹山は噴火を起こしている。
私が現地を訪れたのは、その3年後だが、私が訪れる1か月前に大きな地震が2回起こっており、火山は活発に噴煙を吐きあげていたのである。
そして、2006年の噴火から8年後の2014年にも噴火を起こし、噴煙が上空約18kmまで達したという。
その後は地震は起こっていない・・・(大汗)
噴火から2年も経っているのだが・・・・(大汗)
そろそろ、このあたりを震源とする地震が起こるんじゃあるまいか?
それとも再び大噴火を起こすんじゃあるまいな?

ついこの間、12月7日にはインドネシアのスマトラ島西部、アチェという町でマグニチュード6.5の地震が発生している。
ここスマトラ島は、やたらと地震が多い・・・・
マグニチュード7以上の地震だけでも、2000年、2004年、2005年、2007年、2009年、2010年に3回、20012年に2回、そして今年の3月に1回起こっている。

気になるのは日本!(苦笑)
普段から地震が多いが・・・・
あの東日本大震災が起こったのは2011年3月、スマトラ島で起こった3回目の地震の約5ヶ月後・・・・
熊本の大地震は2016年4月、スマトラ島で起こった1回目の地震の約1か月後に発生している。

ニュージーランドに大地震が起こったのは2011年2月、東日本大震災の直前である。
熊本地震の約2か月前には台湾の台南でマグニチュード6.6の地震が発生している。

こう見ていくと・・・・
かなりの“こじつけ”になるとは思いますが・・・(笑)
今回の12月7日のスマトラ島の地震の後、ニュージーランドか台湾で大きな地震が起こったら、その次は日本かもしれないと思った方がいいかもしれない。
で・・・そのニュージーランドの地震は、今回の12月17日のパプアニューギニアの地震が引き起こすことになるかもしれないような気がする。

11月22日には福島沖でマグニチュード7.4の地震が起きている。
で・・・引き続いてスマトラ島、ニューギニアと続いた感じである。
で・・・それが再び日本に影響を及ぼすか?
地震が行ったり来たり・・・という感じか?

いずれにせよ、来年か再来年に、再び日本は大きな地震に見舞われるかも・・・・(大汗)
なんか、嫌な予感・・・・
旅先で地震には遭いたくないなぁ~
来年の旅行計画・・・どうしようかなぁ~(大汗)

エッセイ | 21:38:54 | Comments(0)
北方領土・・・・
先日、ロシアの大統領、プーチンさんが来日し、安倍首相と日ロ首脳会談をした。
それ以前から、日本国内では北方領土返還の可能性について大いに話が盛り上がっていたが・・・・

北方領土は、やっぱり返還してもらった方がいいのだろうか?
歴史的事実から言うと、北方4島は日本の領土という事にはなるのだろうが・・・
実際問題として、返してもらうことが日本にとってメリットになるかどうか・・・
昔は、当然返してもらうのが当たり前だと思っていたのだが、最近、ちょっと疑問に思えてきてしまったのである。

仮に北方4島が返還されたとして、旧島民は、この島に戻るのだろうか?
便利な北海道の札幌なんかに住んでいたら、辺鄙な島などに戻ろうなんて考えないのではないだろうか?
旧島民の子孫に至っては、絶対、帰りたがらないのではなかろうか?
となると・・・返してもらっても誰も住まない?
それじゃ、返してもらっても仕方がないような気がしますが・・・

逆に、現在住んでいるロシア人住民にとっては迷惑な話となるのではなかろうか?
祖父母の時代から住んでいるとなれば、彼らにとっての故郷である。
日本領になったのでは、彼らは戸惑うだろうなぁ~
彼らに迷惑をかけるのも、いかがなものかという気がしますが・・・

仮にかなりの変わり者の日本人が多数、移住するとしよう。
そうなると、どうしても社会基盤の整備をしなくてはならない。
警察署も消防署も必要だろうし、郵便局も宅配の業者も事務所を出さねばならなくなるかも・・・
さて・・・誰が辺鄙なこの島に赴任してもいいと言うのだろう?

日本領となれば、自衛隊も駐屯しなくてはならないだろうし、海上保安庁も基地を作らなければならないだろうが・・・
ロシアに余計な刺激を与えたくないとかと言って、自衛隊が駐屯しないとなれば・・・
う~ん・・・何のための北方領土だ?
折角返しても使わないなら、また、もらっちゃおうとロシア軍が上陸して再占領しちゃうかも。(笑)

北方領土返還の唯一のメリットは、日本の漁業権の及ぶ範囲が広がるというだけか?

返してもらったら、どうするかという具体的な話が出てこないと、ただ感情的に「返還」を求めてもねぇ~
という気がしますが・・・

何か、いい活用法はないものか・・・
いっそのこと、カジノを作ってギャンブルの島にするとか・・・(笑)
巨大な刑務所を作って、日本中の受刑者を、そこに集めちゃうとか・・・(大笑)
ロシア人島民の就職も兼ねて、巨大なロシア語学校を作って、「駅前留学」ならぬ「国内留学」をやるとか・・・(笑)
「地獄の特訓場」でも作ってアスリートを鍛える島にするとか・・・(笑)

なにか、“未来”が見えてこないと・・・
返還されても日本国民の「お荷物」になってしまうのではなかろうか?(苦笑)
そんな気がして・・・最近、考えが変わった・・・

エッセイ | 20:18:00 | Comments(0)
オスプレイが墜落したが・・・
先日、米軍の新型輸送機である「オスプレイ」が沖縄の海上に墜落した。
報道では「不時着」と言っていたが、大破した機体を見ると、「不時着」より「墜落」のほうが適当な言葉のような気がする。

で・・・待っていましたとばかりに日本側から抗議の嵐が・・・
たぶん、この人達は、この日が来るのを待っていたのだろう。(汗)

しかし・・・・である。
出来れば、まず最初に乗員の安否を気遣う言葉があってもいいのではなかろうか?
住宅街に墜落でもされたら大惨事となるが、今回は海上に落ちたわけだし・・・
日本にとっては幸いにも、被害を受けた人は乗員以外にはいないわけだし・・・
この乗員の安否をまず最初に気遣っても良かったのではあるまいか?
人命の重さには、日本人も米国人も変わりはあるまいと思うのだが・・・


エッセイ | 20:04:30 | Comments(0)
カジノ法案・・・
この間、通称“カジノ法案”というのが、衆議院の内閣委員会で可決されたそうだ。
正式名称は「特定複合観光区域の整備の推進に関する法律案」というそうだ。
略して「IR推進法案」というらしい。

ホテルやショッピングモール、会議場や展示場、そしてカジノ・・・
これらの“観光区域”の整備を推進しようということだそうだが、いかがなものかという気がしないでもない。(苦笑)
あの「スカイツリー」・・・
ドーンと建てたのはいいが、その周辺の整備はどうなっているのか?
観光バスでやって来て、観光バスでそのまま立ち去られたのでは、周辺地域にカネは落ちない。
地域の活性化になっていないような気がするんですけど・・・
“今あるもの”を有効活用することのほうがカジノより先のような気がする。

伊勢神宮にお参りする人は多い・・・“観光名所”であるが・・・
観光バスで乗り付けて、参拝を終えたらサッサと立ち去られているから、周囲の商店街には閑古鳥が鳴いている。
“区域”を活性化させるというのは、そんなに簡単ではない証拠ではあるまいか?

海外から来た観光客がカジノで儲けても、お買い物は免税店だったりしたら・・・
それって日本の国としては“税収増”につながるのだろうか?(苦笑)

「複合観光区域」を整備しても、その整備費用に見合うだけのメリットが出るかどうか・・・
ついつい首をかしげちゃうんですけど・・・(苦笑)

カジノに反対する理由の一つに「ギャンブル依存症」を挙げている人もいるが・・・
すでに多くの人がパチンコでギャンブル依存症になっているんじゃなかろうか?(大汗)
いまさら、「ギャンブル依存症」を持ち出されてもねぇ~(大汗)
なんで、こういう人たちはパチンコに対して声を上げないのだろう?
ん?・・・何か声を上げられない理由があるのかな?(大笑)
パチンコ店を経営している人たちがカジノを経営したら、途端にパタリと批判の声は消えるかも・・・(大笑)

というわけで、「ギャンブル依存症」を反対理由にするのは説得力がないような気がする。
「カジノ法案」と呼ばれてはいるが、カジノばかりではなく、もっと広い目で見て、果たして、そういう整備はメリットがあるのかどうかを頭のいい人には考えてもらいたいものだ。

エッセイ | 21:07:13 | Comments(0)
嫌いな言葉は「復興五輪」
東京オリンピックを「復興五輪」と位置付けるというような言い方がある。
が・・・私は、この「復興五輪」という言葉が大嫌いなのである。(大笑)

“復興”とは、平成23年3月11日に発生した東日本大震災からの復興を指すのだと思う。
あれから5年が経っている・・・・
東京オリンピックは2020年7月から東京で開催される予定である。
今から4年後という事になる・・・

ということは・・・・
東京オリンピックが2020年に開催されるのは、震災から9年後ということである。
被災してから9年も経っても“復興”していないなんて、日本の恥ではなかろうか?(苦笑)
それとも9年経っても“復興”が完了しないことを前提にしているのか?
わざと“復興”を完了させないようにするつもりか?
補助金を欲しがる連中は、いつまでも“復興”が続いてもらいたいだろうが・・・(苦笑)

本来の“国の強さ”、“民族の強さ”とは、何があっても平然と構えていることではあるまいか?
さっさと“復興”を終わらせて・・・・
「震災?へぇ~そんなことありましたっけ?そういえば・・・そんなことがあったかも・・・」である。(大笑)
ケロケロっとしてオリンピックを開催すべきである。
9年も経っているのに“復興”なんていう言葉が使われるようでは、いかに日本という国が能力のない弱い国であるか、日本国民はいかに弱い民族かを世界に発信することになるんじゃないか?
これは日本の恥だろう?
同情を買おうという行為くらい、みっともないものはない。

9年後には、さっさと“復興”を終わらせて平然と構えるべきである。
いつまでもグダグダとやっているのは・・・・“日本人”じゃないな・・・(苦笑)
出来るだけ長い期間、もらえるだけカネを引き出してやろう・・・なんて考えてるのは・・・“日本人”じゃないな・・・(苦笑)

「復興五輪」・・・・私は、そんな言葉は聞きたくもないし見たくもないのである。(怒)

エッセイ | 11:56:59 | Comments(1)
どこが民主主義?
米国の大統領選挙で、トランプ氏が当選し、次期大統領に決まった。
と・・・その直後からデモ行進・・・(唖然)
投票に不正行為でもあったのか?
もう一度、数え直せとでも言っているのかと思ったら・・・
「我が国の大統領として認めない!」ってなことを叫んでいるらしい・・・(唖然)
選挙で決まったんですけど・・・・(汗)
“選挙”って民主主義のツールでしょ?
皆さんの思いが反映しているんですよね?(苦笑)
投票の結果は民衆の大多数の意見が反映されているんじゃないの?(笑)
結果が出たあとになって、グダグダと文句を言うのは、おかしいと思うんですけど・・・

投票に不正があったとかという抗議デモならわかるが・・・
どういう神経をしているんだろう?・・・・アメリカ人は・・・・
民主主義を何と思っているのだろうか?
決まっちゃったものは仕方がないでしょ?
決めたのは、あなた達なんですけど・・・・(大汗)

大統領選出のシステムに問題があるのなら、それに対して改善を求めるべきで・・・
選挙の結果、決まったトランプ氏を非難するのは、おかしいだろう?
抗議をするなら、トランプ氏に票を投じた代議員に文句を言うべきである。

この前の、英国のEU脱退の国民投票もしかりである。
こちらは直接投票・・・・
で・・・EU脱退に決まった途端、「もう1回投票をやり直すべきだ」と大騒ぎ・・・
まさかの結果が出たので、やり直せと言うんだから、恥知らずとしか言いようがない。
「紳士の国」が聞いて呆れる。
脱退は、皆さんの投票の結果で決まったんですよぉ~
今更、何を言ってるんですかぁ~?
「脱退賛成に票を入れたが、まさか本当に脱退することになるとは思ってもみなかった。もう一度投票をやり直してほしい。今度は反対票を投じるから・・・」などと平然とTVのインタビューに答えているバカがいたのには呆れた。

“民主主義”も、こうなったら、おしまいだな・・・
どうして、こうも欧米人はバカばかりなんだろう?
あなた達が民主主義っていうのを作ったんじゃなかったっけ?(汗)
自分たちで自分たちの民主主義を破壊するような発言や行動をするんだから・・・お粗末である。

よくもその程度の認識で、中東あたりに“民主化”とか言って首を突っ込んだものだ。
おかげで中東では多くの人が命を落としている。
おまえら欧米人が首を突っ込まなければ、多少の問題はあるにせよ、あれほどの人命を失うこともなく、多くの難民を作ることもなく、平和に暮らせていただろうに・・・・
あれは“民主化”ではなく、本当はキリスト教徒によるイスラム教徒への弾圧ではなかろうか?
“民主主義”をわかっていない連中が他国を“民主化”できるわけがない。(大笑)

民主主義が何たるかを知らないような国に媚びなくてはならない我が国は、さらにレベルが低いと言えよう。
あの民主党政権がいい例である。

どの国も国民レベルが下がっている・・・・
あぶないなぁ~民主主義・・・・崩壊しちゃうかもなぁ~
いや、じつは、もう崩壊しているかもしれない・・・

エッセイ | 21:01:47 | Comments(1)
海保の予算を増やすべし!
海上保安庁の巡視船および巡視艇は現在366隻あるという。
ところが、そのうちの35%の129隻が耐用年数を超えているのだそうだ。

最大の原因は、1977年に制定された領海法・・・
従来、領海は沖合3海里(約5.5km)だったものが、この時に沖合12海里(約22km)に拡大された。
また、同じ年に施行された漁業水域暫定措置法で漁業管轄権が及ぶ範囲を沖合200海里(約370km)と設定された。
これらの法律により、海上保安庁の活動範囲が一気に広がったのである。

このため、1977年~1980年までに一気に107隻の巡視船・巡視艇を建造したのであるが・・・
2000年頃から、これらの艦船の更新時期を迎え始めた。
ところが・・・これらの更新が進んでいないのだという。

比較的大型の巡視船の耐用年数は25年、小型の沿岸警備用の巡視艇などは20年が耐用年数だと決められている。
よほどのバカじゃなければ、ちょっと計算すれば、いつ頃に何隻の船が耐用年数を迎えるかがわかるはずだが・・・(汗)
今まで、いったい何をやっていたのか・・・
「更新が進んでいません」で済む話ではなかろう?

大型の巡視船の建造費は1隻、100億円以上かかるという。
それに対して海保の艦船や航空機の整備費用は当初予算で300億円程度だという。
全額を艦船の建造に当てても、大型巡視船は1年に3隻しか建造できないということになる。
これまた、よほどのバカじゃなければ、わかることである。

で・・・耐用年数を迎えたオンボロ艦船は129隻もあるのであるから・・・・
これをすべて新造船と入れ替えるには何年かかるのかな?
高級官僚にとっては、かなり難しい計算かな?(苦笑)

現在、沖縄周辺海域、尖閣諸島周辺海域は中国の傍若無人な行動で危機を迎えている。
できるだけ多くの海保の艦船を投入して監視活動をしなければならないというのに、129隻もが耐用年数超過とは・・・・
騙し騙しで使うにしても限度があろう。
耐用年数を過ぎて老朽化した艦船はスピードが出なくなるという。
船体の老朽化もさることながら、エンジンがダメになってしまうらしい。
スピードが出ないのでは、取り締まりができないではないか?
80歳を過ぎた老警官が10代のかっぱらいを追いかけるようなものである。(苦笑)

中国側も、この海保の状況を知らぬわけがない。
129隻もの艦船が一気に引退してくれれば・・・と手ぐすねを引いて待っているかもしれない。
海保の艦船が不足しているからといって海上自衛隊の護衛艦を投入するわけにはいかない。
それこそ戦争になってしまいかねない。
となると・・・黙って、日本の領土が「漁民」と称する中国人に侵されるのを見ているしかないか・・・・
北朝鮮などの「密航船」を黙って放置するしかないか・・・・
中国の「密漁船」に漁場を明け渡すしかないか・・・・

こうなったら一気に海保の艦船・航空機整備費を10倍以上に増額させねばなるまい?
大型巡視船を毎年30隻ぐらいづつ建造して、なんとか間に合わせるしかあるまい。
それなら4~5年でなんとかなるかも・・・・ただし、中国がそれまで黙って待っていてくれればだが・・・(汗)

今までの10倍以上の予算は無理という場合・・・・こういうのはどうだろう?
他国から巡視船の受注をするのである。(笑)
他国のカネで巡視船を建造して、1~2年、日本の海保が借りる。
その分、建造費は値引きしてあげる。
試運転を兼ねて使用して「中古船」として相手国に売却するのである。
相手国も安く手に入るし、1~2年の中古ぐらいなら文句はないかも・・・
日本政府の交渉次第であろう?
なんだったら相手国の船員も乗船させて取り扱いの訓練も兼ねるというのもいいかも。
国際交流も兼ねられるし、中国の悪行も他国にわかってもらえるし・・・・
「明日は我が身」となると他国の勉強にもなるのではなかろうか?

とにかく早急に何とかしないとマズイぞ・・・これ・・・・

エッセイ | 15:38:54 | Comments(0)
県内の孤独死71人!
昨年度の我が茨城県内での「孤独死」が71名もいたという。
そのうちの2割が、死後1週間も経ってから発見された人だという。

こういうことを聞くと暗い気分になってくる・・・・
明日は我が身・・・・
私も、いずれ「孤独死」を迎えることになるのだろう・・・(大汗)

この「孤独死」をした71人は、生前、自分が「孤独死」をすると予想していただろうか?

自分の人生の最期をどう迎えるかは、「自殺」以外は自分では選択できない・・・
「孤独死」であっても、苦しまず、ス~ッと死んで行けたら良しとするしかないか。
私の白骨化した遺体は、どこかの誰かに適当に始末してもらうしかないか・・・・
う~ん・・・やむを得ないな・・・・
ちょっと無責任となるが・・・・
腹をくくって覚悟するしかあるまい。

エッセイ | 16:45:46 | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。